帰省

単身赴任手当で支給される帰省旅費への考え方。3つのタイプを検証

更新日:


子育てパパの単身赴任ブログ運営者の市川です!

あなたが単身赴任だとして、帰省旅費は月1回分、会社より支給されてますよね?
(もちろん会社によりますが~)

しかし、この帰省旅費は実費請求ではない場合が多く、単身赴任での節約の一環で、帰省せずに、「帰省旅費を貯める選択をする方」がいるのも事実です。

今回は単身赴任の帰省旅費を考える上で、3つのタイプについて検証いただき、単身赴任の働き方を、皆さんと一緒に考えたいと思います。

①単身赴任の肯定派は、「帰省旅費」で飲み屋通い

かつて、私の上司に、単身赴任を満喫する方がいました。

彼の帰省は年に1回程度。帰省しても、自分の家に自分の居場所はなく、予定していた帰省期間よりも、早めに切り上げて戻ってくることも度々のようでした。

よって、彼に支払われる帰省旅費は、彼の大好きな飲み屋通いに消えていく始末。

気になって、彼に一度聞いたことがあります。

『退職されたら、家に戻れるのですか?』

彼は答えました。

『退職したら、お互い離婚の方向で考えているよ・・・』

彼の『帰省しない節約法』は間違いなく、有効です。

概算で、1カ月に支払われる帰省旅費×11カ月
(年1回は帰省するとして12カ月ー1カ月)

しかし、この節約した金額は、彼の大好きな飲み屋通いで消えていくのです。

そして、その代償に、彼には『離婚』という選択肢が肥大していきます。

もちろん、これも彼の選んだ人生です。否定する訳ではありません。
ただ、単身赴任そのものが無かったら、彼も違う人生を歩めたのではないかと考えると、少し胸が痛くなります。

②単身赴任の肯定派でも否定派でもない中間層は、言い訳づくり

これは、同僚の話です。
彼の単身赴任への思いは、こんな感じだったのです。

  • できれば家族と暮らしたい
  • 毎週帰省する旅費を、会社が負担してくれるのなら、毎週帰省する
  • 単身赴任は夫婦として、『ちょうど良い、距離感

なんとなくですが、多くの単身赴任者を見ていると、このタイプが一番多いような気がします。

単身赴任を『ちょうど良い、距離感』と表現し、帰省しない言い訳を考えるタイプ

まるで単身赴任を満喫しているような雰囲気を出しつつも・・・、でも単身赴任は反対派。

帰省しない言い訳、その1「ちょうど良い距離感」

一緒に住んでいると、言いたくない事も、ついつい言ってしまい、喧嘩になってしまったりするので、月に1度だけ帰省した方が、新鮮で、喧嘩もなくなり、良い家族関係が築けているとのこと。

この言葉は単身赴任者からは、良く聞く言葉なのですが、やはり納得がいきません。

確かに、私達夫婦も喧嘩が減ったのは、否定できないのですが、だからと言って、ちょうど良い距離感とは思っていないのです。

ただ、彼は、自分に、「ちょうど良い距離感」と必死に言い聞かせ、なんとか納得させているようにも見えました。

確かに、現状を少しでも前向きに生きるには、「ちょうど良い距離感」は適当な言葉なのかもしれません。

帰省しない言い訳、その2「お金の苦痛(ストレス)」

「もし、何回帰省しても帰省旅費が、会社から実費支給されるとしたら、毎週帰りますか?」との私の問いに、彼は、間髪入れずに「ハイ!」と答えたのです。

そして彼は、こう言うのです。
「お金が苦痛」
正直、この言葉が痛いほど、私には共感できました。

皆さんは、大きなお金を使った時、爽快感が残りますか?
それとも苦痛を感じますか?

もちろん買い物の種類にもよりますが、無駄な買い物をしてしまった時は、『一体、このお金で、どのくらいの買い物ができたのか?』と考えてしまい、苦痛を感じてしまうことは多くありませんか?

もちろん帰省は無駄な事ではありません。

ただし、会社から定められた帰省の回数(旅費が支給される帰省)を超えた時、『この帰省は無駄ではないのか?』と、自問自答が始まるのも事実です。

③単身赴任の否定派は、毎週帰省、そして帰省旅費で家計圧迫

毎週帰省し、結果的に帰省旅費で家計を圧迫しているのは私です。

インターネットで調べると、同じようなタイプもいらっしゃるようなのですが、私の周辺にはおらず、かなりの少数派と感じられます。

考えてもみてください・・・
毎月7.5万円を帰省旅費に使う旦那さんを想像してみてください。

もちろん収入の大小にもよりますが、この帰省旅費は確実に家計を圧迫するのです。

家計の圧迫で、ママ友に注意を受ける

そんな私を見かねて、あるママさんに注意されたことがあります。

“ママ友の言葉”
「少しくらい我慢しなさい!家計の事を考えてあげて!」

確かに、ママ友の言う通り!否定はできません。

単身赴任者の世代と言えば、子育て真っ最中のご家庭も多いのではないでしょうか?

