育児

子どもの勉強を見てあげて、コミュニケーションのある家族になる方法

更新日:


驚きのビジネス、「宿題代行屋」

先日のニュースの内容に驚きました。
新たなビジネスとして、「夏休みの宿題代行サービス」が結構、繁盛しているとのことなんです。

サービス内容は、読書感想文や自由研究、工作、各教科の問題回答代行など、夏休みに出される宿題全般が商品のようです。ターゲットは夏休み終わり、気づけば宿題を何もしていないお子さんを持つ保護者といったところでしょうか?

娘は、宿題よりも、「遊び優先派」

うちの娘も、4年生になるのですが、遊び優先!宿題後回し派です。そんな娘には、遊び優先になることを褒めるようにしてます。

スポンサーリンク

さきパパ
勉強は簡単!
一方、遊びは、人とのコミュニケーションを取るための、究極のトレーニング方法!意外と難しいんだよ!大人になって、人とのコミュニケーションが苦手で悩んでいる人が多いんだ!

とは言え・・・
出されてた宿題は、やらなければいけません。

短期集中型、パパの夏期講習

夏休み終盤ともなれば、さすがの娘も、少々ソワソワしてくるのですが~

サキ
私ね~、宿題はパパとやることにしてるから!
教えてくれるの上手だしね!

まあ、パパとして、まんざらでもない、お言葉をいただき上機嫌!
そこで、パパの帰省のタイミングにあわせて、まさに短期集中型、パパの夏期講習が開校します。

夏休みの宿題の、あるべき姿

特に毎年、力を入れているのが、自由研究です!
焦る娘を横目に、“誰に何を伝えたいのか?”、しっかりと娘に考えさせます。そして、娘は悩みながら、パパの意見を参考にしながら、作り上げていきます。

 

この親子で仕上げる夏休みの宿題を親として体感すると、本来の夏休みの宿題のあるべき姿が見えてきます。
つまり、夏休みの宿題は、一人でやらせるものではなく、親子のコミュニケーションのツールとして活用し、仕上げるべきものではないでしょうか?

単身赴任のパパ達へ
ただでさえ、疎遠になりがちな立場です。
なので、来年は帰省のタイミングを狙って、パパの夏期講習を開講しませんか?

冒頭でご紹介した、宿題代行サービス。外注するには、あまりにも勿体ない、親子のコミュニケーションツールだと思います。

*******************************
子育てパパの単身赴任
著者:さきパパ(市川毅)
Facebook:https://www.facebook.com/tsuyoshi.ishikawa.100
*******************************

スポンサーリンク

子育ての関連事項】


-育児
-

Copyright© 子育てパパの単身赴任 , 2017 AllRights Reserved.