考え方

おひとりさまを楽しむ女性達に学ぶ。単身赴任の乗り越える4つの方法

投稿日:


子育てパパの単身赴任ブログ運営者の市川です!

あなたは、「おひとりさま」って分かりますよね?

その名の通り、「ひとり」のことです。

しかし最近は・・・、

ひとり酒、ひとり飯、ひとり旅、ひとりカラオケ、ひとり焼肉・・・、

ひとりでなんでもできる自立した女性を、あえて「おひとりさま」と呼ぶこともあるそうです。

語源としては、レストランや喫茶店で「おひとり様ですか?」と人数を聞かれることから、ひとりでも飲食店に入る女性のことを「おひとりさま」と言うようになったようです。

そして「おひとりさま」とは、独身でも結婚していても、自立しひとりで行動できる前向きな女性、はつらつと生きる、働き盛りの女性達を総称して読んでいます。

今回は、そんな「おひとりさま」を楽しむ女性達に、「単身赴任」での寂しさを乗り越える術を学ぼうと思います。

スポンサーリンク

おひとりさまエピソード「一人を楽しむハムスター」

命の大切さを、娘にも伝えたいと思い、娘と一緒にペットショップへ行きました。

しかし、娘はちょっと動物が苦手、小動物にタッチもできないありさま!(^^;

それにマンションだしな~と半ばペットは諦めていました。

そんな娘が、興味深く小さな動物を眺めているのです。

“ハムスター”でした。

サキ
かわいいね~
さきパパ
苦手じゃなかったっけ?
サキ
ううん、好きだよ!飼ってみたいな~
さきパパ
玩具じゃないからね?お世話できる?
サキ
うん!絶対、お世話にする!

家に帰ると、早速、娘がママにお願いしていた!

サキ
私ね、絶対お世話にするから!ハムスター1匹!飼ってもいいでしょ~
さきパパ
ダメだよ!1匹は!お前が学校に行ってるときなど、独りぼっちになっちゃうだぞ!独りは、本当に寂しいんだぞ~ハムスターの気持ちになってみろ!

ふと!妻の顔を見ると、笑っていた。

あのさ~、ハムスターに単身赴任の気持ちのっけて、お願いしないでよね~。

なんか、凄くリアルなんだけど~(笑)

そして早速、妻は、真相をネットで調べていた

ハムスターは本来縄張り意識の強い動物で血縁なんて意味無いです。
例え親子であろうと兄弟姉妹であろうと殺し合いをする動物なんです。

縄張り意識が芽生えだしたらどうなるか分かりません。
だから単独飼育が基本なんです。

また、ハムスターに寂しいという概念は無いと言われています。

引用元:Yahoo!Japan知恵袋

・・・だってさ!と妻。

さきパパ
なるほど、ハムスターは、1匹でも寂しくないのか~

スポンサーリンク

おひとりさまを楽しむ「お一人様ディズニーランド」

こんな調査結果があります。

Q: ディズニーランド(ディズニーシー)に一人で行ったことありますか?
・男性
ある 36人(19%)
ない149人 (81%)

・女性
ある 30人(30%)
ない 70人 (70%)

引用元:ロケットニュース24 / お一人様ディズニーランドは男性と女性どっちが多いのか?

女性の方が、男性よりも単独行動に慣れているのかもしれません。

確かに、いまこのブログを喫茶店で書いているのですが、目の前の席には30代前後の女性がコーヒーを楽しみながら、スマホをいじっています。

横の席には、40代前後の女性であろうか?何やらスケジュール帳らしきものに熱心に書き込んでいる。

昼時を過ぎた喫茶店ではありますが、ほぼ満席!そのうち「おひとりさま」の女性客は確かに多いのに、改めて気が付かされます。

これはちょっと、「おひとりさま」を楽しむ女性について気になり始めたのです。

それでは、女性の「おひとりさま」を参考に、単身赴任者(男性)にもお勧めの「おひとりさま」ライフをご紹介します。

※ご紹介する順番は単身赴任者である私が、経験値に基づいて厳選しました。

スポンサーリンク

①休日が楽しい「おひとりさまカフェ」

おひとりさま利用の代表格でもある飲食系。

しかし、営業マンであれば、ランチや、カフェの、おひとりさま利用は、日常茶飯事なので、まずは初級編に選ばせていただきました。

もちろん、ココでご紹介するのは、仕事中の「おひとりさま利用」ではなく、休日のおひとりさま利用です。

なぜなら、仕事中の「おひとりさま利用」は、当然?スーツ姿、作業着姿になる傾向が高くなります。

そしてその姿が、「私は、いま仕事中なんで、“おひとりさま”なんです!」という変な言い訳に繋がっているところはありませんか?

