ネット環境

iPhoneの補償(ケータイ補償サービス vs AppleCare+)どちらを選ぶ?

更新日:


子育てパパの単身赴任ブログ運営者の市川です!

4年間使い続けていた「iPhone6」の動きが重くなり、先日、スマホを新しくしてみました。

私はiPhone好きということもあり、やはりiPhoneXが欲しかったのですが、さすがに定価で購入することは諦め、docomoの家族割を利用し、実質無料で契約しました。

そこで契約の際、docomoのケータイ補償サービスなる案内がありました。

今まで格安SIMを利用していた私には、このケータイ補償サービス、750円の価値がお得なのかどうか判断が尽きませんでした。

また、にわか知識レベルで、iPhoneは「AppleCareの補償」ってなかったっけ?・・・

 

このように「スマホ補償の価値が分からない」と、同じような思いをされている方がいると思いましたので、単身赴任の生活術として書いてみることにしました。

スポンサーリンク




docomoのケータイ補償サービスとは?

今回は日本で一番利用されているiPhoneの場合に絞り説明します。

正確には「ケータイ補償サービス for iPhone & iPad」という補償サービス名です。

docomoのケータイ補償サービスは、オプション設定で別途月額料が発生します

また、契約された際に加入するもので、契約途中で加入することはできません。

それでは、補償内容を詳しく見ていきましょう。

iPhoneの機種 月額料金 修理・交換費用
X 750円 11,000円
6s,6s Puls,7,7 Puls,8,8 plus 750円
6,6 Plus,SE,5s 600円 7,500円
5c 500円

以前、私の持っていたiPhone6は、購入から3年目あたりで画面が割れ、Appleで14,800円で修理しました。
※iPhone6はAppleストアでSIMフリー版を購入、補償には入りませんでした

ちなみに、iPhone6を修理に出したのは、4年間で、この1回だけです。

つまり、iPhone6でケータイ補償サービスに加入した場合は・・・、

ケータイ補償サービス600円/月×48カ月(4年間)=28,800円を支払うことになります。
そして修理代が14,800円⇒7,500円となり、▲7,300円お得になる
よって、ケータイ補償サービスで支払った総額を、お得になった▲7,300円で割ると、
28,800円÷7300円≒3.9

つまり、4年間で4回弱、スマホの画面割れにあわないと、元が取れない事が分かります。

このように考えると、私はiPhone6で補償に入らなかったのは正解でした。

「ケータイ補償サービス for iPhone & iPad」と「Apple Care+」「Apple Care」の徹底比較

Androidと違い、iPhoneの補償サービスは「ケータイ補償サービス」以外に2つります。

  1. Apple Care+
  2. Apple Care
ケータイ補償サービス Apple Care+ Apple Care
月額料金 750円 7/8:617円
7 Plus/8 Plus:700円
X:950円
無料
加入期限 購入から14日以内 購入から30日以内/
購入日のみ
自動加入
最長補償期間 無期限 2年 1年
補償の利用限度回数 1年間に2回まで 2年間に2回まで 1年間は無制限
画面割れ 11,000円 3,400円 補償なし
7/8:17,800円
7 Plus/8 Plus:19,800円
X:31,800円
画面割れ以外の故障
(水没等)
11,000円 11,800円 補償なし
7/8:17,800円
7 Plus/8:38,800円
8 Plus:43,800
X:60,800円
紛失・盗難 11,000円 補償なし 補償なし
バッテリー交換 補償なし 無料 補償なし
自然故障 無料
(1年間補償)
無料
(2年間補償)
無料
(1年間補償)

さて、複雑な表になってしまいましたが、この比較表から、あなたのおすすめが見えてきますので、もう少しお付き合いください。

結論から言いますと、docomoで購入したのであれば、「ケータイ補償サービス」の方がメリットが大きいいです。

では、なぜ「ケータイ補償サービス」の方がメリットが高いのか詳しく解説します。

まず基準として、iphoneを新品で購入すると、必ず「Apple Care」に自動加入するものなので、Apple Careをベースに、「ケータイ補償サービス」と「Apple Care+」を比較・分析したいと思います。

まず驚くのが、iPhone6とは大きく違い、各修理代金が高額になって来ていることです。

iPhoneXで画面を割ったら、31,800円。その他の修理で最大60,800円となります。

この時点で、iPhone6とは違い、何かしらの補償サービスに入った方が良いというのが分かります。

「Apple Care+」の方がおすすめではないのか?

