ネット環境

WiMAX2+、4G、LTEの違いを学んでお得なプランを探そう/単身赴任のネット環境

投稿日:


子育てパパの単身赴任ブログ運営者の市川です!

単身赴任が始まると、すぐに見直しを迫られるのが、ネット環境です。

なぜなら、あなたは単身赴任の寂しさを和らげるため、『テレビ電話』が必須になるなど、家族と暮らしていた頃のネット環境では成立しなくなるからです。

一般的に単身赴任を始めとした一人暮らしの人は、持ち歩きもできる「ポケットWi-Fi」を選択するケースが多いでしょう。

そして、単身赴任の寂しさから抜け出すため、様々なポケットWi-Fi商品から、短期間であなたに合ったプランを選ぶことになるのです。

その際、「WiMAX2+、4G、LTE」等の専門用語が多く出てくるのですが、その意味・違いをほぼ理解せぬままネット契約をすることは非常に危険です。

そんな単身赴任者に、今回は、最低限、知って欲しい「ポケットWi-Fiの豆知識」をご紹介します。

今回は「WiMAX2+、4G、LTEの違いを学んでお得なプランを探そう」についてです。

単身赴任者の知恵袋
申込殺到!★期間縛り無し!解約金無し!月額料金は最安値レベル!【FUJIWifi】

単身赴任者が大絶賛!月間データ量無制限のWiMAX2+に4G/LTE回線オプションも追加条件なし~

>>詳しくはこちらから

単身赴任のネット環境/今更聞けない「WiMAX2+、4G、LTEの違い」

WiMAX2+?、WiMAXと何が違うの?そもそもWiMAXってなんなの?

また、スマホでよく聞く、3G、4G、LTEってなんなの?何がお得なの?などと不安になっているあなたに、最低限、知って欲しいポイントをご紹介します。

WiMAX2+ってなに?

WiMAX2+とは、旧WiMAXの後継として、2015年に登場しました。

※旧WiMAXのサービス終了日:2020年3月31日です。
※WiMAXの通信業者はKDDIです。

いわゆるポケットWi-Fiの通信規格で多く使われているのが、「WiMAX2+」になります。
※注記:その他4G(LTE)を使ったポケットWi-Fiもあります

WiMAX2+は、とても通信速度は早く、単身赴任のあなたは、WiMAX2+を契約すれば、家に固定のネット回線を契約する必要はないと思います。

ただし・・・、

WiMAX2+は圏外エリアが広範囲にわたるため、自宅内が電波の圏内なのか事前に調べておくことが必要です。(WiMAX2+のお試しとしても利用できるのはFUJI Wifi

3G、4G、LTEってなに?

スマホを持っている人なら、3G、4G、LTEって見たことはありますよね?

通常、画面の上の方に表示されているので、見覚えがあると思います。

3Gは「第三世代」、4Gは「第4世代」という意味で、「G」はジェネレーション(世代)の略になります。

また通信速度を比較すると、4Gは3Gの約5倍以上の速度になります。

またLTEとは、3Gが4Gになるまでの橋渡し的な通信技術の企画で、現在は4G=LTEと言っても良い状態です。

引用元:NTT東日本公式ホームページ
(https://flets.com/customer/column/0315/0315cl_01.html)

ちなみに、最近は「LTE」も記載されてないケースも多くなってきました。

またポケットWi-Fiで、この通信規格「3G、4G、LTE」を利用しているのは、WiMAX2+に比べ少数派です。

単身赴任のネット環境/WiMAX2+、4G、LTEの違いメリット、デメリット

それでは、WiMAX2+と「3G、4G、LTE」は、単身赴任者にとって、どのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか?

比較表を使ってご紹介します。

通信規格 メリット デメリット
WiMAX2+
※ギガ放題の場合
■ギガ放題プランがある
■ギガ放題の通信制限が緩い
※3日で10G超えた場合、通信速度が最大1Mに落とされる程度
※通信速度1Mはテレビ電話やYouTube閲覧可能な範囲
■圏外エリアがある
※対応エリアは人口カバー率90%と言っているものの、圏外になることが多い
※障害物に弱い
■電話番号を持てない
※電話番号が必要な場合は、4G、LTEの契約が別途必要
■WiMAX2のSIMが使えるスマホが無い
※スマホとは別にポケットWi-Fiを併用する必要あり
4G、LTE ■スマホ1つで完結する
※ポケットWi-Fiを持つ必要がなく、パソコンでのネット接続ははスマホのテザリング機能でカバーできる。
■圏外エリアがほぼない
※現在のスマホに、ほぼ圏外が無くなっているのと同様、圏外はほぼなし。
■通信制限が厳しい
※プランによりますが、月7Gを超えると通信速度が最大128kbpsに落とされ、ほぼ使い物になりません。
■ギガ放題プランが、ない
※一部例外あり

※4G、LTEのギガ放題は、フジワイファイ(FUJI Wifi)のプラン等で見ることはできます。

それでは詳しく見ていきましょう。

WiMAX2+のメリット・デメリット

ポケットWi-Fiで多く使われているWiMAX2+ですが、デメリットとメリットに分けてご説明します。

WiMAX2+の2つのデメリット

■デメリット①

WiMAX2+の最大のデメリットは、圏外エリアの広さです。

4G、LTEに慣れてしまうと、人口カバー率90%と公式ページでは紹介していますが、実際、使ってみるとWiMAX2+の圏外エリアは予想以上にあることに気が付くと思います。

