ママのブログ

単身赴任で残された家族。ドラマのように旦那がシンデレラになるとき

更新日:


子育てパパの単身赴任ブログ運営者の市川です!

私の妻も、単身赴任のパパを持つ妻として、ブログを書くことにしました。

今回は、「単身赴任で残された家族」に関するエピソードをご照会します。

私も、単身赴任で、とうとうシンデレラになりました。

スポンサーリンク




残された家族にとって単身赴任のパパは存在が薄くなる

やはり繁忙期となると、休みも週休1日になり、「毎週帰省する!」と言い切った旦那も、帰って来ない。

毎週帰省する旦那が、帰って来ないと、残された家族にとっては、さらに旦那の存在が薄くなるものです。

そして、旦那が2週間ぶりに帰省した。

久しぶりに家族3人で囲んだ夕食

「カブの葉のお吸い物だよ!美味しいから食べてみて!」最近自慢のメニューを旦那にも食べてもらいたく、催促してみた。

旦那は、あたりをキョロキョロ・・・そして、旦那が、つぶやいた・・・

「えっとー、老眼が進んだか?お吸い物が、見えないよ(@_@)」

なんと!私は旦那にお吸い物を、よそるのを忘れてしまった。

存在が薄くなったから?という訳でもないのですが・・・、

単身赴任で残された家族の習慣なのでしょうか?

娘と2食分の夕食に慣れてしまったせいかもしれません。

スポンサーリンク




単身赴任で残された家族に、久々の笑い声

そうこうしていると、娘が大きな声で笑っていた。

「パパ!もう一度やって~!」

どうも旦那が、職場での面白エピソードを、寸劇をまじえて説明していたのに大笑いしているみたいだ。

思わず娘に言ったのです。

「なんか、あなた、久しぶりに笑ってない?」

振り返ると、残された家族である娘と私の二人だけの夕飯は、あまり会話も無くなっていたことに気が付いた。

また会話と言っても、娘に小言ばかり、注意している自分。

思いっ切り、お腹を抱えて笑う娘を見て、私は少し反省した。

ふと旦那を見ると、娘のリクエストに、何度も答えては小芝居を演じていた。

その滑稽さに、私も思わず大笑い!

夕食後は、いつものように旦那と娘は、仲良くお風呂に入り、楽しそうなお喋りが、お風呂から聞こえてきた。

残った宿題も、パパと頑張る!といって取り組んでいた。

スポンサーリンク




残された家族にとって、旦那はシンデレラになった

夜10時、家族そろって歯を磨いた。

磨き終わると、いつもの様に、娘と私をハグしてくれた

そして、旦那は荷物をまとめて出ていった。

娘は、ベッドの中から、夜行バスで赴任先へ戻る旦那と、いつまでもメールをしていた。

旦那は、どこからどう見ても、オジサン。

しかし、残された家族として、この瞬間はシンデレラに見えてしまう私。

旦那を乗せた夜行バスも、なぜか、かぼちゃの馬車を妄想してしまいます。

私も相当、重症なのか?^^;

旦那の帰省は、もちろん嬉しいです。

でも旦那が帰った後は、楽しかった分、別れが、少し辛くなる「残された家族」。

シンデレラはガラスの靴を忘れて行きましたが・・・

旦那シンデレラは、寝静まる娘の顔に、微笑みを残していきました。

*******************************
子育てパパの単身赴任ブログ
著者:単身赴任の妻
*******************************

最後に

いかがでしたか?

今回はママのブログ「単身赴任で残された家族。ドラマのように旦那がシンデレラになるとき」についてご紹介しました。

単身赴任者側から、残された家族を想像すると、いつも胸が痛みます。

このままではいけないと誓う、シンデレラの私です。

是非、ご参考いただけると幸いです。

こちらの記事も「ママのブログ」でおすすめです。
>>単身赴任による子供へのストレス(不眠)に心当たりはあいませんか?

関連記事(ママのブログ)

*******************************
子育てパパの単身赴任ブログ
著者:さきパパ(市川毅)
*******************************





-ママのブログ
-,

Copyright© 子育てパパの単身赴任ブログ , 2019 All Rights Reserved.