考え方

帰省ルーティーン!(帰省中の単身赴任パパの役割)

更新日:


存在感、薄まる単身赴任パパ

単身赴任生活も1年が過ぎようとしている中、残された妻と娘の2人暮らしも、それぞれに役割ができつつあります。

スポンサーリンク

帰省中の出来事・・・
妻が夕食の支度にキッチンに立っていた時。
いつものように、妻が言う
「お風呂も入れて!」

おもむろに立とうとした瞬間、小さな影が横切った。
そして娘がお風呂掃除を始めていたのである。

妻と娘の2人暮らし

それまで、お風呂掃除は、「パパの役割」だったので、娘が掃除している姿は新鮮で、成長を感じました。
妻曰く、「最近、色々とお手伝いしてくれるようになったのよ~

妻と娘の2人暮らしも1年が過ぎようとしている中、パパがいなければ、いないなりに、役割ができている。そして、パパの存在感は確実に薄まりつつあるのは確かなようです。

単身赴任パパの役割は、大掃除ルーティーン!

私の帰省最終日、夜勤業務の関係で、午前中(11時頃)に出発することが多いのです。 まず娘は7時半に登校(お別れのハグ)!妻も続いて8時半には出勤してしまいます。がら~んと、静まり返った部屋の中、私の出発までには、少々時間があったので、少しだけ台所にあった食器を洗ってから出発しました。

その日、妻からは感謝のメールが届き、喜ばれたのは言うまでもありません。しかしメールの最後には「疲れちゃうから、無理はしないでね!」と、ねぎらいの言葉。

こうなると、子育てパパに火が付いた!帰省の度に、掃除範囲は拡大!その都度、妻からの感謝!いつしか、帰省最終日の掃除は、年末の大掃除レベル!パパの帰省ルーティーンになっていったのは、言うまでもありません。

◇子育てパパの大掃除内容
①キッチンの磨き上げ、(食器、シンクの磨き上げ)
②子ども部屋の大掃除
③洗面所、トイレ、お風呂の磨き上げ
④洗濯物、綺麗にタンスに収納(帰省最終日で洗濯ゼロ)
⑤床の水拭き!絨毯ハタキ!
⑥すべてに住所を付けて、元あった場所へ
⑦全てのゴミ出し(ダンボール、電池など)
⑧窓ガラス、幅木の上のホコリ取り

ざっと、2時間あれば、できるものですよ^^

最後の幅木(床と壁の境の壁側にある5㎝程度の部材)の上のホコリ取り!なんとママ友が遊びに来た際に、「幅木の上にホコリが溜まっていないね~」と言われて妻も驚いたとの知らせが届きました。
■ワンポイント(幅木の上のホコリ取り)・・・
ホウキで幅木の上を掃いてから、床を掃除機で吸うと簡単に幅木のホコリ取りができます。

そして大掃除の締めくくりは、妻と娘へ、感謝の置き手紙を残すことも始めました。

この習慣も帰省ルーティーンとして根付いてくると、妻からの感謝メールも、徐々になくなり・・・逆に汚れが残ってたぞ!と指摘が入る事も度々(^^;

しかし、これって・・・
単身赴任パパの役割として、家族に認められた事なのかな~と

自分の役割が、家庭にある喜びを、噛みしめつつ。

*******************************
子育てパパの単身赴任
著者:さきパパ(市川毅)
Facebook:https://www.facebook.com/tsuyoshi.ishikawa.100
*******************************


-考え方
-

Copyright© 子育てパパの単身赴任 , 2017 AllRights Reserved.