考え方

単身赴任の帰省することと、趣味を持つこと

更新日:


先輩の趣味は、“サバゲ―”

先日、職場の先輩に、ある趣味を勧められました。
「趣味あるの?もし良かったら、一緒にサバゲ―してみない?」

最初、“サバゲ―”と聞いて、新種の同性愛かと想像しましたが(^^;・・・
よくよく聞いてみると、正式名は「サバイバルゲーム」

スポンサーリンク

サバイバルゲームとは
敵味方に分かれてお互いを撃ち合い、弾に当たったら失格となるのが基本的なルールとなる。ペイントボールが圧搾空気の力で発射される塗料入りの弾を用いるのに対し、サバイバルゲームはBB弾を発射するエアソフトガンを使用するため、「競技者の失格が自己申告制」「主に実銃を模した用具が使用される」という違いがある。
統一されたルールは存在せず、グループや大会、フィールドごとにルールは異なる。サバイバルゲームにおけるルールは一般的にレギュレーションと呼ばれるので、以降の表記は「レギュレーション」に統一する。
引用元:ウィキペディア:サバイバルゲーム

 

補足として、先輩からの説明では・・・
近くにサバゲ―専用の施設へ行き、たまたま、そこに来ていた他の利用者とグループを作り、敵味方に分かれ、エアーガンで撃ちあう“リアル戦闘ゲーム”とのことです。


見ず知らずの人と、急にエアーガンで撃ち合うのなんて、面白いですか?喧嘩になりませんか?

先輩
同じ趣味同士、それは暗黙のルールだしね~!ゲーム終了後は食事に行くほど盛り上がる事もあるんだ!

先輩は、サバゲ―施設に週一で通っているらしく、エアーガンも様々なタイプをお持ちのようであった。まさに「趣味」である。

その他、職場で、良く話題になっている趣味として、海釣り、ツーリングなどが良く話題になる、人気の趣味のようです。

趣味を持つために、必要なものとは?

一方、現在、私の職場は、現場仕事!体力的にも厳しい部署です。しかしタイムカードを切ってしまえば、完全にプライベートタイム!さらに有給の取得率も高い職場です。

前職の「営業」と比較すると、とにかく自分の時間がもてます。

つまり、趣味とは、自分の時間が持てた人に与えられた特権のように感じます。(もちろん例外アリ)

サバゲ―を勧めてきた先輩が言います!
「サバゲ―で無くても良いので、お前は、少し趣味でも趣味を作った方が良いよ!趣味が無いから!こっちで楽しみが無いから!毎週帰省してるんじゃない?」

“楽しみが無いから、帰省する”・・・確かに、図星である!

プライベートタイム(自由時間)もたくさんある!
この条件での単身赴任では、趣味を開拓するには絶好のチャンスなのかもしれません。

しかし、趣味を開拓したい!という気持ちが、そもそも今の自分に無いのです。

おそらく・・・
趣味を広げる、もう一つの条件として、“心のゆとり”が自分に欠けているような気がします。

もし、先輩の勧めるサバゲ―に参加したら・・・
どんなにサバゲ―が楽しくても、楽しもうとする心の受け皿が無いように感じます。

単身赴任2年目!
まだまだ、心のゆとりが出てこない今日この頃です。

*******************************
子育てパパの単身赴任
著者:さきパパ(市川毅)
Facebook:https://www.facebook.com/tsuyoshi.ishikawa.100
*******************************


-考え方
-

Copyright© 子育てパパの単身赴任 , 2017 AllRights Reserved.