パパカメラ

ノーファインダー撮影の4つのメリット大公開!これでチャンスは逃さない

更新日:


子育てパパの単身赴任ブログ運営者の市川です!

あなたは写真撮影の際、あたり前ですが、カメラのファインダーを覗きますよね?

最近のカメラはファインダーではなく液晶画面が多いと思いますが、その場合でも液晶画面を見てて撮影してますよね?

ちなみに・・・、

お子様や家族のお写真は、ファインダーを覗いていたら、ほとんどの場合シャッターチャンスを逃してますよ。

今回は、お子様や、ご家族を撮影する際に、最適な撮影方法「ノーファインダー撮影」をご紹介いたします。

スポンサーリンク




西部劇の、早撃ち方法(敵を逃さないノーファインダー)

西部劇の見せ場で、2人のガンマンが、後ろ向きに数歩、歩いた後、向かい合って撃ち合いをするシーンを見たことはありますよね?

ピストルを取りだすと、あっと言う間に、腰元で引き金を引いて撃ち合うシーンです!

早撃ち方法(ピストルを覗かない)

通常であれば、照準を合わせるため、ピストルを顔の前に持っていき目標物に狙いを定めます。

ピストルの上には照準を合わせる目印(照準器)があり、目標物を合わせます。

しかし、西部劇の早撃ちでは、こんな流ちょうな作業をしていたら、あっと言う間に撃たれてしまいます。

よって、腰元にぶる下げたガンケースからピストルを取り出した瞬間、腰元で狙いを定め撃つのです。

早撃ちのデメリット

ただし、この狙い方では、ピストルの照準器を直接見て合わせているわけではないため、正確性に欠けます。

なので、照準器を使うことなく、感覚だけで狙いを定める練習を積み重ねる必要があるのです。

ちょっと物騒な話から始めてしまいました(^^;。

今回、ご紹介するノーファインダー撮影は、この西部劇の撃ち合いの方法を、カメラに応用した撮影方法なんです。

スポンサーリンク




シャッターチャンスを逃さない『ノーファインダー撮影』

西部劇での撃ち合いでご紹介した、照準器を使わず狙いを定める方法を、カメラ撮影に応用すると、ノーファインダー撮影という撮影方法になります

ノーファインダー(和製英語)=カメラのファインダーを覗かず撮影すること

一見、「雑」な撮影方法に聞こえてしまいますが、様々なメリットがあります

ノーファインダー撮影の4つのメリット

  1. 撮影にかかる時間が最小限に抑えられるため、シャッターチャンスを逃さない
    ※カメラを顔の前に持ち上げる⇒ファインダーを覗く⇒構図を考える⇒シャッターを押す。といった一連の動作にかかる時間をカットできる。
  2. 自分の撮影の癖(構図)に捉われず、斬新な写真が撮影が可能
    ※構図の癖:いつも人物(対象物)を中心に置いてしまうなど
  3. 手が届く範囲の、あらゆるアングル(見慣れないアングル)撮影が可能
    ※地面すれすれから、2メートル以上の高さまで撮影可能。通常の目線ではなく、見慣れないアングルとなるため、新鮮に感じる写真が撮影可能です。
  4. カメラを構えないので、相手の自然な表情の撮影が可能
    ※撮影する雰囲気・緊張感を出さずに、ノーファインダー状態で自然にシャッターを押します。
    特にお子様は、自然な表情が撮影できるので適しています。

ノーファインダー撮影の実例紹介

シャッターチャンスを逃さない

この写真は、娘が5歳の夏、顔に水を付けるのが苦手だった娘が、『パパ!私ね、顔を水に付けることができるんだよ!』と言うと、いきなり水に潜った瞬間!

ノーファインダー撮影は、その瞬間を逃しませんでした。

②自分の撮影の癖(構図)に捉われず、斬新な写真が撮影が可能

カメラを床に置きながら、ノーファインダーで撮影!

この構図は偶然の産物。

囲炉裏の暖かさに、しばし休憩の親子、自然な表情を撮影できました。

③手が届く範囲の、あらゆるアングル(見慣れないアングル)撮影が可能

保育園の時の運動会の1コマ!

ローアングルに構えていたその時、娘が決めポーズ!

思わず、妻が大笑いした瞬間を逃さずノーファインダー撮影!

とにかく青空が綺麗だった運動会の想い出です。

私の視野では、妻の姿は、娘に隠れていて見えませんでした。

④カメラを構えないので、相手の自然な表情の撮影が可能

こちらの写真は、ピクニック中、娘の写真を撮影した写真です。

問題:「娘は何を見て、微笑んでいると思いますか?」

答え:「娘は、パパ(私)を見て、微笑んでいます」

つまり、私は娘と楽しいお話で会話中、こっそり横からノーファインダー撮影。

より自然な表情が撮影できました。

ノーファインダー撮影のポイント

そして、ノーファインダー撮影のポイントは・・・、

「たくさん撮る」です。

ノーファインダー撮影はデメリットは、失敗写真が多くなります。

  • 被写体が見切れてる。
  • そもそも被写体が映っていない!
  • ピントがズレている

ひと昔、前のフイルムカメラでは考えられなかったことでもありますが、デジタルカメラは連写でたくさん撮ることできます。

下手な鉄砲も、数撃ちゃ当たる!の理論でたくさん撮りましょう!

その中に奇跡の1枚が含まれているかもしれませんよ。

そして撮影が終わっても、お子様との大切な時間を、そのまま継続させてあげましょう。

ノーファインダー撮影のメリットは、さりげなく撮れることなのです。

最後に

ノーファインダー撮影、いかがでしたしょうか?

今回は「ノーファインダー撮影の4つのメリット大公開!これでチャンスは逃さない」を紹介いたしました。

このノーファインダー撮影は、素敵な写真が少しだけ増えると思います。

あなたの子育て奮闘記の1ページを飾る素敵なお写真が撮れることを祈っています。

こちらの「ノーファインダー撮影を活かせるレンズ紹介」の記事もおすすめです。
>>超広角レンズの撮り方!まるでプロカメラマン!簡単迫力ある家族写真

関連記事(パパカメラ)

“パパの為の写真講座”、定期的に開催してます

本ブログでご紹介したパパカメラの内容を中心に、カメラ・写真の楽しさを始め、「家族の素敵」を伝えていく写真講座を定期的に開催しています。

家族写真を撮るのが、たまらなく楽しくなる写真講座です(^^;

先日開催した写真講座の開催レポートをご案内いたします。

出張登壇もいたしますので、パパカメラ講座ご希望の場合は、是非お知らせくださいね!

※家族の為、地域の為、講師料金はいただいておりません。^^;

*******************************
子育てパパの単身赴任ブログ
著者:さきパパ(市川毅)
*******************************








-パパカメラ
-,

Copyright© 子育てパパの単身赴任ブログ , 2018 AllRights Reserved.