節約術

生活費の「電気代、ガス代、水道代」を節約する前に、考えたい節約

更新日:


ライフラインの経費は、意外と小さい?

ただでさえ、出費が多くなる単身赴任。少しでも出費を抑えたくなるものです。そこで今回は、節約すべきポイントを単身赴任者なりの角度から分析したいと思います。

スポンサーリンク

なんとなくですが、節約って聞くと・・・
①電気代の節約
②ガス代の節約
③水道代の節約
・・・などのライフラインあたりが、最初に浮かびませんか?

もったいないから・・・
①クーラーを付けないで我慢?
②お風呂はシャワーにしてみたり?
③洗濯も極力まとめて?
・・・といった節約をイメージしがちです。

もちろん地球環境も考えて、ライフラインを節約する気持ちは大切です。ただし、ちゃんとポイントを抑えないと、出費を抑えることにはあまり繋がりません。

月間のライフラインの使用料

①電気代

②ガス代

③水道代

それでは、細かく見ていきましょう!
電気代とガス代には基本使用料があります。基本使用料の節約はできないため、除外して考えましょう。また水道代は2カ月分になるので、1か月分として半額で考えることにします。

よって、節約可能な、1カ月のライフライン経費は・・・
①電気代⇒1,332円/月(44円/日)
②ガス代⇒1,348円/月(45円/日)
③水道代⇒1,963円/月(65円/日)

当然、ライフラインの、かかり方は季節にもよりますし、その人の生活スタイルもあるので、全ての人に同じ傾向があるとは申しませんが、当たらずも遠からずではないでしょうか?

ここで、ちょっと考えていただきたいのです。
現在、私は暑いときは冷房を付け、寒くなれば暖房を入れます。エアコンに関して、特に節約している生活スタイルではありません。そんな私がエアコンの節約をしたとします。1日44円の電気代を、どれほど落とせるか?という節約になるのです。おそらく努力した割には、節約される金額はかなり少ないです。

もちろん冒頭でもご説明したように、地球環境を考慮しライスラインの節約は人類としても大事なのことなので、是非、気にかけてください!

水分補給は自販機を利用する習慣

現在、私の仕事は、外の作業がメインになります。よって季節にもよりますが、かなりの水分補給が必要です。

例えば・・・
自販機で毎日1本のドリンクを買ったとします。値段は500mlのペットボトル1本150円とします。毎日飲むと月4,500円となります。ちなみに毎日2本飲んだら9,000円。かなり高額になります。しかし、1日単位で考えると、気軽に払える値段です。

そして、このドリンク代の節約方法はいたって簡単です!ただ水筒を持参する習慣を付ければいいのです。

もちろん、それぞれの生活スタイルで節約ポイントは変わりますが、私のように、ライフラインの費用そのものが低い可能性がありますので、充分にチェックしてから節約に取り組んでください。

*******************************
子育てパパの単身赴任
著者:さきパパ(市川毅)
Facebook:https://www.facebook.com/tsuyoshi.ishikawa.100
*******************************


-節約術
-,

Copyright© 子育てパパの単身赴任 , 2017 AllRights Reserved.