育児

テレビを持たない生活は家族の会話を豊かにする【2つのメリット】

更新日:


子育てパパの単身赴任ブログ運営者の市川です!

あなたのリビングには、存在感のある、大きなテレビがありませんか?

そして、テレビに、ひとたび電源が入ると、賑やかな家族の会話が減り、徐々にテレビの内容に吸い込まれていきます。

今回は、テレビを持つことで「失うもの」と、テレビを持たないことで「得るもの」について考えたいと思います。

スポンサーリンク

 

テレビを持たない生活は「パパ友からのススメ」

先日、パパ友ファミリーを家にご招待し、簡単なホームパーティーを行いました。

しばらくすると、そのパパ友が部屋の中をキョロキョロし始めました。

そしてこのように言ったのです。

・・・もしかして、この家にはテレビがないのですね?

いまや、テレビは一家に1台どころか、各部屋に1台!

ニュース、娯楽などの情報を得るアイテムとして、我々の生活には無くてはならないアイテムになっています。

我が家が、テレビを処分したのは5年前、今のマンションに引っ越すタイミングでした。

きっかけは当時のパパ友で、確か、彼のお子さんの通う保育園のススメ(教育方針?)であったような気がします。

そんなパパ友が言ってんです・・・。

「テレビを持たない生活って、結構、いいもんだよ~」

スポンサーリンク

テレビを持たない生活「デメリット?」

テレビを処分した当初、周囲の方にこんな事を言われたのを覚えています。

・・・テレビが無いなんて、極端すぎるんだよ!

何と言っても、子どもがかわいそう!クラスで流行っているアニメや、アイドルなどに付いていけず、たぶん仲間外れになるよ!

そして最悪、イジメにあうだろうな・・・

実際は、どうなのか?

今(小学4年)のところ、娘はイジメに合っていません。

それどころか、友達の数には自信があると言っています。

心配されたテレビの話題(アニメやアイドルなど)も、今ならでは!なんとインターネットから入手しているのです。(まあ、それはそれで問題?)

そして、なんとなくですが、世間全体、テレビ離れもあるのかもしれません。

しかし、ひとつだけ!娘はニュースに、うとかったのです。

小学2年だった頃。日本の総理大臣を知らない事で、友達にバカにされたらしいのです。

しかし、逆に本人には色々なニュースに興味をもったらしく、自ら親に聞くようになりました。

お風呂場では、いつも世界情勢(北朝鮮、トランプ、宗教、人種差別など)を娘に話す場となっていきました。

そして、その話題(世界情勢)を、バカにしてきた友達に、詳しく話し、見返しているらしいのです。(^^;

スポンサーリンク

テレビを持たない生活「メリット」

テレビのない生活は・・・

あたり前ですが、家族の会話「コミュニケーション」が増えます。

食事の時はもちろんのこと、おそらくテレビがあったら、テレビを見ながら、それぞれにケラケラと笑うだけの時間も、家族で色々な話をすることになります。

またマンガ本ではありますが、娘は本をよく読みます。

それも同じマンガを繰り返し繰り返し!本人は「字が読むのが好き」と言うようになりました。

そして、最近は、子供向けの小説を読むようになってきました。

スポンサーリンク

テレビを持たない生活で、取り戻したもの

テレビを持たなくなって5年。

特に大きな不便を感じたことはありません。

とは言っても、長い人類の歴史から見れば、テレビが登場したのは、最近の出来事。

それまでの家にはテレビがないのが当たり前でした。

つまり、テレビの無かった時代に我が家だけ、戻っただけのことです。

むしろ、テレビを持たないことで、2つの大切な物を取り戻したような感覚です。

①家族のコミュニケーション

家族でいる時間は、とにかく会話「コミュニケーション」で溢れています。寝る瞬間まで、おしゃべりが止まりません。

たとえ、世界情勢が多少、うとくなったとしても、あなたは、お子様の友達の事や、妻の悩み事に詳しくなっていることに気が付くことでしょう!

②テレビを置くためのスペース

我が家は、かなりの狭小住宅です。

しかし、家に遊びに来てくれた方のほとんどが言ってくれます。

なんか、この家、広く感じるんだよね~

答えは簡単です。

通常、テレビを置くスペースは、部屋の1等地に、どれほど大きく、のさばっていたのかに気づかされます。

テレビは薄型になったとはいえ、大型化し、間違いなく部屋を圧迫しています。

スポンサーリンク

最後に

いかがでしたか?

今回は「テレビを持たない生活は家族の会話を豊かにする【2つのメリット】」についてご紹介しました。

実は、単身赴任先のアパートにはテレビを設置しています。

なぜなら、テレビでもないと、あまりにも寂しいので・・・

しかし、テレビ電話で家族と話す時は、テレビを消すようにしています。

なぜなら、家族との会話を楽しみたいから!

時々、テレビを消し忘れて、テレビ電話を繋げてしまうことがあります。

そんな時は、娘が注意してきます。

「パパ!会話に集中できないから、テレビ消して!」

「テレビを持たない生活」、是非、お試しくださいね!

こちらの「家族とのコミュニケーション」の記事もおすすめです。
>>家族一緒に寝る効果。言葉を超えるスキンシップのコミュニケーション

関連記事(育児)

あなたの人生で一番楽しかった時代を子供達にどのように伝えますか?

子育てパパの単身赴任ブログ運営者の市川です! あなたは、「昔は楽しかったな~」と思ったことありますよね? これは「思い出補正」といって、昔の悪い記憶は忘れ、良い記憶のみ残り美化されていくためにおこる現象と言われています。だから昔は輝いて素敵 ...

続きを見る

【調査】父親をパパと呼ぶ女性は10.8%。その親子関係とは?

皆さん、現在、両親の呼び方は「パパ、ママ」とは呼んでないですよね? そんな父母に対しての呼び方で、親子関係が分かる時があります。 今回は、私の職場にやってきたアルバイトの女子大生が、父親に向けて使っていた「パパ」という呼び方から親子関係を考 ...

続きを見る

叩かない子育て宣言。離れているから考える単身赴任パパの育児

子育てパパの単身赴任ブログ運営者の市川です! あなたは子育ての一環として、お子様(小学生以上?)を叩いたことはありますよね? そんな、お子様を叩いてしまう感情も、「叩かない子育て宣言」をすることで、親の子育てに対する意識が変わります。 今回 ...

続きを見る

 

*******************************
子育てパパの単身赴任ブログ
著者:さきパパ(市川毅)
Facebook:https://www.facebook.com/tsuyoshi.ishikawa.100
*******************************


-育児
-,

Copyright© 子育てパパの単身赴任ブログ , 2018 AllRights Reserved.