ライフシフト

人生の転機のタイミング。単身赴任からのライフシフトはお早めに!

更新日:


子育てパパの単身赴任ブログ運営者の市川です!

あなたが今、不本意な働き方をしていると仮定します。

その状況で、定年退職まで我慢し、その働き方を続けますか?

今回は、人生の転機のタイミングについて考えてみたいと思います。

スポンサーリンク




人生の転機のタイミング:定年退職で老後計画を考える4人組

いま、ちょーど、この記事を書いている、隣の席で、初老の男性4人が前のめりになりながら熱心に話し込んでいます。

時間帯は、モーニング!

この地域では有名な喫茶店で、その4人は話し込んでいるのです。

ちょっと耳を傾けてみました。

・・・と言うことで、お前も少し考えた方がいいよ!

OB会はこの地域だけで2000人、全国だと10000万人を超える組織でね~

その中に色々な同好会があって、私なんて、〇〇同好会の幹事8年もやってるんだよ!色々な同好会があるので、お前も、自分にあった同好会も探せると思うよ!

パンフレットらしき紙をテーブルに広げ、1人の男性が饒舌(ジョウゼツ)に、そして楽しそうに話しています。

取り囲む、その他の3名も、なんだか楽しそうな顔で、その話に耳を傾けていました。

スポンサーリンク




単身赴任は定年前に人生の転機のタイミングを実行したい

老後の楽しみは色々あります。

その中でも、ある程度の規模の会社であれば、OB会が存在し、一緒に働いた仲間同士、老後はOB会を通して繋がるのも楽しそうです。

一方、私の会社にも、規模は小さいもののOB会は存在します。

年に数回程度、泊まりの旅行も企画されていて、会社の駐車場から貸切バスが出発する光景を、よく見かけます。

まあ、老後は、あんな旅行も楽しそうだな~と思った瞬間でした。

私の老後プランは、少なくとも、この赴任先にはいないプランになっていた事を思い出しました。

可能であれば早期退職とも考えてはいるものの、なかなか早期退職にも踏み切れず・・・、

例え、定年までいたとしても、定年後も、この地に残る自分は、さすがに想定していない。

つまり、私も含め、単身赴任者は、老後を迎える前に、人生の大きな転機のタイミングを迎える確率は大きいのです。

スポンサーリンク




実際に人生の転機のタイミングで決断した人のセリフ

私と同様に、単身赴任者で、人生の転機のタイミングで決断したパパ友がいます。

そして、そのパパ友から刺激を受け、私の妻も、最近会社を辞めてしまった。

その2人が共通していう言葉があります・・・

『なんで、もっと早く、リセットしなかったんだろう!』と口をあわせて言うのです。

やはり、この先、何か決断をするのであれば、その人生の転機のタイミングは、早ければ早いほど、良いというのは当たり前の話である。

特に単身赴任者の場合、定年退職後も赴任先で暮らす予定がないのであれば、大きな人生の転機は必ずやって来ます。

人生100年時代と言われる昨今ではありますが、人生の転機のタイミングが、定年退職では、遅すぎるのです。

必ずやってくる大きな人生の転機ならば・・・、

いつやるの?「今でしょ!」じゃなくてもいいので、「近いうちに!」で考えていきましょう。

スポンサーリンク




最後に

いかがでしたか?

今回は「人生の転機のタイミング。単身赴任からのライフシフトはお早めに!」についてご紹介しました。

私のように、不本意な働き方をしている方で、定年退職まで、その状況が継続する可能性が高い場合は、人生の転機のタイミングを早めることをお勧めします。

是非ご参考くださいね。

こちらの「ライフシフトのきっかけ」の記事もおすすめです。
>>転職を決意させるきっかけとは、ライフシフトできないサラリーマン

関連記事(ライフシフト)

*******************************
子育てパパの単身赴任ブログ
著者:さきパパ
*******************************








-ライフシフト
-

Copyright© 子育てパパの単身赴任ブログ , 2019 AllRights Reserved.