生活術

単身赴任パパがインターネット契約の実態と具体的な節約方法を伝授!

投稿日:


子育てパパの単身赴任ブログ運営者の市川です!

あなたは、インターネットの契約ってどうされていますか?

一般家庭にパソコンやインターネットが入って来てから、今年でまだ20年くらいではないでしょうか?

インターネット契約の歴史としては・・・、

電話回線⇒ADSL⇒光回線⇒ポケットWi-Fiと進化し、20年経った現在も大きく進化しています。

今回は単身赴任者本人である私が、実体験を元に、単身赴任にお勧めの「失敗しないインターネット契約選び」をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク




インターネット契約の種類(今さら聞けない)

おそらく、私が結婚した1998年、妻との新婚生活が始まった頃に、我が家はインターネット契約をしたのを覚えています。

確か「ピンクのクマ」がメールを運んでいたように思います。

インターネットの歴史

わずか20年程の歴史ですがこんな感じです。

電話機に挿しこまれた、電話回線を抜いて、パソコンに挿し、「ピーガガガ」とパソコンから音がなりながらインターネットに繋がるのを待った時代。

※ちなみにインターネット中は電話はできませんでした。(同じ回線を使用しているため)

その後、デジタル回線のISDN時代!と思ったら、アナログのADSL回線が登場!デジタル回線よりも速いということから、爆発的にインターネット利用者が増えたと思います。

たしかスーパーの特設コーナー等で「Yahoo!BB」とプリントされた赤いパーカーを着たお姉さんを見かけたのはこの時期だったと思います。

そこから、光回線やケーブルテレビ、ポケットWi-Fiなど、多種多様なインターネット契約が世の中に出てきたと思います。

スポンサーリンク




単身赴任者の間違った「インターネット契約選び」その1

初めての単身赴任で、新居に入居すると、不動産屋さんとの手続きの段階から、インターネット契約を勧められることもあるでしょう。

特に、まもなくやってくる、単身赴任の寂しさが予想されるこの頃は、

インターネットを繋げること=単身赴任の寂しさを少し和らげること

と連想することができるため、インターネット契約を急ぎたくなるのも事実です。

実体験としても、スマホを通してのテレビ電話は、離ればなれになってしまった家族とコミュニケーションを取るための唯一の手段!と言っても過言ではありません。

そして、よく調べることもせずに、不動産屋さんに、勧められるがまま、光回線あたりのインターネットを契約してしまった単身赴任者がたくさんいるのです。

光回線のインターネット契約を単身赴任者にお勧めしない理由

  • 契約料金以外に工事費用も発生する
  • すぐに回線が使えない
  • 他社に移行する場合、違約金が発生してしまう

上記の理由は、キャンペーンなどにより、サービスされたりすることもあるため、実際と異なる場合もあります。

しかし、家族帯同ではなくなる、あなたの生活スタイルを考えると、そもそも家に固定式のインターネット環境はナンセンスなのです。

家に固定式のインターネット環境は、家族全員でインターネットを楽しむ際に、とても有効ではありますが、単身赴任者の、あたなには向いていないケースが多数発生します。

スポンサーリンク




単身赴任者の間違った「インターネット契約選び」その2

「インターネットの歴史」のところで解説もしましたが、昨今、インターネットの選択肢は非常に増えています。

なので、あなたにあったインターネット契約を選んで欲しいのです。

そんな私ですが、光回線には契約しなかったものの、間違ったインターネット契約をしてしまったので、その失敗談を先にご紹介します。

単身赴任者にお勧め、ポケットWi-Fiだけど

私の単身赴任が始まったのは2016年!この時点でポケットWi-Fiのインターネット契約料金も下がってきており、最安値3,980円/月でインターネット使い放題という契約を見つけて速攻契約をしました。

ポケットWi-Fiが単身赴任者にお勧めな理由としては、帰省時の新幹線の中でも使えますし、カフェでパソコン作業をする時も有効です。

ただ、それまでは、ポケットWi-Fiは契約料金が高めという難点があり敬遠していたのですが、料金が安くなっていたので、思わず飛びつきました!

しかし!

この後にも説明しますが、現在は、インターネット契約が乱立中!どんどん新しい契約スタイルが出てきます。

また実際に単身赴任の生活をしてみると、予想と違う生活パターンも多く発生します。

そして別契約にしようと、契約したばかりのポケットWi-Fiを解約しようとしたとき、言われたんです。

「違約金、コミコミで38,000円」

これは詐欺にかかった訳ではなく、ポケットWi-Fiの機械を無料でもらう条件に、「2年契約してもらった場合に限る」という文言を見落としていたのです。

よって解約料金とポケットWi-Fiの機械を買い取る形となり、その値段が発生してしまったのです。

単身赴任のインターネット契約の「注意点」

私の失敗談を教訓に考えると、単身赴任のインターネット契約の「注意点」は・・・、

「違約金」を注意すべし!です。

通常、違約金のイメージは1万円前後ではないですか?