休日の飲食利用は普段着となり、いつもと違った感覚があるはずです。

カフェで行える趣味を持とう

そして可能であれば、カフェで行えるプライベート事(趣味など)を作っていただく事をお勧めします。

ちなみに、私は、このブログが、すっかり単身赴任での趣味となり、そして、カフェで執筆する習慣ができました。

カフェで行える趣味であることと、現在の経験を活かして人のお役に立てること、大量に、おひとりさま時間があることなど、“ブログ執筆”は、単身赴任者にとって大変お勧めです。

また口下手な私でも、長時間カフェを利用していると、カフェのおばちゃんと親しくなることもあり、長時間カフェには色々とメリットがあります。

単身赴任者にとって、そんな会話も、大切なひと時です。

電源カフェを探そう

カフェでパソコン作業ともなると、カフェに対するニーズも変わってくるものです。

つまり、パソコンでの長時間作業ともなれば、心配なのが電源の確保です。

最近では、電源やWi-Fiを無料で提供しているカフェも多くなってきており、アプリで検索「電源カフェ」することもできます。

おひとりさまカフェの注意点

長時間作業になるようであれば、そのお店の繁忙時間は避けるように心がけましょう。

はやり全てのことにはマナーがあります。

お店によると思いますが、繁忙の時間帯があるようであれば、その時間帯は避けていただく心遣いは持つようにしましょう。

スポンサーリンク

②休日が楽しい「おひとりさま映画」

次にお勧めしたい、単身赴任者のための“おひとりさまプラン”は映画鑑賞です。

映画館は真っ暗になるため、孤独なあなたの姿を見られることはありません(^^;

まあ、そんな事よりも、あなたの好きな映画を、あなたのスケジュールにあわせて見れるので、よても良い「おひとりさま」アイテムです。

私は平日休みの勤務なので、平日昼間の映画鑑賞が多いのです。

そして平日昼間に、おひとりさまで映画鑑賞をしているシルバー世代の男性は非常に多いです。

公共の場でありながら、ひとりの世界になれる映画鑑賞は、男性に向いているのかもしれませんね。

とは言っても、あなたは距離こそ離れてはいるものの、奥様がいらっしゃいますので、映画を見終わったら、おひとりさまカフェで、奥様に映画の感想などを送ってみてはいかがでしょうか

>>妄想デートプランは映画鑑賞。単身赴任で300km離れた妻との過ごし方

スポンサーリンク

③休日が楽しい「おひとりさまハッピーアワー」

おひとりさま女性の行動を追うと、「おひとり居酒屋」があります。

男性としても、行きつけの居酒屋が数件あることは、ちょっとしたステータスにも繋がります。

しかし、私はあえてお勧めしません。

なぜなら、単身赴任者は、ただでさえ、二重生活で、常に金欠状態!

あらゆる節約方法で、試行錯誤の状況です。

>>単身赴任の食費の節約法6つを紹介。なぜエンゲル係数は上がるのか?
>>単身赴任パパが生活費の実態と具体的な8つの節約方法を語ります!
>>単身赴任者は光熱費の節約を、最初に考えてはいけない理由とは?

よって、ひとり居酒屋は非常に魅力的ですが、あえてお勧めはしません。

※ちなみに、あなたが単身赴任の二重生活でも、それ以上に高所得者であれば、「おひとりさま居酒屋」デビューください!(^^;

そこで、単身赴任の二重生活で金欠中のあなたに、おススメしたい「ひとり居酒屋」は、カフェが行っている“ハッピーアワー”。

私の行きつけのハッピーアワーは・・・、

17時~19時までの間、飲み物2杯(アルコールOK)+食事で1,000円

お店としても、閑散時間の施策として行っているため、長時間作業を伴うパソコン作業と伴にいかがでしょうか?

ちなみに、このハッピーアワーは、おひとりさま女子としても天才肌!、私の奥様から伝授されたものです(^^;

スポンサーリンク

④休日が楽しい「おひとりさまスポーツジム」

あなたは、健康診断の問診で、「週に1回は運動された方が良いですよ!」と、毎年言われ、その時は納得するものの、行動に移せないままになっていませんか?

あなたの、たるんだお腹の脂肪を無くしたいと思う気持ちよりも、見せたくないという気持ちが勝ってしまってませんか?

