体験談

単身赴任あるある体験談!混乱する記憶「豚肉を盗んだ犯人とは?」

更新日:


子育てパパの単身赴任ブログ運営者の市川です!

テレポーテーションって聞いた事ありますよね?

日本語に翻訳すれば「瞬間移動」です。

帰省を繰り返す単身赴任者にとっては、喉から手が出る程のアイテムですよね?

でも、あたり前ですが、実際は存在しない?

しかし、単身赴任生活の中で、このテレポーテーションを体験することができたので、ご紹介したいと思います。

さて、どんな体験だったのでしょうか?

 

スポンサーリンク




単身赴任あるある体験談「手際の良い男の料理」

そのあるある体験談は、単身赴任による二重生活も1年が過ぎようとしている、ある日の恐怖体験なんです。

自炊で節約を続ける単身赴任の日々、その日も、仕事帰りにスーパーに寄りました。

夕飯のメニューは数日前に買っていた豚肉を使った料理にしようと思い、不足していた野菜を買って帰ることにしたのです。

本日の晩御飯のメニューは、お袋から伝授された「豚肉とナスの炒め物」。

まずは、買ってきたばかりの新鮮なナスを、短冊切りにする。

そして水にさらし、充分にアクを取っておく。

1年もこの二重生活をしていれば、手際も良くなります。

 

単身赴任の二重生活「泥棒」or「怪奇現象」

次に豚肉を取り出そうと、冷蔵庫のドアを開けると、置いてあった豚肉が、そこに無いのです。

探し回るほどの大きさではない冷蔵庫、つまり豚肉が、忽然と、消えてしまったのです。

でも、豚肉は確かに冷蔵庫にあったのです。

ちなみに、最近、単身赴任先で豚肉を使った料理をした記憶も無い・・・。

そして、まず頭を2文字がよぎったのです・・・

「泥棒」

他に盗まれたものは無いかと、部屋を見渡しましたが、特に荒らされた様子もないし・・・。

全ての鍵も閉まったまま!

まさに単身赴任の密室で起きた、完全犯罪!その名も豚肉泥棒である。

豚肉だけ盗むとは、よほどお腹が空いていたのか?(-.-)

しかし、泥棒と考えるようにしたのは、自分を落ち着けるためです。

本心で言えば、ズバリ「怪奇現象」に近いといっても良さそうな出来事です(汗)。

犯人は「単身赴任による二重生活あるある」

仕方なく、この日の夕飯は、豚肉が無い、「ナスの炒め物」になりました。

そして、いつもの様に、家族とテレビ電話を繋げて「いただきま~す!」。

娘は今日の出来事を夢中で話し続けていた。

途中、会話が途切れたので、たった今、パパに起こった怪奇現象を話したのです。

妻と娘は、元来、怖い話が苦手なため、多少、オーバー気味に説明してみた。

すると妻からひと言、恐ろしい言葉が帰ってきたのです。

それは確かに怖い話だね~・・・

おそらく「瞬間移動」したんだよ!

 

だから、その豚肉・・・

こちらで今、いただいてます!

ん?妻の言っている意味が分からず、しばらく沈黙が流れた。

 

そして、徐々に、過去の記憶が走馬灯のように蘇ってくるのでした。

犯人はズバリ!「私の記憶違い」だったんです。

つまり、私の豚肉を入れた冷蔵庫の記憶は、単身赴任先の冷蔵庫ではなく、家族のいる家の冷蔵庫の記憶だったのです(汗)

そのあと、家族で大笑いになったのは、言うまでもなく、いつまでも会話の途切れない楽しい夕飯となりました。

ほんと、これぞ単身赴任のあるある体験談です。

単身赴任あるあるは不都合そのもの

子育てパパの単身赴任は、単身赴任先と家族の元を頻繁に行き来します。

そして、次第に色々な物が、二重生活の中で、どちらに置いていたのか、分からなくなってきます。

今回は、笑い話になりましたが・・・

普段発生する記憶違い「あったはずの洗剤が無い!あったはずの調味料が無い!あったはずの印鑑が無い!」という、単身赴任にありがちな、あるある体験談は不都合以外の何物でもありません。

最後に

いかがでしたか?

今回は【単身赴任あるある体験談!混乱する記憶「豚肉を盗んだ犯人とは?」】をご紹介してまいりました。

あなたの、二重生活によるトラップ話、もしあればお聞かせくださいね!

こちらの「テレビ電話のあるある体験談」の記事もおすすめです。
>>単身赴任のテレビ電話あるあるハプニング。ママ友に全裸見られる?

関連記事(体験談)

*******************************
子育てパパの単身赴任ブログ
著者:さきパパ(市川毅)
*******************************








-体験談
-,

Copyright© 子育てパパの単身赴任ブログ , 2018 AllRights Reserved.