この1万円前後のイメージは、端末料金返済後(2年以上)、解約指定月以外に解約した場合の違約金です。

そして、単身赴任である、あなたの環境とは

  • 家族帯同ではないこと(おひとりさま)
  • 生活環境に変化が起きやすい状況であること(来月、家族帯同かも?)

またインターネット契約の市場動向としては

  • 新たなインターネットプランは次から次へと誕生する状況であること

つまり、単身赴任である、あなたのインターネット契約のポイントは・・・、

契約期間を長期的にみてはいけません。

短期で見ましょう。

スポンサーリンク




単身赴任者パパにお勧め「インターネット契約選び」その1

上記でご説明した「単身赴任者の間違ったインターネット契約」を参考に、ここからは、「単身赴任者にお勧めのインタネット契約」をご紹介します。

インターネット利用が少なければ、格安SIM「LINEモバイル」

あなたが「子育てパパの単身赴任」なのであれば、ネット環境で一番大切にしたい内容は、家族とのコミュニケーションです。

それも電話ではなく、テレビ電話が、何よりも重要となるはずです。

そこでお勧めなのが格安SIMの「LINEモバイル」です。



LINEモバイルの「メリット」

電話番号がいらず、インターネットのニーズ(ネットサーフィン等)もあまり無いようであれば、500円/月~可能です。

ただ、あなたは社会人なので、各種登録にも、おそらく電話番号は必要なはずです。

よって、電話番号付で1,110円/月~がお勧めになるでしょう。

LINEモバイルの最大の特徴は「LINEの利用」は無制限になります。

つまり、あなたの家族とのテレビ電話は1日24時間繋げっ放しでも1,110円なのです。

ちなみに1,110円プランには1G/月のネットが楽しめます。

※画質やブラウザーによって違いはあるが、1Gは平均1GBあたり500分間(8時間20分)の動画が視聴可能だと言われています。

※WEBサイトの閲覧回数を、Yahooのトップページを閲覧できる回数で換算すると、1Gでは4338回の閲覧が可能とといったことになります。

※実際は高画質動画などもあるため、傾向として上記よりも短くなると思ってください。

インターネット利用が多ければ、格安SIM「DTI」

インターネット利用が多いとは、あなたがインターネットで動画を1日16分以上の閲覧をされるのであれば、格安SIM「DTI」の選択肢を持ちましょう。

2,900円/月でLINEを含め、インターネット全体が使い放題になります。

ただし1日の中で、通信量が他の利用者の平均利用容量を著しく超えるときは、通信速度が一時的に遅くなることがあります。

※ただし毎日0:00時に解除。



DTIの「メリット」

1日の中で利用制限はあるものの、格安SIMとしては珍しいネット使い放題!しかも最安値。

単身赴任の寂しい夜を含め、多くのインターネット利用をされるのであれば、使用量を気にせず使うことができる「DTI」がお勧めです。

 

格安SIM「LINEモバイル&DTI」のデメリット

格安SIMの電波は大手キャリア(ドコモ、ソフトバンク、au)を借りています。

そして回線が混み合う時間帯などは、大手キャリアの契約者を優先に電波を使わせるため、格安SIMは回線速度が著しく遅くなります。

しかも、ご家族とテレビ電話をする夕食前後の時間帯は特に遅く、ご家族の映像がスムーズに流れなかったり、止まったりします。

ただし、この速度の実感は人それぞれ、あなたがご家族とテレビ電話されるタイミングは、回線が混み合う時間帯ではないかもしれません。

よって、まずはお試しいただくことをお勧めします。

スポンサーリンク




単身赴任者パパにお勧め「インターネット契約選び」その2

単身赴任のインターネット契約ですが、まずは上記、格安SIMをお試しください。

その上で、回線速度等にご不満がある場合は、これからご紹介するポケットWi-Fiの選択肢を持つようにしましょう。

つまり、いっぺんに揃えてはダメですよ!