おひろちさまカフェ、おひとりさま映画、おひとりさまハッピーアワーと比較すると、ちょっとハードルが高めの、スポーツジム。

また公共のスポーツジムなどが、近くにあれば利用料も数百円ということもあります。

またスポーツジム関係は、始めてしまうと、意外と継続性も高いと思いますので、一度チャレンジされることをお勧めいたします。

スポンサーリンク

単身赴任者にお勧めしない、楽しい「おひとりさま」

もちろん、人の趣味嗜好もあるので、おひとりさまを楽しむスタイルも、人それぞれです。

しかし、おひとりさまカラオケ、おひとりさま旅行などは、あなたに、その嗜好がなければ、あえてお勧めしません。

むしろ、そこは離ればなれになっているご家族と一緒に楽しんでいただくために、お金を貯めていただきたい娯楽です。

単身赴任パパは、おひとりさま「旅行」は避けて欲しい

私の周囲には、旅行はご家族と一緒に行かず、一人旅を楽しむパパさんが多くいます。

「なぜ、家族がいるのに一人で旅行に行くのか?」と聞くと・・・、

家族と一緒だと、妻から小言ばかり言われて、半分喧嘩して・・・、楽しくないんだよね~。

それよりも一人旅の方が気ままで・・・、自由に行けて良いんだよ・・・

単身赴任者で、大好きな家族と一緒に過ごしたくても過ごせない単身赴任パパからすると、この価値観は理解しかねます。

また、今回は、おひとりさまを楽しむ女性を参考に、単身赴任者へ休日の楽しみ方をお勧めする記事ですが・・・、

宿泊を伴う旅行をするくらい時間があるのなら、ご家族の元に少しでも帰省してあげてください。

なので、休日に日帰り旅行程度であれば問題ないです。^^;

単身赴任パパでも単身赴任パパでなくても、愛する家族がいるのであれば、パパの役割として、旅行は家族を誘って欲しいものです。

可能でしたら、パパの一人旅は、老後、奥様に先立たれた時のために取っておきましょう。

スポンサーリンク

老後が楽しい「おひとりさま女性」に学ぶ

2年前、父を亡くした

最初こそ、肩を落とし、元気の無かった母ではあったが、最近は精力的に色々な活動に参加している。

母曰く・・・、

「なんかお父さんが体の中に入って来て、一体化した気分なの!だから寂しくなくなった・・・」と話していた。

こう考えると、私の母も「おひとりさま」なのかもしれない。

また、私の妻は40代ですが、マンションで50歳以上のコミュニティーを最近作りました。

理由として、40代くらいまでは子供を通して、コミュニティーが広がるものです

しかし、50代以上ともなると、子供も成長してしまい、コミュニティーが広がりにくいという、マンション住民からの声によるものでした。

そして、実際、50歳以上のコミュニティーを開催してみると、そこへやってくるのは、女性達がほとんど!

彼女達は、生涯独身者、未亡人をはじめ、旦那様がいても、旦那様は家に置いて来て、奥様だけがご参加するスタイルが目立ちます!

やはり女性の「おひとりさま」力は、ここでも健在です。

そんなコミュニティーを見た妻曰く・・・

男性は、変なプライドを感じるな~。

現役時代に会社の役員だったりすると、こんな地域のコミュニティーへの参加は、妙なプライドが邪魔し、参加しないのかも・・・

自分はもっと凄い人なんだぞ~!みたいなプライド。

それに対し、女性達は、例え、元女社長でも、社交的にコミュニケーションを取ってるし、その場を楽しんでるよね~

スポンサーリンク

最後に

いかがでしたか?

今回は「おひとりさまを楽しむ女性達に学ぶ。単身赴任の乗り越える4つの方法」についてご紹介してまいりました。

そもそも男性は、女性と比較して、人生を楽しむのが下手な動物です。

まして、その男性が単身赴任にでもなろうものなら、女性よりも寂しい日々を送る可能性は高くなります。

したがって、たくましく生きる「おひとりさまを楽しむ女性」から、人生の楽しみ方を学ぶところは多いです。

是非、ご参考くださいね

こちらの「単身赴任を楽しめない」の記事もおすすめです。
>>単身赴任が楽しい趣味を持てない理由。残された家族への後ろめたさ

関連記事(考え方)

人を傷つける言葉。家族の姿が普通じゃ無くて何が悪い?結婚出産編

子育てパパの単身赴任ブログ運営者の市川です! おそらく相手は、そんなつもりはなく、でもあなたは傷ついた言葉ってありますよね? 逆に、同じような感じで、人を傷つけてしまったことはありますか? 今回は、普通とは、ちょっと違うスタイルの家族達を、 ...

続きを見る

単身赴任で住民票を移動するな!子育てパパの4つの理由とは?

子育てパパの単身赴任ブログ運営者の市川です! 引越しをしたら、皆さんは住民票を移動してますよね? 私が単身赴任になった時も、これまでの転勤同様に、何も考えず、住民票を動かしていました。 そんな、単身赴任の場合、住民票を移動させない選択肢ある ...

続きを見る

フラリーマンになる理由とは?単身赴任の生活スタイルが羨ましい?

子育てパパの単身赴任ブログ運営者の市川です! 皆さん、フラリーマンって、聞いた事ありますか? 政府が推進する「働き方改革」により、誕生!繁殖しているフラリーマン達。 今回は、そんなフラリーマン達が、なぜ家に帰らず、街をフラフラしてしまう理由 ...

続きを見る

*******************************
子育てパパの単身赴任ブログ
著者:さきパパ(市川毅)
Facebook:https://www.facebook.com/tsuyoshi.ishikawa.100
*******************************


-考え方
-,

Copyright© 子育てパパの単身赴任ブログ , 2018 AllRights Reserved.