生活術

新幹線の、人気の座席&意気な車内放送

更新日:


新幹線の、人気の席「E」

皆さん、新幹線の席は、どこに座りますか?
傾向としては・・・
①外の景色を楽しみたいので、窓側?
②席への座り易さを考えると、通路側?
③3人掛けの真ん中の席は、避けたい席?
・・・といったところでしょうか?

スポンサーリンク

出張者、単身赴任者、必須アイテムのJRエクスプレス予約のスマホ画面による分析だと・・・

ご覧のように、全ての車両「E席」から埋まっていくのです。
カップルであれば、D席とE席を取りたいところですが、1人でもE席にニーズがあるのが分かります。同じ窓側の席「A席」に人気がないため、E席人気の理由は窓側だから!とは限りません。

人気の理由は、富士山?

人それぞれ、色々なニーズはあるので、何とも言えませんが、E席に人気が集中する理由の1つとして、「富士山」があるように感じます。

しかし、新幹線が富士山の、比較的そばを通りますが、富士山の見える確率は、季節にもよりますが、非常に少ないです。(経験値20%?)

新幹線トリビア

意外と勘違いしている人が多い?・・・
東京行でE席から富士山が見えたら、帰りの名古屋行は、逆のA席?と勘違いしている方が、意外と多いように感じます。
新幹線を含め、電車全般は、クルマと違い、終点では、方向転換はせず、そのままバックで帰ってきます。そのため、E席は常に富士山を向くことになります。

E席のデメリット

上記でもご説明した通り、E席に座ったからといって、天候に左右され、富士山を見ることができるとは限りません。(夜であれば尚更)

さらにE席のデメリットとして、お隣のD席に人がきてしまうと、非常に狭い空間になってしまいます。近年、外国人旅行者の増加で、新幹線の乗車率も高まったように感じる今日この頃。D席に人が座る確率は、富士山を見れる確率よりも、はるかに高いです。

その他のお勧め席

A席

富士山とは逆側の景色として、オーシャンビューが楽しめます。またこの席は3列シートのため、間に挟まれたB席に人が座る確率は極めて低くなるます。

そのため、多少の荷物であればB席におけるメリットがあります。(C席のかたと共有しながら)よって、席に余裕があるため、パソコン作業などもやりやすい席になります。

最前列

パソコン作業を考慮すると、最前列がお勧めです。前面に設置された机も、他よりも大きいのがメリットです。パソコンの大きさにもよりますが、最前列以外の席の机はパソコン作業としては少々、狭すぎます。
また、最前列(最後列)、全てのA席E席には電源も確保されています。

最終列

最終列のメリットは、大きくシートを倒せるのが魅力です。疲れている時は非常に助かります。また大きな荷物を持っている場合は、席の後ろに置くこともできます。
ただし・・・
大きな荷物を持ったお客さんに。既に占領されていることもあります。その場合はシートを倒すことも厳しくなることもありますので、要注意。

まとめ

自分ランキング!
①A席・E席(同着)
※A席:移動時間の活用として、パソコン作業を重視したいため
※E席:秋晴れが期待される時は、富士山を堪能したいため
②最前列
※パソコン作業に適した、大きめの机が確保されるため
③最終列
※シート深めに倒し、ゆったりと休みたい時

現在の、ベスト1の席は、最前列のA席で決定!
※富士山が見れるE席も良いのですが、雲で見えなかったり、寝過ごしたりと、見れることが少ないです。

意気な車内放送

澄み切った青空!くっきりと富士山が見える時、こんな車内放送が、たまに流れます。(寝過ごすこともありません)

車掌さんによるのか?この車内放送が流れない時も度々です。
よって、この意気な車内放送が聞けた時は、少し幸せな気持ちになれるのは私だけでしょうか?(^^;

*******************************
子育てパパの単身赴任
著者:さきパパ(市川毅)
Facebook:https://www.facebook.com/tsuyoshi.ishikawa.100
*******************************

 


-生活術
-

Copyright© 子育てパパの単身赴任 , 2017 AllRights Reserved.