体験談

一人暮らし男性の盲点。カジダン・イクメンと決めつけないで!

更新日:


子育てパパの単身赴任ブログ運営者の市川です!

育児をする男性を「イクメン」と呼ぶのはご存知ですよね?

2010年に厚生労働省が、“イクメンプロジェクト”を立ち上げ、『イクメン』という言葉が世の中に出てきました。

では、「カジダン」という言葉はいかがでしょうか?

漢字で書くのであれば『家事男』。

家事に興味がある、または家事に積極的に取り組む男性のことです。

「家事男子」の略で、読みは「かじだん」「かじめん」の二つがあります。

スポンサーリンク




一人暮らし男性の家事の盲点エピソード

単身赴任という名の一人暮らしの2度目の夏は、本当に暑かった。

昨年はこんなに暑かっただろうか?特に夜が寝苦しい!

今のアパートは冷房がリビングにはあるものの、寝室には無いのです。

それにしても、去年の夏は、ここまで暑くなかったように思えます。

あまりの暑さに喉も渇き、真夜中、目が覚めることも度々です。

男性の一人暮らしではあるものの、私は基本的に家事は行き届いており、冷蔵庫には、キンキンに冷えた麦茶は常に準備されていた。

そして、真夜中に、冷蔵庫から麦茶を取り出し、喉を潤す。

背中に手を回すと、背中が汗で、グッショリ!

こうなると熱帯夜の中、再び寝付くまでには時間がかかるものです。

少し気持ち悪さもあり、気になり体温計を取り出し計ってみるも、いたって平熱。

こんな時、単身赴任では心配してくれる人もいるわけでもなく、寂しさが倍増するものです。

寝苦しい夜を、妻に相談

そんな私を心配してくれる人達を求めて、家族とのテレビ電話で、妻に相談してみた。

妻も娘も、パパのこの話題には、なんとなく、興味なし!、パパの願い伝わらず、少し寂しさが、漂います。


「そんなに汗かいたんなら、シーツ洗ったほうが良いよ!って言うか、前回、洗ったのいつ?」


「ん?えっとねー、前回は冬だったかな~(^.^)」


「え!、汚~い!(-_-;)・・・って言うか、それって冬のシーツじゃない?」

スポンサーリンク




一人暮らしの男性の盲点「寝具の衣替え」

改めて、布団を見ると、冬仕様の、フサフサタイプのシーツ!しかも汚い!ついでに枕カバーを見ると、頭が乗る部分が少し黒ずんでいる。

よくも、今まで気が付かなかったのか不思議なくらいの汚れ・・・。

このような話をして、今更、誰も信じてもらえそうにありませんが・・・、

私って、意外と綺麗好き!一人暮らしの男性の部屋としては、綺麗にしている方だと思います。

冒頭でもご紹介した、自分のことを、家事する男性、いわゆる「カジダン」だと思っていたのですが・・・、

しかし、布団のシーツは、まったくの盲点!気になりだすと、

独特の、カビ?のような臭いもしてきました!

早速、シーツを洗濯!そして夏用のシーツに替えてみました。

その日を境に、熱帯夜ではあるものの、昨年並みの熱帯夜となったのは言うまでもありません。

スポンサーリンク




一人暮らし男性の家事への教訓

あなたは、自分のことを、結構「カジダン」と思っている方!

なんちゃって「カジダン」の可能性はないですか?

男性の家事は、興味関心で動くことがありますので、偏りがある場合があります

特に、その男性が一人暮らしをすると家事に盲点が発生します。

そして冬用のシーツをお持ちの場合は、夏には使用しないことをお勧めします!

シーツにもよりますが、とても暑いです。

・・・いや!このエピソードはさすがに私だけかもしれませんね?^^;

補足・・・

地元で開催したカジダン、イクメン、フォトコンテストで受賞してます!^^;
※カジダン部門 教育委員会特別賞

【発表】カジダン・イクメン写真コンテスト2011

 

最後に

いかがでしたか?

今回は「一人暮らし男性の盲点。カジダン・イクメンと決めつけないで!」についてご紹介しました。

男性の一人暮らしの家事には偏りがありますので、定期的なチェックをお願いします。

是非、ご参考くださいね。

こちらの記事もワンオペ育児でおすすめです。
>>単身赴任でワンオペ育児になって分かったこと。夫の家事への貢献度

 

関連記事(体験談)

*******************************
子育てパパの単身赴任ブログ
著者:さきパパ(市川毅)
*******************************








-体験談
-, ,

Copyright© 子育てパパの単身赴任ブログ , 2018 AllRights Reserved.