エリア内であっても、部屋の中は圏外になることもあるんです。
※実際、私の単身赴任の同僚は部屋の中がWiMAX2+の圏外です

■WiMAX2+の圏外対策として
このWiMAX2+に圏外エリアが多い対策として、オプションで「4G/LTEプラン」が追加されているケースが多く、「4G/LTEプラン(7Gまで)」を併用しながらお使いいただくことになります。
月7Gまでと使用制限がありますが、ほぼ圏内「auの4G/LTE」となり利用できます。

つまり「4G/LTE」を併用することで、WiMAX2+のデメリットである圏外エリアを無くすことができます。

よって、この4G/LTEのオプションは、WiMAX2+プランには欠かせないプランなんです。

■デメリット②

またもう一つのデメリットとして・・・、

スマホとは別にポケットWi-Fiを持つことです。

つまり、2つのデバイスのバッテリー管理、故障、紛失などに、気を配る必要が出てきます。

ちなみに、出社から帰宅まで、バッテリーが持つのか微妙で、その都度、電源を切ってしまうとかなり面倒だし・・・運用面で迷うところがたくさん出てきます。

WiMAX2+のメリット

単身赴任者にとって、WiMAX2+の最大のメリットはギガ放題があることです。

単身赴任の場合、テレビ電話を繋げっぱなしにすることも珍しくなく、そこへの通信制限は気分的にも無い方がおすすめです。

また、WiMAX2+のギガ放題の場合、通信制限(3日間で10G)がかかった場合も、テレビ電話には問題の無いレベルなので、気にしなくても良いレベルです。

そしてパソコン利用も含め、単身赴任には充分な快適なネット環境が提供されるでしょう。

4G、LTEのメリット・デメリット

3G、4G、LTEの電波は、いわゆる3大キャリア(docomo、softbank、au)の電波を指しています。

それでは、3G、4G、LTEをデメリットとメリットに分けてご説明します。

4G、LTEのデメリット

キャリアによっては、ほぼギガ放題として50Gまで使えるプランもありますが、テレビ電話を中心に、単身赴任生活は予想以上にネット環境に依存することが多く、おそらく50Gでは足りません。

また通信制限がかかった場合は、ほぼ使い物にならないほどの通信速度になります。

またWiMAX2+と比較し、料金設定がかなり高額となります。

4G、LTEのメリット

最大のメリットは、高速通信でありながら、圏外がほぼほぼ無くなることです。

最近、携帯・スマホで圏外になることは、ほとんど無くなりましたよね?

それは、この電波「4G/LTE」を使っているためです。

つまり、WiMAX2+に書いたデメリットは、全て解消されてしまいます。

 

単身赴任の理想的なネット環境の4つの条件とは?

単身赴任者にとって、理想的なネット環境は、現状の様々なプランの中には無い!と言うのが、単身赴任を実践している私の見解です。

ちなみに、単身赴任者にとって理想的なネット環境の4条件とは・・・、

①スマホ1台で完結していること

②ギガ放題プランがあること
※通信制限があってもテレビ電話ができる程度の通信速度は必要
※オプションとして「4G/LTEプラン」があると圏外エリアをカバーできる

③電話番号があること
※現状、社会人として、電話番号が無いと何かと不便

④料金を安く抑えたい

以上のことから、現存するプランの中から単身赴任者へのおすすめプランは、「①スマホ1台で完結していること」の条件は満たさないものの、スマホ+WiMAX2+のギガ放題プランとなります。

 

こちらは「単身赴任者におすすめなWiMAX2+のギガ放題プラン」の記事でおすすめです
>>単身赴任者におすすめ!月額料3,200円、解約料、違約金0円のWiMAX2+とは?

 

番外編:格安SIMの検証

上記でご紹介しました、単身赴任者におすすめな理想的なネット環境の4つの条件は、一部、格安SIMで満たしているものがあります。

しかし、キャリアと違い格安SIMは通信速度が遅いのが特徴で、家族とのテレビ電話するような時間帯(PM6時~11時)は非常に回線が混み合い、テレビ電話の画像が途切れ途切れになってしまい、大きなストレスを感じる可能性が大きいので、おすすめできません。

最後に

いかがでしたか?

今回は、「WiMAX2+、4G、LTEの違いを学んでお得なプランを探そう/単身赴任の為のネット環境」についてご紹介しました。

是非、ご参考くださいね。

関連記事(単身赴任のネット環境)

単身赴任者の知恵袋
申込殺到!★期間縛り無し!解約金無し!月額料金は最安値レベル!【FUJIWifi】

単身赴任者が大絶賛!月間データ量無制限のWiMAX2+に4G/LTE回線オプションも追加条件なし~

>>詳しくはこちらから

*******************************
子育てパパの単身赴任ブログ
著者:さきパパ(市川毅)
*******************************


-ネット環境

Copyright© 子育てパパの単身赴任ブログ , 2018 AllRights Reserved.