帰省

単身赴任手当で支給される帰省旅費への考え方。3つのタイプを検証

投稿日:


子育てパパの単身赴任ブログ運営者の市川です!

あなたが単身赴任だとして、帰省旅費は月1回分、会社より支給されてますか?
(もちろん会社によりますが~)

この単身赴任の帰省旅費は実費請求ではない場合が多く、単身赴任での節約の一環で、帰省せずに、帰省旅費を貯めている方も多いのではないでしょうか?

今回は単身赴任の帰省旅費を考える上で、3つの単身赴任のタイプをご紹介し、単身赴任の働き方を、皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

①単身赴任の肯定派は、「帰省旅費」で飲み屋通い

かつて、私の上司に、単身赴任を満喫する人がいました。

彼の帰省は年に1回程度。

帰省しても、自分の家に自分の居場所はなく、予定していた帰省期間よりも、早めに切り上げて戻ってくることも度々のようでした。

よって、彼に支払われる帰省旅費は、彼の大好きな飲み屋通いに消えていくのです。

気になって、彼に一度聞いたことがありました。

『退職されたら、家に戻れるのですか?』

すると、彼は答えました。

『退職したら、お互い離婚の方向で考えているよ・・・』

彼の『帰省しない節約法』は間違いなく、有効です。

彼の場合、概算で、1カ月に支払われる帰省旅費×11カ月が浮いてくる計算になります。
(年1回は帰省するとして12カ月ー1カ月)

しかし、現実は、この節約した金額は、彼の大好きな飲み屋通いで消えていくのです。

そして、その代償として、彼には『離婚』という可能性が大きくなっていくのです。

もちろん、これも彼の選んだ人生です。

否定する訳ではありません。

ただ、単身赴任そのものが無かったら、彼も違う人生を歩めたのではないかと考えると、少し胸が痛くなります。

②単身赴任の肯定派でも否定派でもない中間層は、言い訳づくり

これは、同僚の話です。
彼の単身赴任への思いは、こんな感じだったのです。

  • できれば家族と暮らしたい
  • 毎週帰省する旅費を、会社が負担してくれるのなら、毎週帰省する
  • 単身赴任は夫婦として、『ちょうど良い、距離感

なんとなくですが、多くの単身赴任者を見ていると、このタイプが一番多いような気がします。

単身赴任を『ちょうど良い、距離感』と表現し、帰省しない言い訳を考えるタイプです。

まるで単身赴任を満喫しているような雰囲気を出しつつも・・・、でも単身赴任は反対派なのです。

帰省しない言い訳、その1「ちょうど良い距離感」

一緒に住んでいると、余計な事も、ついつい言ってしまい、夫婦喧嘩になってしまったりするものです。

よって、月に1度だけ帰省した方が、夫婦喧嘩もなくなり、良い関係が築けているとのことです。

この言葉は単身赴任者からは、良く聞く言葉だと思います。

ただ、彼は、自分に、「ちょうど良い距離感」と必死に言い聞かせ、なんとか納得させているようにも見えました。

確かに、現状を少しでも前向きに生きるには、「ちょうど良い距離感」は、自分を納得させるための適当な言い訳なのかもしれません。

帰省しない言い訳、その2「お金の苦痛(ストレス)」

「もし、何回帰省しても帰省旅費が、会社から実費支給されるとしたら、毎週帰りますか?」との私の問いに、彼は、間髪入れずに「ハイ!」と答えたのです。

そして彼は、こう言うのです。
「お金が苦痛」
正直、この言葉が痛いほど、私には共感できます。

皆さんは、大きなお金を使った時、爽快感が残りますか?
それとも苦痛を感じますか?

もちろん買い物の種類にもよりますが、無駄な買い物をしてしまった時は、『一体、このお金で、どのくらいの買い物ができたのか?』と考えてしまい、苦痛を感じてしまうことは多くありませんか?

もちろん帰省は無駄な事ではありません。

ただし、会社から定められた帰省の回数(旅費が支給される帰省)を超えた時、『この帰省は無駄ではないのか?』と、自問自答が始まるのも事実です。

③単身赴任の否定派は、毎週帰省、そして帰省旅費で家計圧迫

毎週帰省し、結果的に帰省旅費で家計を圧迫しているのがこのタイプです(私です)。

ネット検索すると、同じようなタイプもいらっしゃるようですが、私の周辺にはおらず、かなりの少数派と感じられます。

考えてもみてください・・・
私の場合、毎月7.5万円を帰省旅費に使う生活スタイルを想像してみてください。

もちろん収入の大小にもよりますが、この帰省旅費は確実に家計を圧迫します。

家計の圧迫で、ママ友に注意を受ける

そんな私を見かねて、あるママ友に注意されたことがあります。

“ママ友の言葉”
「少しくらい我慢しなさい!家計の事を考えてあげて!」

確かに、ママ友の言う通り!否定はできません。

単身赴任者の世代と言えば、子育て真っ最中のご家庭も多いのではないでしょうか?

また、習い事や進学などで、出費も多く、いっぱいいっぱいの生活のはずです。

そして、老後までに、充分な蓄えをしなければいけないのも、この時期です。

月7.5万円の帰省旅費は、本来であれば、ありえない話です

単身赴任の毎週帰省に対する妻の理解

一方、帰省旅費のお金の苦痛で悩んでいる私に、妻が言った言葉を紹介します。

迷わず、帰ってきたらいいじゃない!
今、我慢して、10年後も、同じ環境だと思う?
小学校4年の娘は、今だけだよ!会いに来てあげて!

通常、妻は家計を細かく管理し、将来への備えを考えているイメージが、私にはあります。

しかし私の妻は、将来が見えてないのかもしれません。

しかし、私の妻は、将来ではなく『今』を重要視しているのかもしれません。

>>悩みは『お金が無い』。今週、帰省を迷っている単身赴任パパへ

もちろん、こんな妻、そうそういるとも思いません(自慢の妻です)。

家計圧迫を気にして、会社から支給のある月1回分の帰省で、旦那様を我慢させる方が、奥様の対応としては、本来は正しいのかもしれません。

最後に

いかがでしたか?

今回は、「単身赴任手当で支給される帰省旅費への考え方。3つのタイプを検証」についてご紹介してまいりました。

あなたは、3つのうち、どのタイプになりますか?

  1. 単身赴任の肯定派は、「帰省旅費」で飲み屋通い
  2. 単身赴任の肯定派でも否定派でもない中間層は、いい訳づくり
  3. 単身赴任の否定派は、毎週帰省、そして帰省旅費で家計圧迫

ちなみに、どのタイプもハッピーな状況ではありません。

なぜなら、単身赴任そのものが、どこか間違っている働き方と思うからです。

「家族を、地域を、そして自分を」崩壊させる単身赴任という名の働き方。

今一度、考えていただければ幸いです。

関連記事(帰省について)

*******************************
子育てパパの単身赴任ブログ
著者:さきパパ(市川毅)
*******************************








-帰省

Copyright© 子育てパパの単身赴任ブログ , 2018 AllRights Reserved.