体験談

一人暮らしの怖い体験談。単身赴任パパは真夜中が怖く感じる理由とは

投稿日:


子育てパパの単身赴任ブログ運営者の市川です!

あなたは、1人でホテルに泊まる時、明かりを消して寝れますか?

明かりを消す、消さないは、もちろん人の好みにもよりますが、室内の明かりは消した方が、良く眠れると思います。

しかし、慣れないホテルや、引っ越したばかりのアパートでは、明かりを消して寝るのは、少し「怖さ」もありますよね?

私は、独身時代も一人暮らしをしていたのですが、案外、怖いもの知らずでした。

しかし、単身赴任での一人暮らしは、妙に怖いんです。

今回は、その理由を私の実体験(恐怖体験)に基づき、ちょっとお話させていただきます。

スポンサーリンク




一人暮らしの怖い体験談「独身時代編:夜逃げした格安アパート」

学生時代、田舎から上京した友達が、たくましく一人暮らしをする姿は、当時の私にとって、「憧れ」以外のなにものでもありませんでした。

したがって、就職先選びの条件に、「一人暮らしができる」という希望があったのも事実です。

そして就職!憧れの一人暮らしを手に入れることができたのです。

コウモリ屋敷

そんなアパートは・・・、

なんと、前の住民が夜逃げしたところで、家財道具一式が残っていたという物件。

大家さんとは家財道具一式を引き受けることを条件に、家賃も通常よりも安く交渉ができたのを覚えています。

また逆に、家財道具一式なかった自分には、むしろ好都合で、布団などは来客の際、こっそり使わせてもらっていました(-_-;)。

(さすがに洋服や数珠は、大家さんに引き取ってもらいましたが~)

しかし、今、考えると夜逃げした人が、どんな人かも知らず、さらに、そのアパートの部屋の鍵を持っていることから、いつでも夜逃げした人は部屋に戻れる環境でした。

でも、憧れの一人暮らし!喜びで、そんな怖さは、どこかへ吹き飛んでいました。

一人暮らしの怖い体験談「独身時代編:コウモリ屋敷」

しかし、このアパート、引越し当日から、色々な事が起きるのでした。

まず、引越し当日、雨戸を開けようとしたら、戸袋に100匹以上のコウモリを発見!大量の糞と、コウモリを、棒でかき出すこと3時間!

まさに、記念すべき憧れの一人暮らしは、悪戦苦闘の作業から始まったのです。

そして最後には、雨戸を引き出すとコウモリの赤ちゃんが、ホラー映画のごとく、10匹程、うごめいていました。

かわいそうではありましたが、そのまま玄関の外へ出し、見て見ぬふりをした(-_-;)。

最終的に戸袋にはガムテープで、強力にふさいだのですが、毎晩、巣に戻ろうとするコウモリの襲撃が1カ月は続いたと思います。

ちなみに、真夜中には、窓にコウモリがぶつかるような音が絶えません。

そして朝起きると、戸袋を、ふさいでいたガムテームがコウモリの爪でビリビリに!

まさに、コウモリ屋敷!

それでも、憧れの一人暮らし!喜びで、そんな怖さは、どこかへ吹き飛んでいました。

一人暮らしの怖い体験談「独身時代編:屋根裏の猫」

コウモリの襲来が治まった頃・・・

このアパートの造りは、2階建ての、超長屋タイプ(同じフロアには20件?)なんです。

(当時で築40年だったと思います)。

そして毎晩、屋根裏をネコが走り回るのですが、それがダイナミックなんです。

どうも屋根裏は全室繋がっているようで、端から端まで全速力で走ってくるのです。

まさに、遠いところから走る足音が聞こえはじめ、自分の部屋の屋根裏をダイナミックな音をたて、また遠いところへ走り去っていく足音を体感できます。

この当時、この部屋に泊まった友達は、この現象に驚き、一晩中寝れなかったようです。

それでも、憧れの一人暮らし!喜びで、そんな怖さは、どこかへ吹き飛んでいました。

一人暮らしの怖い体験談「独身時代編:ボヤ騒ぎ」

毎晩続く、屋根裏に住みつく猫たちの大運動会の中・・・

夏の夜、寝苦しさもあり、水を飲もうと水道の蛇口に手を伸ばすと、大きなネズミがシンクを走り回っていた!