上記比較表を見ると、iPhoneXの場合、毎月の月額料はケータイ補償サービスよりもApple Care+の方が差額200円、高いものの、iPhone修理の9割を占める画面割れが3,400円となるため、おすすめに感じませんか?

差額200円×24カ月=4,800円(Apple Care+の方が2年間で4,800円高い)
画面割れ修理:ケータイ補償サービス11,000円ーApple Care+3,400円=7,600円
つまり、2年間で1回画面割れで修理するとApple Care+の方が2,800円お得になります。

また、Apple Care+は、iPhoneのバッテリーが本来の性能の80%を下回ったら、無料でバッテリーを交換してくれます。

でも、「ケータイ補償サービス」の方がおすすめな2つ理由

上記、比較分析から判断すると、Apple Care+の方がメリットが大きく見える事でしょう。

しかし、下記箇所を比較するとケータイ補償サービスの魅力が見えてきます。

  1. ケータイ補償サービスは、紛失・盗難を補償していること
  2. ケータイ補償サービスは、補償期間が無期限であること

ケータイ補償サービスは、紛失・盗難を補償していること

治安の良い日本社会では、盗難の危険性は海外と比較しても低いと思われますが、その確率はゼロではありません。

また、どこかに置き忘れるなどの紛失は、充分に可能性はあります。

現実的に、全国の落とし物センターにはスマホや携帯が多く届けられています。

Apple Care+と違い、ケータイ補償サービスは、この紛失・盗難を補償していることは大きなメリットでは無いでしょうか?

あなたは、10万円を超えるスマホを気軽に買い直せますか?

ケータイ補償サービスは、補償期間が無期限であること

賢いあなたは、このように考えてませんか?

キャリア契約の2年縛りが無くなった時点で、格安SIMに乗り換えようと考えていませんか?

これは現在主流になりつつある、高額なスマホの購入方法ですよね?

だから2年以降の補償は、あまり必要性を感じていないのではないですか?

だって、補償が無くても充分に元が取れるほど格安SIMの月額料金は安いんです。

しかし、これは現在主流のこの流れ(格安SIMに乗り換える)が2年後もあれば!のお話です。

現在、政府も携帯料金の値下げを各キャリアに呼びかけている状況で、ニュースにも度々登場しています。

2年縛りの契約が切れる2年後、キャリア契約は格安SIMよりもメリットがあるかもしれませんよね?

つまり、スマホの月額料金の市場は、2年先を見通すのは非常に困難と言って良いでしょう。

今回購入したiphoneを長く利用するためにも、ケータイ補償サービスの期間が、無期限であることには意味があるのです。

単身赴任の場合、ポケットWi-Fiも併用しましょう!
おすすめ記事はこちらです!
>>単身赴任には嬉しい解約料・違約金0円「レンタルポケットWi-Fi」

最後に

いかがでしたか?

今回は「iPhoneの補償(ケータイ補償サービス vs AppleCare+)どちらを選ぶ?」についてご紹介しました。

おそらく、この記事にたどり着いたあなたは、docomoで契約したばかりの方ではないですか?

そして1ヶ月は無料のケータイ補償サービスを解約して良いものか?気になっている方ではないでしょうか?

結論は、ひとまずケータイ補償サービスは継続させておきましょう。

是非、ご参考ください。

関連記事(単身赴任のネット環境)

*******************************
子育てパパの単身赴任ブログ
著者:さきパパ(市川毅)
*******************************





-ネット環境
-,

Copyright© 子育てパパの単身赴任ブログ , 2019 All Rights Reserved.