ライフシフト

大きな目標の達成方法。マラソン選手も実践する小さな目標物の作り方

投稿日:


子育てパパの単身赴任ブログ運営者の市川です!

あなたは、目標を達成するための「方法」はありますか?

ちなみに、その目標は、あなたにとって、とても大きく、達成することが非常に困難な目標だったら、どのような戦略を立てますか?

今回は、あなたが、とても大きな目標を達成しなければいけない時に役立つ方法を、1人のマラソンランナーが紹介した「目標の達成方法」のお話です。

スポンサーリンク




マラソン42.195kmを感想(達成)するための目標物の設定方法

かなり昔の話になるのですが・・・

あるマラソン選手の言葉が、私の中で名言として残り、色々な場面で、私の支えになってきた言葉があります。

そんな言葉を今回は紹介したいと思います。

目標物は100m先の電柱。マラソンを完走(達成)する方法とは

そのマラソン選手は言うのです。

フルマラソンの42.195kmは、想像以上に長いものです。

あまりにも長く、そのゴールを目標に走ると、途中でめげてしまいます。

そんな時は、とりあえず、100メートル先に見えている電柱を、目標にするんです。

そしてこう思うのです『あの電柱まで頑張ろう!』

もし、その電柱まで走れたら(達成したら)、さらに100メートル先にある電柱まで頑張ろう!と目標を立て直すのです。

そして、その繰返しで、最終的に42.195km先にあるゴールに着いているものなんです。

確か、フルマラソンの大きな大会で優勝された方の、優勝インタビューでのコメントだったと思います。

優秀なマラソン選手といえども、42.195kmを走り切る方法は、色々と考えているようです。

スポンサーリンク




マラソンの目標の達成方法を単身赴任に応用

現在、私にとって、悩みの種は単身赴任です。

しかも、終わりの見えない単身赴任です。

生き方の見直しとして、色々な方法を考えるも、現実は、なかなか難しいものです。

特に大きい見直しプランを考えても、事が壮大すぎてしまい、何から手を付ければ良いのかすら分からない状態です。

そして、しまいには目標達成のアイデアすら出てこなくなります。

そんな時、先程ご紹介した「マラソン選手の目標達成の方法」を思い出すことにしています。

まずは、何か小さな目標を作ってみましょう!

※この小さな目標の、その先のゴールは、必ずあなたの大きな目標にしてくださいね。

最初は1ヶ月くらいの期間で結果が見えてくるもの、達成できるものに取り組んでみるのです。

もし、それをやり切ることができたら、次の目標(2ヶ月くらいで達成可能なもの)を決めてみましょう!

まるで、先程ご説明したマラソン選手が目標にした「電柱」のように、小さな小さな、達成可能な目標です。

スポンサーリンク




目標の達成方法を見失いがちな、単身赴任者たちへ

現在、さ迷い中の私が言うのも、何ですが~

生き方の見直しの中で、

  1. 目標を見失いがちになっていませんか?
  2. 目標が壮大すぎて何から手をつけて良いか分からない?
  3. 絶望感で、諦めてませんか?

今回のマラソン選手が目標とした100メートル先の電柱のお話が、あなたにとって、少しでもヒントになれば幸いです。

ちなみに、マラソンと違い、電柱の先には無数の分かれ道(選択肢)があり、そしてゴールは変わる可能性もあります。

でも、今は、次の電柱という目標は明確にして、ただ寡黙に頑張るのです。

42.195km先にあるゴール(目標)に向かって、まずは100メートル先の電柱まで、走り出してみませんか?

スポンサーリンク




最後に

いかがでしたか?

今回は【大きな目標の達成方法。マラソン選手も実践する小さな目標物の作り方】についてご紹介しました。

あまりにも目標が大きく、達成感を描きにくい時は、大きな目標の前に、達成可能な、小さな目標を、たくさん作りましょう。

是非ご参考くださいね。

こちらの「伊能忠敬に学ぶ名言」の記事もおすすめです。
>>伊能忠敬に学ぶ名言「夢追うのに早い遅いはない。追うかどうかだ」

関連記事(ライフシフト)

******************************
子育てパパの単身赴任ブログ
著者:さきパパ(市川毅)
Facebook:https://www.facebook.com/tsuyoshi.ishikawa.100
*******************************








-ライフシフト
-, ,

Copyright© 子育てパパの単身赴任ブログ , 2018 AllRights Reserved.