ママのブログ

単身赴任の子育て/経験したから分かるパパだからできる5つのこと

投稿日:


子育てパパの単身赴任ブログ運営者の市川です!

今回は妻に書いてもらいました。

テーマは「単身赴任の子育て。経験したから分かるパパだからできる5つのこと」についてご紹介します。

スポンサーリンク




※※※※※ココから妻が書いてます※※※※※

当たり前ですが、単身赴任になると、それまで夫婦2人で協力していた子育てが、ワンオペ育児となり、妻である私の負担は、相当な量になります(汗)。

>>ワンオペ育児で単身赴任が問われる「旦那の家事への貢献度」とは

 

そんな単身赴任の子育て体験から、パパに求めらる子育てを深く考えるようになりました。

今回は、単身赴任のフィルターを通して気付いた「パパの役割」についてご紹介します。

単身赴任の子育て①:パパに甘えてくる娘

単身赴任の子育ての中で、残された子どもが、「赤ちゃん返り」をするケースがあるのを聞いた事はありますか?

その原因は、ある日突然パパがいなくなってしまった「寂しさ」です。

それまで一人でやっていた歯磨きや着替えができなくなり、場合によっては、夜泣きやおねしょ等を引き起こすようです。

私の娘は、当初不眠症になりました

>>単身赴任によるストレス要注意!子供・家族は不安がいっぱい!

 

そんな娘も、既に小学5年生ということもあり、赤ちゃん返り程ではないものの、帰省中はパパにベッタリしています。

小学5年生で、さすがにパパと一緒にお風呂へ入ることは卒業させたものの・・・

>>娘とお風呂、何歳まで入りましたか?/単身赴任パパだから分かった最後の時

入浴後、娘の髪の毛をドライヤーで乾かす係は、帰省中に限り、パパの役割になっています。

そして帰省中は、ほぼほぼパパにくっ付いている感じです・・・。

彼女のプライバシーもあるので、その甘え度の紹介はココまで・・・(^^;

 

でも、この娘の甘えは、単身赴任中の寂しさを、彼女なりに埋めようとしているものと受け止め、旦那にお任せしています。

スポンサーリンク




単身赴任の子育て②:「パパ大好き」は、ママを子育てから解放させる

しかし、この娘の「パパ大好き」で、助かっていることも多々あります。

単身赴任によって、ひとりで、子育てや家事、仕事をする私、まさしくワンオペ育児として、その負担は大きく、私に襲い掛かります。

そして、私の自由時間が無くなり、子育てがストレスに変わる時も度々です。

そこへパパが帰省してくると、子どもはパパにベッタリします。

 

以前、ママ友にも言われたこともあるのですが・・・、

「ママとして、普段、子育てに奮闘し、娘を大事に育てているのに、単身赴任で、普段いないパパになつかれたら、嫉妬するでしょー?」

それが違うんです!

むしろ私は、パパになつく娘を歓迎し、さらにパパを尊敬するように仕向けます(^^;・・・、

「パパはね、私達のため、一生懸命、働いているんだよ!だから大切にしようね」

と、単身赴任で働いているパパをフォローし、娘にきちんと説明をしています。

 

そして私は・・・

「じゃあ、今夜は、久しぶりにママ友と食事してくるからね!」

と出かけちゃいます。

そうなんです。

子どもが、パパになつくことは、ママから子育てのストレスを、短時間ではあるものの、解放させてくれるのです。

スポンサーリンク




単身赴任の子育て③:やっぱり怖いのはママじゃなく「パパ」

小学5年生ともなると、親に対し暴言を吐くようになります。

そんな時、パパにもお願いします「あなたからも、注意してあげてね!」

そして、荒れている娘を、ひとまず落ち着かせ、ママの言っていることが間違っていないことを説明してくれます。

これはパパが説明上手という訳ではなく、普段子育てのストレスが私よりも低いことから、冷静に子どもと向き合えるのだと、私は勝手に分析しています(^^;

とは言っても、パパも限界に達すると、優しいパパが怒鳴り、叩きもしています。

そうなんです。パパは決して優しいだけではダメ!ママには無い怖さで、本気で怒る度胸も必要です。

 

