パパカメラ

家族写真は誰が撮ってる?「ママ」と答えたパパ!それで大丈夫?

更新日:


子育てパパの単身赴任ブログ運営者の市川です!

あなたの家族では、家族全員の写真を誰が撮っていますか?

家族旅行に行ったときや、お子様の卒園式や入学式などの色々な行事ごと、または普段の何気ない家族の写真は・・・、誰が撮っていますか?

「ママが撮っていますよ!」と答えたご家庭の「パパ」に読んでもらいたい記事を書きました。

この記事を読んだら、「パパが家族写真を撮りたくなる」お話です。

スポンサーリンク




秋の運動会、園長先生の思いと、熱血カメラマン

娘が、まだ保育園の時、秋の運動会の1コマです。

当時から、私は他のパパさんよりも、写真を多く撮る方で、運動会ともなると、気づけば3,000枚は軽く超えていたと思います。

運動会当日、開会式で園長先生はこんな事を言っていたのを思い出します。

『・・・今日まで、子ども達は練習をいっぱいしてきました。
(ありがちな挨拶・・・^^;)

ご父兄の皆様、そんな子ども達を、カメラばかり撮るのではなく、どうぞ、その目で直接、見てあげていってください・・・』

そんな園長先生の、ありがたい、お言葉も、おかまいなし!私は、その日も数千枚の運動会の写真を撮影していたのです。

また当時、保護者会の会長も務めていたこともあり、カメラアングルが、自分の娘だけでなく、保育園の子ども達全員の写真も撮影するようになっていました。

そして、いつしか園長先生も認める、保育園公認のカメラマンに出世していたのです。^^;

まさに、「出る杭は、打たれる」

しかし、「出過ぎた杭は、打たれない」と誰かさんが言った名言を実行した感じになりました。

スポンサーリンク




家族写真は誰が撮ってる?「ママが撮ってますエピソード」

そんな保育園での、ある年の運動会のお話なんです。

その時も、子ども達の熱戦が繰り広げられる運動場の周りを、園児とは別に、ひとり汗びっしょりになりながら、撮影を続けるパパひとり!

『ヨシ!あの子のベストショット、いい感じで撮れたぞ!』

・・・そう思いながら、後日、いつものように、その父兄達にプレゼントする光景を思い浮かべていました。

そして、その美人ママさん達からお礼の言葉をいただいている自分を妄想しながら、さらに撮影するモチベーションが上がるのです。

そして、今回、伝えたいエピソードは、そんな撮影中の、つかの間の出来事なんです。

 

秋の運動会!まだまだ暑い日差しを浴びながら、シャッターを切っていると・・・、

ふと後ろを振り返ると、保育園の中でも1、2位を争う美人ママさんが話しかけて来たのです。

家族写真は誰が撮ってる?⇒ママです

『さきパパさん、今日もお写真、ありがとうございます!うちの子どもの写真もあったら、また送ってくださいね♪(^^;』

こんな声をかけられて、“でれっと”しないパパはいません。

ほぼほぼ骨抜きになっている私を、情けなく眺めていた妻、『でれっと、し過ぎだぞ!』と言いたげに、妻は苦笑い・・・

そして、その美人ママさんは、続けて、こんな事を言ってきたのです。

・・・うちの旦那は、カメラにまったく興味がないんですよ~。

だから、我が家では、私が家族のカメラ担当なんです。

だから、我が家は、パパと娘の写真ばかりになってしまって~!

さきパパさんの家族が、うらやましいなぁ~・・・

この美人ママさんを撮らないなんて、モッタイナイ!と内心、思いつつ・・・

その美人ママさんの寂しそうな顔を見ると、少し切なくなったのを覚えています。

とは言っても、『パパ=家族の撮影班』とみてしまうのは、それはそれで問題、偏見です。

スポンサーリンク




家族写真は誰が撮ってる?「ママ?パパ?」

あたり前ですが、「家族写真は誰が撮ってる?」に決まりはありません。

撮影できる方が、撮影すれば良いだけです。

ただ、『できれば、パパが撮ってあげて!』と言いたいのです。

理由として“パパとママどっちが好き?パパの役割を、神風特攻隊員の遺書に学ぶ”の記事でも書いたように・・・

「父親にしかできない子育て」とは・・・

家庭内での子育てにおいて、母親が1番であり続ける状況のサポートなのではないのか?

なぜなら、子育てにおいて、パパはママに絶対的にかなわない為。

そんな母と子の絆を、パパは「支える」という立場が似合っていると思うのです。

そのキーワードは・・・、

パパは、子育てに熱心に関わりながら、ママのサポートをすること

だから、「家族写真は誰が撮ってる?」の質問に対する答えは「パパ」にしたいです。

母と子の素敵な子育てシーンを残してあげられるのは、パパだけです。

ちなみに、 「家族写真の主なカメラ担当とは?」というインターネット調査では、保育園でのママ友の家庭の方が多数派であることに驚かされます。

家族写真の主なカメラ担当とは?(誰が撮ってる?)

・ママ・・・29名
・パパ・・・19名
・ママかパパのどちらか・・・5名
・その他・・・2名

引用元:50人のママに聞きました!家族“全員”の写真って最近撮っていますか?

あなたのご家庭では、家族写真は、誰が撮っていますか?

スポンサーリンク




家族写真をママ任せにしている「パパ達へ」

あなたの趣味に、カメラがあるのか?ないのか?それは人それぞれです。

ただ、子育てにおいて、ママが1番であり続けるサポートは、パパの役割!パパにしかできない役割です。

そして、子育て時代に残した写真達は、いつしか、あなた達夫婦の子育て奮闘記として、人生の宝物になります。

その子育て奮闘記の主役は、是非、ママにしてみませんか?

だから、パパである、あなたが、今度はカメラを握ってみてください。

偉そうに、すみませんm(__)m

最後に

いかがでしたか?

今回は「家族写真は誰が撮ってる?「ママ」と答えたパパ!それで大丈夫?」についてご紹介しました。

カメラ担当は、ご家庭により色々と事情はあると思います。

ただ、カメラ担当に限らず「パパの役割、ママへのサポート」を見つめ直すキッカケになれば幸いです。

ぜひご参考くださいね。

こちらの「写真を撮る目的を考える」の記事もおすすめです。
>>家族写真を撮るには目的が重要!撮影枚数がグンと増えてくる方法!

 

関連記事(パパカメラ)

家族写真を撮るのが好きになる記事を集めてみました。

“パパの為の写真講座”、定期的に開催してます

本ブログでご紹介したパパカメラの内容を中心に、カメラ・写真の楽しさを始め、「家族の素敵」を伝えていく写真講座を定期的に開催しています。

家族写真を撮るのが、たまらなく楽しくなる写真講座です(^^;

先日開催した写真講座の開催レポートをご案内いたします。

出張登壇もいたしますので、パパカメラ講座ご希望の場合は、是非お知らせくださいね!

※家族の為、地域の為、講師料金はいただいておりません。^^;

*******************************
子育てパパの単身赴任ブログ
著者:さきパパ(市川毅)
*******************************








-パパカメラ
-,

Copyright© 子育てパパの単身赴任ブログ , 2018 AllRights Reserved.