帰省

帰省におすすめなバッグとは?(単身赴任&出張編)

投稿日:


子育てパパの単身赴任ブログ運営者の市川です!

片道4時間!毎週のようにしている帰省している単身赴任の私は、帰省に関係する色々なアイテムを日々、研究しています。

今回は単身赴任で、帰省を頻繁に繰り返す私が、帰省の際におすすめなバッグをご紹介します。

スポンサーリンク




単身赴任のキャリーバッグの容量は40ℓ以下が、おすすめ

ズバリ!単身赴任におすすめなバッグは、荷物の重さを少しでも軽減できるキャスター(車輪)付きの、キャリーバッグです。

また、衣服は両方の家にもあるため、キャリーバッグの容量は40ℓ以下で充分です。

それでは実際に何を入れているのか?ご紹介していきましょう。

荷物の中身を検証(必需品編)

帰省期間に関わらず、下着の数は、既に着用している下着を含め2~3セットで良いです。なぜならば、洗濯ができる環境だからです。

まずズボンは・・・、

既に1着は着用していると思いますので、キャリーバッグの中の荷物にはなりません。

そして、上着も・・・、

既に着ている1着があるため、キャリーバッグの中に入れる荷物としては予備として1着あれば充分です。

続きまして、寝巻・・・、

寝巻は帰省先の家にも置いておきましょう。

ただし、新たに購入はぜず、古着でOKです。

寝巻で外に出ることもないので、お洒落な要素は考えないようにしてください。

ちなみにジャージでもOK!なんなら奥様の寝巻でも!(^^;

結論⇒必需品は意外と少ない

帰省に絶対必要な荷物は、この程度です。

基本的な必需品は帰省先の家にもあるはずです。

この程度の荷物なら、帰省のバッグは、キャリーバッグではなく、手提げでも良いかもしれません。

荷物の中身を検証(その他編)

しかし実際はこんな荷物も増えてきます。

ノートパソコン・・・、

実は、この「子育てパパの単身赴任ブログ」は帰省先でも書いているため、私にとってはパソコンは必需品。

帰省先にも妻が使っているパソコンはあるものの、移動中(新幹線の中)でも使用するため、帰省の荷物に必ず入ります。

※お仕事での出張も、同じ事が言えますよね

キャリーバッグは「フロントオープン」タイプがおすすめ

本記事は、キャリーバッグをおすすめしているのですが、大きなデメリットもあります。

出張同様、帰省も移動時間を有効に活用したいものです。

私は新幹線の中でもパソコン作業をしますので、バッグに入れたノートパソコンの取り出しやすさが大きなポイントになります。

途中で開けるのが困難なキャリーバッグの様子

そんな時、キャリーバッグは大きく開けることになるため、とても不便です。

さらに、中身を他の人に見られる恥ずかしさもありますし、防犯上もよろしくありません。

また、そもそも混雑する新幹線内で、荷物を取り出すことは、ほぼ不可能です。

キャリーバッグのフロントオープンタイプ

キャリーバッグのデメリットでもあった上記のような理由も、「フロントオープン」のキャリーバッグの登場で解決しています。

メリットとしては、パソコンなどキャリーバッグを全開にすることなく、簡単に取り出すことができます。

新幹線の机の下に収納しているキャリーバッグの写真

また、新幹線の机の下に収まる高さであれば、棚の上に置く手間もなくなります。
完全なプライベートスペースの出来上がりです。

これはサラリーマンの出張などにも大きなメリットがあります。

通常サラリーマンの多くは手持ちの手提げの中にパソコンをしまいますが、キャリーバッグに入れた方が、強度的にも安心ですし、重さを軽減します。

ぜひご参考くださいね。

 

最後に

いかがでした?

今回は単身赴任者直伝!「帰省におすすめなバッグとは?(単身赴任&出張編)」についてご紹介しました。

帰省時のキャリーバック選びの際は、ぜひ参考くださいね。

関連記事(帰省)

*******************************
子育てパパの単身赴任ブログ
著者:さきパパ(市川毅)
*******************************








-帰省

Copyright© 子育てパパの単身赴任ブログ , 2018 AllRights Reserved.