娘も言います

パパは、優しそうに見えて、優しくないよね・・・

怒ると、凄く怖いし・・・

でもね、私のために言ってくれているのが、すごく伝わってくる。

スポンサーリンク




単身赴任の子育て④:パパは「最高の遊び相手」になること

普段、仕事から帰り、夕飯の支度をする。

娘に、宿題はちゃんとやったのか?聞きながら夕飯を食べて・・・、

娘が、宿題や、ひとり遊びをしているのを見ながら、夕飯の後片付け、お風呂、洗濯へと流れ作業がルーティーンになっている。

途中、疲れて椅子に座りながら寝てしまうことも度々、すると娘も遊び疲れたのか、床で寝ていることも・・・

旦那からのテレビ電話の着信にも気が付かないほど、疲れている時もあります。

正直、ひとりで行う子育てに疲れていると言われれば、嘘ではない。

 

一方、旦那が帰省すると、勉強も中途半端に、外へ遊びにいく!

娘のお友達も含めて、旦那は思いっ切り遊んで帰ってくることもあります。

旦那は娘のお友達にも人気はあり、夏休みを利用して、私と娘、そしてお友達も含めて、旦那の単身赴任先へ遊びに行った事もある。

 

そして、娘の勉強も見てくれて、寝るギリギリまでた遊ぶ!

そんな遊ぶ姿を見ると、いつも一生懸命、子ども達と遊んでいる。

おそらく、他の子ども達にも、旦那が人気があるのは、その一生懸命さが新鮮に見えているのだと思う。

 

娘が言う。

なんかパパは不思議な人

すごーく怖い時もあるけど、バカみたいに笑わせてくれたり・・・

いろんな顔を持っていて、どれが本当のパパなんだろう?

 

そんなパパを見て、ママ友にも羨ましがられる。

正直、照れるが、悪い気はしないのも事実・・・

 

単身赴任の子育て⑤:パパはママの最高の共感者&サポーターになろう

こんなに子育て熱心な、素敵な旦那ですが・・・(^^;

ダメなところもあります。

それは、私が色々と相談しても、色々と分析され、指摘してくるところです。

 

これは、うちの旦那に限った話では無さそうで、共感力の足りないパパ向けに、「頷き隊になろう」と称し、パパ達に頷く練習をさせる父親講座もあるくらいです。

とは言え、私もしつこく言っていたせいか、最近は少しだけ共感してくれる機会も増えてきました。

つまり、妻として、旦那に直して欲しいところがあれば、ちゃんと言葉で伝えることをしないとダメなのかな?と思います。

 

まとめ

単身赴任の子育てから分かる「パパだからできる子育て、そしてパパに求められる子育て」についてご紹介してまいりました。

まとめると・・・

  1. パパは、子どもの甘えの受け止め役
  2. パパ大好きで、ママは少しだけ楽になる
  3. パパはママよりも怖いもの
  4. パパは子どもの最高の遊び相手
  5. パパはママの最高の共感者&サポーター

*******************************
子育てパパの単身赴任ブログ
著者:単身赴任の妻
*******************************

スポンサーリンク




最後に(パパより)

いかがでしたか?

今回は、妻のブログ「単身赴任の子育て。経験したから分かるパパだからできる5つのこと」についてご紹介しました。

今どきは、単身赴任でもテレビ電話などでもコミュニケーションは取れるものですが、やはりテレビ電話で子育てができているとは思いいません。

本来であれば、子育ては量・質ともに充実させることが良いとは思います。

しかし、単身赴任の子育ては、やはり帰省時間と言う限られた時間の中で、「質」に拘った子育てを意識するようになりました。

帰りの新幹線の中では・・・

今回は妻と娘に、ちゃんと向き合えたのかな?

次回の帰省では、〇〇に心掛けてみよう!

等と、色々と考えてます。

あなたの子育てに、なにかお役に立てれば幸いです。

*******************************
子育てパパの単身赴任ブログ
著者:さきパパ
*******************************





-ママのブログ

Copyright© 子育てパパの単身赴任ブログ , 2019 All Rights Reserved.