生活術

単身赴任ならでは!帰省時のバック&荷物を紹介!

更新日:


子育てパパの単身赴任は荷造り上手

子育てパパの単身赴任は、ちょっとした出張者よりも、たくさん長距離を移動します。
既に交通費に関しては、節約をテーマに“帰省旅費(交通費)の節約術は、家族時間を見積もること”にてご案内してまいりました。

今回は帰省時には欠かせないバッグ&荷物について、単身赴任ならではの観点で、色々なアイデアをご紹介します。ご参考になる箇所だけでもいいので、つまんでいただければ幸いです。

スポンサーリンク

最も重要な持ち物、BEST1は、「家の合鍵」

先日の帰省で、こんな事があったのです。
いつものように家族との時間を楽しみ、新幹線、在来線を乗り継ぎ、単身赴任先に戻ったきた時のこと!アパートの玄関前で青ざめたのです。

「アパートの鍵が無い!」

呆然と立ちすくむ中、さらに最悪なのが、通勤に使っている車のキーは、アパートの中にあるため、会社にも行けない。そして運悪く、タッチダウンで会社に出勤しないと間に合わないタイミングでした。ひとまず落ち着いて、解決策を考えたのです。

一つ目は・・・
アパートの管理会社が持っている合鍵を借りに行こうと思ったのですが、うちの管理会社は合鍵を預からない主義であったことを思い出しました。

二つ目は・・・
鍵屋さんにへの依頼。しかし時間も無いし、新幹線の中で長時間スマホを見たせいか、スマホの電源が切れていて、鍵屋さんが探せない。

三つ目は・・・
とにかく、諦めて、会社はタクシーで行き、しばらく近所のホテルで過ごす。その間に、妻に頼んで鍵を送ってもらう。

四つ目は・・・
アパートの管理会社には悪いが、自分の部屋の窓ガラスをタタキ割る。
※警察に通報されないかドキドキ!(^^;

・・・と考えていたら、キャリーバックの底から、鍵が出て来たので、一安心。しかし一歩間違えれば、シャレにならない結果になるところでした。

それ以降、合鍵は、キャリーバックの中の網に取り付けるようにしました
出張や旅行の際のホテルと違い、自分のアパートへ帰る帰省では、部屋の鍵が重要になりますので、ご注意ください。

BEST2以下は・・・

アパートの合鍵ほど重要な物は、現時点、ないのですが、せっかくなので子育てパパの単身赴任ならではの持ち物を紹介していきましょう!

置き着替え

頻繁に帰るようであれば、下着を中心に、ある程度、家族のいる家に置いておきましょう!
と言っておきながら、置き着替えは、そんなに重要なポイントではありません。気が向いたら程度で構わないと思います。

クーラー袋 or クーラーBOX(折りたたみできるもの)

子育てパパの単身赴任としては、できれば推奨したい逸品です。つまり単身赴任先のアパートを長期間、空ける為、冷蔵庫の備蓄を細かくコントロールできたとしても、帰ってきたら、食材を腐らせてしまうことも度々でした。

そんな時は節約も意識して、冷蔵庫の食材を持って帰り、極力、食材の無駄を無くしましょう!クーラー袋 or クーラーBOXは、その持ち運びに使います。

逆に家族が住む家から、単身赴任先へは、おかずを多少持ち帰りましょう!単身赴任先へ到着した直後に食べるものがある幸せもありますが、やはり節約に繋がります。

とにかく食材を細かく動かすことで、食材を腐らせるリスクを最大限、小さくしていきましょう!

バッグについて

最後に、持ち運び用のバックのお勧めは、やはり、タイヤが付いた“キャリーバッグ”がお勧めです。上記でご紹介しました荷物以外に、二つの家を往復させる荷物は、効率性を高めるため、毎回多くなります。まるで行商人のようです。よって、キャリーバッグでなくても、荷物の重さを軽減できる、タイヤ付きのバッグがお勧めです。

そして、再び持ち帰る必要のあるものは、すぐにキャリーバッグの中に入れる習慣を付けましょう!なぜなら、家の中での紛失を避けるためです。

またキャリーバッグは道中、中身を取り出すことが困難になるため、キャリーバッグの上に固定できる、“手持ちバック”も必須です。

★ポイント11倍&送料無料★NEW MODEL BENETTON ベネトン ZIPキャリーケース 2BE8-46H★前段ポケット仕様で便利★100席以上の機内持込可能★TSAロック★2~3泊、旅行、カラフル仕様、横型トローリーケース コロコロ

価格:17,280円
(2017/9/18 18:21時点)
感想(12件)

まとめ

単身赴任者が帰省時に、絶対に持って欲しい持ち物は、ズバリ!「単身赴任先の合鍵」です。

また単身赴任先の冷蔵庫の中身も細かく、家族の住む家の冷蔵庫と共有し、食材を腐らせる無駄を省きましょう。

そしてバッグはキャリーバッグがお勧めです。食材の持ち運びをはじめ、節約を意識すればするほど、荷物は多くなります。タイヤ付きのバッグが重宝するのです。さらに細かな荷物用にキャリーバッグの上に固定できる手持ちのバッグもあると便利です。

【補足】
帰省の際の持ち物として、合鍵をお勧めしてまいりました。しかし単身赴任者(一人暮らし)の場合、会社への出勤を含め、全ての外出の際に合鍵はカバンの内ポケットあたりに入れておいた方が良いです。私の場合、会社(外出先)で万が一、鍵を紛失した場合・・・
①車の鍵も紛失となるので、家に帰れない
②なんとか家に帰っても、家に入れない

上記は一人暮らし(単身赴任者)の方ほど深刻ではないものの、家族と一緒に暮らしている方にも、あてはまると思います。

・・・と言う事で、合鍵の保管場所は、「家の中」という方は多いと思うのですが、家族と一緒に住まわれている方も含めて、合鍵は、家の中ではなく、持ち歩くことを強くお勧めします

*******************************
子育てパパの単身赴任
著者:さきパパ(市川毅)
Facebook:https://www.facebook.com/tsuyoshi.ishikawa.100
*******************************


-生活術
-,

Copyright© 子育てパパの単身赴任 , 2017 AllRights Reserved.