考え方

悩みは『お金が無い』今週、帰省を迷っている単身赴任パパへ

更新日:


予定に無い帰省

私の帰省旅費は、往復で2万円ちょっと!
ここ2ヶ月は貯金残高も気にせず、毎週帰省している私。
「帰れる時は帰ってきたら?」と妻の後押しもあり、
帰る予定の無かった今週も、新幹線に飛び乗った!

スポンサーリンク

さすがに帰り過ぎかもしれない!
あたり前だが、帰省旅費は、家族の財産から捻出している。
その財産を、パパの帰省旅費で食いつぶそうとしているのだ。
新幹線の車窓からは富士山を左手に見ながら、帰省旅費について考え始めていた。

新幹線と富士山

右手に海が見えてきた。
そして妻の言葉を思い出す。
「帰れる時は帰ってきたら?」

なんとなくこんな事を考え始めていた。

もしもの話

私は平均寿命を超えたおじいちゃんです。
そして、余命3日と病院の先生から宣告された患者さんです。
妻には先だたれ、子どもは家を出て、たま~に、帰ってくる程度

そんな時、病室に神様が現れます。そしてこんな事を言うのです。

スポンサーリンク

<神様からのお言葉~>
死ぬ前に、あなたの人生で、もう一度、経験してみたい日があれば、
24時間だけ、その時代に戻してあげましょう!
ただし、料金は100万円です!
(神様がお金を請求するのも変ですが~(^^;)

現在、単身赴任、真っ最中の私!なんとか、この現状を変えたく、日々、色々な打開策を考える毎日です。

でも、上記のような事を神様に言われたら、
このように答えるかもしれません。

<余命3日と言われた、おじいちゃんの私>
単身赴任中だった頃、
妻と娘のいる家に帰る新幹線の中に戻して欲しい!

※まさしく、今だ!

なぜなら、単身赴任者にとって、それだけ帰省の時間は充実し、そして完璧な家族時間を過ごせているからなのかもしれません。

もちろん、単身赴任を肯定しているのではありません。
しかし、この帰省のタイミングでの家族時間の充実さは、後にも先にも無いような気がするのです。

そして、余命3日と宣告された私は、この帰省を味わうために、100万円を惜しまず使うのだと思います。

新幹線はトンネルに入り、車窓に自分の顔が映った。
もちろん、おじいちゃんではない、パパの自分がそこにはいます。

あたり前ですが、死ぬ間際に神様は登場しないでしょう。そして100万円積んでも、この帰省を味わう事はできない。

一方、現実は、帰省旅費は100万円もしない!
そして2万円ちょっとで、この素敵な帰省時間を味わうことができる!

さて、降りる駅の車内放送が流れてきた。

全ての単身赴任者へ

お金の勿体なさを超えて、少しでも、帰省して欲しく、この記事を新幹線の中で、書いてみました。皆様の素敵な家族時間を、これからも応援していければ幸いです。一緒に頑張りましょう!

*******************************
子育てパパの単身赴任
著者:さきパパ(市川毅)
Facebook:https://www.facebook.com/tsuyoshi.ishikawa.100
*******************************


-考え方
-

Copyright© 子育てパパの単身赴任 , 2017 AllRights Reserved.