また、習い事や進学などで、お金が入用な世帯が多く、いっぱいいっぱいの生活のはずです。

そして、「老後までに、充分な蓄えをしなければ!」という意識さえ働くこの時期に、月7.5万円の帰省旅費は、本来であれば、ありえない話なのです

単身赴任の毎週帰省に対する妻の理解

一方、帰省旅費のお金の苦痛で悩んでいる私に、妻が言った言葉を紹介します。

迷わず、帰ってきたらいいじゃん!
今、我慢したとして、10年後も、同じ環境だと思う?
小学校4年の娘は、今だけだよ!会いに来てあげて!

通常、妻は家計を細かく管理し、将来への備えを考えているイメージが、私にはあります。しかし私の妻は、将来が見えてないのかもしれません。

しかし、私の妻は、将来ではなく『今』を重要視しているのです。

>>悩みは『お金が無い』。今週、帰省を迷っている単身赴任パパへ

もちろん、こんな妻、そうそういるとも思いません(自慢の妻です)。

家計圧迫を気にして、会社から支給のある月1回分の帰省で、旦那様を我慢させる方が、奥様の対応としては、本来は正しいのかもしれません。

最後に

いかがでしたか?

今回は、「単身赴任手当で支給される帰省旅費への考え方。3つのタイプを検証」についてご紹介してまいりました。

あなたは?もしくは奥様は?、3つのうち、どのタイプになりますか?

  1. 単身赴任の肯定派は、「帰省旅費」で飲み屋通い
  2. 単身赴任の肯定派でも否定派でもない中間層は、いい訳づくり
  3. 単身赴任の否定派は、毎週帰省、そして帰省旅費で家計圧迫

ちなみに、どのタイプもハッピーな状況ではありません。
なぜなら、単身赴任そのものが、どこか間違っている働き方と思うからです。

「家族を、地域を、そして自分を」崩壊させる単身赴任という名の働き方。

今一度、考えていただければ幸いです。

関連記事(帰省について)

サザエさん症候群の克服法。単身赴任者の帰省最終日の過ごし方とは

子育てパパの単身赴任ブログ運営者の市川です! あなたが単身赴任者だとして・・・ 帰省中は楽しいけど、帰省最終日、“サザエさん症候群”になっていませんか? 今回は単身赴任の帰省を考える上で、「サザエさん症候群の克服法。単身赴任者の帰省最終日の ...

続きを見る

単身赴任が楽しい趣味を持てない理由。残された家族への後ろめたさ

子育てパパの単身赴任ブログ運営者の市川です! 単身赴任者は、さぞ、自由時間があって、色々と楽しめると思っていませんか? 確かに、人の価値観の問題なので、単身赴任という境遇を、どのように受け止めるのか?によって、自由時間の過ごし方は様々です。 ...

続きを見る

キャリーバッグのフロントオープンは帰省におすすめ(単身赴任編)

子育てパパの単身赴任ブログ運営者の市川です! 帰省・出張・旅行をされる方は、キャリーバッグをお持ちですよね? 今回は単身赴任で、帰省を頻繁に繰り返す私が、帰省におすすめするキャリーバッグをご紹介します。 目次1 単身赴任者おすすめのキャリー ...

続きを見る

単身赴任は家族を大切に思うから帰省する。家族の価値観を考える

子育てパパの単身赴任ブログ運営者の市川です! 単身赴任者は定期的に、家族の元に帰省しますよね? なぜ、帰省するのか?考えたことはありますか? 今回は単身赴任者達へ、「なぜ家族の元へ帰省するのか?」を考えていただき、少しでも多く、家族の元へ帰 ...

続きを見る

帰省時の家の大掃除ルーティーン。ママも喜ぶ単身赴任の家族の役割

子育てパパの単身赴任ブログ運営者の市川です! 家族の一員であるパパは、家族の中で、色々と役割があるものですよね? お風呂の掃除?トイレの掃除?庭の手入れ? パパの役割は力仕事が中心になるのでしょうか? 今回は「帰省ルーティーンは、家の大掃除 ...

続きを見る

おひとりさま新幹線の座席おすすめは?単身赴任の帰省・出張者に必見!

子育てパパの単身赴任ブログ運営者の市川です! 新幹線に乗車する時、あなたにとってのおすすめの座席は、ありますか? 3名席?2名席?、窓側?通路側?、最前列?最後列? 一方で・・・ 単身赴任者(おひとりさま利用)として、新幹線で帰省していると ...

続きを見る

帰省の必須持ち物No1は単身赴任先の合鍵。【一人暮らし必見】

子育てパパの単身赴任ブログ運営者の市川です! 単身赴任者を含めた、一人暮らしの方が帰省、出張、旅行などに行く場合、必須持ち物は、分かりますか? 今回は単身赴任者直伝!帰省時の必須持ち物アイテムをご紹介します。正直な話、これを忘れたら大変です ...

続きを見る

帰省費用の節約術。多くの選択肢を持つ事と、家族時間を見積もる事

子育てパパの単身赴任ブログ運営者の市川です! あなたは単身赴任者として、毎週帰省する方ですか? 毎週帰省すると言うことは、多額な交通費が大切な家計を圧迫していることでもあります。 今回は単身赴任者の①帰省費用を少しでも軽減するアイデア(選択 ...

続きを見る

 

 

*******************************
子育てパパの単身赴任ブログ
著者:さきパパ(市川毅)
Facebook:https://www.facebook.com/tsuyoshi.ishikawa.100
*******************************








-帰省

Copyright© 子育てパパの単身赴任ブログ , 2018 AllRights Reserved.