考え方

男性(単身赴任者)が、人生を楽しめる時期はパパ時代

更新日:


着ぐるみのアルバイト

学生の時のアルバイトで、私は着ぐるみの中に入っていました。今でこそ、“ゆるキャラブーム”もあり注目されることがありますが、当時(27年前)は、ちょっと過酷なアルバイトのイメージがあったと思います。

スポンサーリンク

それでも、自分にとっては天職ではないかと思うくらい熱中し、テレビ等にも出演したのを記憶しています。将来は着ぐるみ劇団に入ろうと、知り合いから紹介を受けるところまでいっていました。

そんな着ぐるみの中から、世の中を観察したとき、興味深いお話ができるので、ご紹介させてください。

男女の違い

着ぐるみに入るアルバイトは、遊園地やデパートが中心でした。主に、お子さんを中心に、グリーティング(握手)や、記念写真、各種パフォーマンスをするのがお仕事です。しかし、一緒にいる親御さんや、カップルなどへも、色々と楽しんでいただくため、常にユニークな動きができるよう、日々、研究・・・。

そんな着ぐるみの中からの視界は、キャラクターにもよりますが、悪いです。しかし、視界が悪い分、人の“”の動きが、老若男女に関わらず、手に取るように分かる時があるのです。

世代別に男女の違い

■赤ちゃん世代~
着ぐるみの中から見ても、赤ちゃんは最高です。頭を撫でると、微笑む子、泣き出す子、様々ですが、いずれも愛らしいです。この時期に男女の違いは感じられません。

■幼稚園の年長さん世代(5歳~)
男性:ちょっと暴力的になってきます。(蹴られます)
女性:優しいです。正義感に溢れ、蹴ってきた男の子を注意してくれます。

■小学校
男性:着ぐるみの中には、人間が入っていることを知っていると、やたら自慢します。
女性:優しいです。男の子の発言に、「そんな事、言っちゃダメ!」って注意してくれます。

■中学生~高校
男性:ヌイグルミの顔を取ろうと、集団で襲いかかってきます。
女性:優しいです。アホな男の子の行動に対し、呆れ顔になります。

■大学生
男性:急に無関心になります。関わりを拒否し無視されます。
女性:優しいです。「握手してもらっても良いですか?」と近寄ってきます。

■大人
男性:目の前に立っても、視界に入らないようです。
女性:優しいです。「暑いのに、お疲れさまです。」とねぎらってくれます。

■中高年
男性:泥酔状態の男性に絡まれたことがあります。
女性:優しいです。記念写真と言われ強引に引っ張られました(^^;

もちろん、上記の観察結果は、傾向値であり、全ての人に当てはまることではありません。しかし、この傾向値は、かなりの高確率で男女の違いとして現れてきます。

スポンサーリンク

着ぐるみの中の私に言わせると・・・
女性は、人生を楽しむ天才!一方、男性は人生を楽しむのが下手な動物です。どの世代も女性は着ぐるみに対し、楽しもうとする、受け入れ態勢が出来ています。しかし男性は受入れようとはしないのです。

そんな私も男性です。その男性の気持ちは、すごく分かるのです。改めて、人生、損をしてるな~と着ぐるみの世界から男性(自分)を見ていました。

着ぐるみを受入れてくれる男性とは

ほとんどの男性は、着ぐるみの存在を受入れないと説明いたしました。しかし、ある男性のタイプだけは、着ぐるみを受入れてくれるのです。

それが「パパ」、唯一、着ぐるみを受入れてくれる男性なのです。

特に、赤ちゃんを抱いたパパは、ママ同様、着ぐるみに近寄って来てくれるのです。そのパパの笑顔は、心から楽しんでもらえていると、確信できる笑顔です。

しかし、このパパですら魔法が解ける瞬間があります。
パパも含め、そのファミリーと楽しんでいると、ママが言うのです。「パパ!ちょっとオムツ交換してくるから、ココで待ってて・・・」。残されたパパは、急によそよそしくなるのです。そして最終的には、視界から着ぐるみの私を消し去ります。

つまり、パパは子どもといる瞬間だけ、着ぐるみを受入れてくれるのです。そして子どもがいなくなった瞬間、パパは男性に戻るのです。

単身赴任パパも性格が変わる

妻と娘が暮らす地域では、娘が0歳からお世話になっています。保育園では、保護者会長をしてみたり、市民館では父親向けの講座(川崎パパ塾)を主催したりと、「パパという第二の名刺」を最大限に活かしてきたと思います。
知り合いの子ども達も多いので、よく挨拶されます。さらに、子ども達と近況を話し込むことも度々です。

ただし、このオープンな私の性格も、新幹線を乗り継ぎ、赴任先に近づくにつれ、固い殻の中に入って行くのを感じます。赴任先のアパートに着いた頃には、完全に無口な、近所と交流を取らない男性が出来上がっているのです。
まるで、赤ちゃんを抱いて、着ぐるみの私と笑顔で絡んでくれていたパパが、オムツ交換で赤ちゃんを手放した途端、無口になったしまった、あのパパを思い出します。

スポンサーリンク

おそらく、この男性特有の性格は、本能?遺伝子?によるものだと思います。私自身も、どうにもならないのです。

とはいえ、着ぐるみから見えていた女性達のように、男性達も、できれば人生を楽しみたいもの!そのキーワードが「パパ」のような気がしてなりません。

「子育て」「パパ」「単身赴任」。このキーワード達が、男性として、人生を楽しみ続ける術を教えてくれ様に感じる今日この頃です。

*******************************
子育てパパの単身赴任
著者:さきパパ(市川毅)
Facebook:https://www.facebook.com/tsuyoshi.ishikawa.100
*******************************

 


-考え方
-

Copyright© 子育てパパの単身赴任 , 2017 AllRights Reserved.