段階を踏んで契約していきましょう。

ポケットWi-Fiは「レンタル」

年々、ポケットWi-Fiの契約料金は下がっています。

ただし、2年縛りの契約がほとんどで、途中、他の魅力的なインターネット契約に乗り換えようものなら、冒頭でもご紹介した、私の実体験エピソードの違約金38,000円という高額な請求になる場合がほとんどです。

そこで単身赴任である、あなたが気にすべき点は・・・

  • もしかしたら、単身赴任という環境は、今月で終わりかも!?(不安定な状況)
  • もしかしたら、来月、あらたに魅力的なインターネット契約が出てくるかも!?

つまり、高額な違約金が発生する可能性が非常に高い状況にいるということを自覚してください。

以上を踏まえた上で、ポケットWi-Fiを検討すると、「レンタル」という新しいインターネット契約が登場しています。

なかでも「Fuji Wi-Fi」は格安2,980円で使い放題プラン(3日10Gの利用制限あり)を提供しています。

最大のメリットはレンタルになるため、急に来月単身赴任が終了し、解約しても違約金はありません。



単身赴任者にお勧めインターネット契約「まとめ」

そろそろ、あなたは頭が混乱してきましたか?

インターネット契約は、様々なプランが乱立しているのが現状です。

まあ、各社の企業努力の結果として、前向きに受け止めましょう。

最後に、分かりやすく比較表でご紹介します

プラン あなたの特徴 あなたにお勧めプラン 料金 備考
電話番号 インターネット利用
必要 不要 少ない 多い かなり多い
A       LINEモバイル 500円  
B       LINEモバイル 1,110円  
C       DTI 2,900円 ※利用制限あり
D       LINEモバイル 1,110円 合計4,080円
※利用制限あり
Fuji Wi-Fi 2,980円
E       LINEモバイル 1,110円 合計7,110円
※利用制限なし
Fuji Wi-Fi 6,000円
F       Fuji Wi-Fi 6,000円 ※利用制限なし

 

【注記】
・上記プランは全てスマホ端末はSIMフリーで持っていることが条件です。
・D,Eプランは端末2台持ちになります。
・家族とのテレビ電話は全プラン、LINEビデオ通話を想定してます。

冒頭でもご紹介したように、あなたは社会人なので、各種登録などで、電話番号が必要とされるケースが多いため、現実的にはプランB~Eあたりで選択になると思います。

しかし、電話番号の必要性も今後変化するかもしれませんので、A,Fの選択肢は常に意識するようにしましょう。

スマホ端末の購入について

今回ご紹介しましたプランは、全てSIMフリー端末を別途購入いただく必要があります。

現在、iphoneの最新機種であれば10万円を越える料金設定です。

ただし、あなたが、スマホ端末に拘りが無ければ、2万前後から購入可能です。

また、オークションサイトなどでの購入も選択肢に入れることで、端末購入費用を抑えることは可能です。

スポンサーリンク




最後に

いかがでしたか?

今回は「単身赴任パパがインターネット契約の実態と具体的な節約方法を伝授!」についてご紹介いたしました。

ただでさえ、単身赴任の二重生活で、出費がかさむ環境です。

インターネット契約をはじめとする、契約関係は最初が肝心です。

そして少しでも節約できた分で、ご家族の元へ帰省する費用に回していただければ幸いです。

是非、ご参考くださいね。

こちらの記事もアパート契約でおすすめです。
>>単身赴任は家具家電付きアパートから始めよう。失敗しない物件選び

関連記事(生活術)

単身赴任の食費の節約法6つを紹介。なぜエンゲル係数は上がるのか?

子育てパパの単身赴任ブログ運営者の市川です! あなたが単身赴任だったら、1カ月の食費をだいたい把握してますよね? 当然ですが、家族と暮らしていると、家族全員の食事と合算されるため、自分の食費だけ把握はするのは困難です。 またエンゲル係数もご ...

続きを見る

単身赴任パパの二重生活費の実態と具体的な8つの節約方法【実録】

子育てパパの単身赴任ブログ運営者の市川です! これから単身赴任が始まる時、二重生活により、どのくらいの生活費が必要なのか?気になりますよね? そんな不安や疑問をお持ちのあなたに、私の単身赴任の実体験に基づく、生活費をご紹介します。 また単身 ...

続きを見る

単身赴任者は光熱費の節約を、最初に考えてはいけない理由とは?

子育てパパの単身赴任ブログ運営者の市川です! あなたは生活費の節約と聞いて何を連想しますか? おそらく、光熱費の節約などが最初に連想していませんか? 良く聞く節約法の、ひとつ・・・ 『お風呂は、続けて入りなさい!』 ⇒単身赴任生活、いったい ...

続きを見る








-生活術
-, ,

Copyright© 子育てパパの単身赴任ブログ , 2018 AllRights Reserved.