さすがに驚き、後ずさりして、キッチンの窓を見ると、うっすらと赤くなっていたのです。

窓を開けるとゴミ捨て場が、赤い炎を出しながら燃えている。

この後、人生初めての119番に電話をしました。

(後にも先にも、今のところ119番の経験は、この1回だけ)

消防車が来るまで初期消火をして欲しいと、消防署の方にお願いされ、お風呂の水をバケツに入れて、人生初めての消火活動も経験することができました。

この時、近所付き合いは無かったのですが、同世代の青年も出てきて一緒に消火活動をしました。

その後、警察からの事情聴取を受けたのですが、どうもそ連続放火魔のようでした。

それでも、憧れの一人暮らし!喜びで、そんな怖さは、どこかへ吹き飛んでいました。

一人暮らしの怖い体験談「独身時代編:変死体」

隣近所の付き合いは、あまり無かったので、協力して消火活動をした青年と喜びあったのを覚えています。

そして近所付き合いが始まると思いきや、この青年が、後日、変死体で発見されたようでした。

(なぜ変死体で発見されたのか?詳しい情報を知る事はできませんでした)

 

ここまでくると、さすがに当時の友達からは、「このアパート、何かあるよ!引っ越した方がいいよ!」と何度も言われていたのを覚えてます。

しかし、私には、それでも憧れの一人暮らしの「御殿」に見えていて、そんなに、気にかけることなく、そのまま2年暮らすのでした。

一人暮らしの怖い体験談「単身赴任パパ時代」

今となると、なんであんなアパートに好んで住んでいたのか?不思議に思えるのですが、やはり、あの時は、とにかく一人暮らしに憧れていたんだと思います。

そして現在、単身赴任生活の拠点として選んだ物件は、新築物件!隣近所の防音もしっかりしていて、コウモリ屋敷のアパートと比較すると、静かな夜を過ごすことができます。

しかし、そんなある日、いきなり大きな音が寝静まった真夜中に、おきたのです!

『ガシャーン!』

思わずオジサンにはありえない程の、かん高い声を出してしまった

『きゃー!!!』。

ゆっくりと、部屋の明かりを付けると、蛍光灯のカバーが外れ、落ちて来たのです。

また落ちた衝撃も強く、蛍光灯のカバーは、床で粉々に!

すぐに原因は判明!

確か、天井が高く、いい加減に取り付けてしまった記憶もあり、おそらくそれが原因とすぐに分かりました。

しかし、原因は分かってはいるものの、その日を境に、しばらく、部屋の明かりを消して寝ることができなくなってしまいました。

蛍光灯

単身赴任者が一人暮らしを、怖がる理由とは

コウモリの襲来、屋根裏の猫たち、シンクのネズミ、ボヤ騒ぎ、変死体・・・

次から次へと、怖い体験をした、独身時代の、憧れの一人暮らし。

友達に引越しを勧められても、2年間住み続けた怖いもの知らずの私。

なのに、単身赴任では、新築物件での一人暮らしにも関わらず、夜が怖いんです。

なぜなら・・・

家族の温かみを経験すると、ひとりが無性に怖く、不安な気持ちなるのかもしれません。

あれほど、憧れていた一人暮らし・・・

怖く、寂しくてたまりません。

せめて、今のアパートで、コウモリが出てこない事を祈るばかりです(-"-)。

最後に

いかがでしたか?

今回は、「一人暮らしの怖い体験談。単身赴任パパは真夜中が怖く感じる理由とは」について、実際に起きた体験談をご紹介してまいりました。

一人暮らしを憧れる人は別として、様々な理由で、一人暮らしを強いられる人は多く存在します。

ちなみに、私の母は、2年前旦那を亡くし、現在、一人暮らし。

そんな母が言うのです。

「みんな一人暮らしになっちゃったね~」

単身赴任パパとしては、回避できる「望まない一人暮らし」は無くしていきたいと決意が深まる今日この頃です。

あなたは、どう思いますか?

こちらの「二重生活のトラップ」の記事もおすすめです。
>>単身赴任による二重生活トラップ!記憶が混乱する「あるある体験談」

関連記事(体験談)

 

大切な人を見失う単身赴任生活「父の危篤に足踏みした事情に後悔」

子育てパパの単身赴任ブログ運営者の市川です! もし、あなたのお父様の危篤の知らせが届いたら、急いでかけつけますよね? 危篤の知らせが・・・、 夜中であれば、タクシーを拾って飛び出す! 重要な会議中であっても、上司に事情を伝えて、会議室を飛び ...

続きを見る

無言のコミュニケーション。妻と生活音で会話する単身赴任のテレビ電話

子育てパパの単身赴任ブログ運営者の市川です! 話題が無くなり、会話が途切れると、少し気まずくなりますよね? 付き合いだしたカップルでは、話題も途切れることは無いと思いいますが、やはり時間の経過と共に話題も無くなるのもです。 しかし、その無言 ...

続きを見る

妄想デートプランは映画鑑賞。単身赴任で300km離れた妻との過ごし方

子育てパパの単身赴任ブログ運営者の市川です! あなたは妄想デートをしたことありますか? 学生時代、片思い異性に対し、1日デートを妄想してませんでしたか? 私の場合、妄想がエスカレートし、その気になる異性と結婚し、子供も授かったものです。^^ ...

続きを見る

*******************************
子育てパパの単身赴任ブログ
著者:さきパパ(市川毅)
Facebook:https://www.facebook.com/tsuyoshi.ishikawa.100
*******************************








-体験談
-

Copyright© 子育てパパの単身赴任ブログ , 2018 AllRights Reserved.