地域社会

パパの頑張り(活躍)を見せるのは地域活動が最適

更新日:


サキ
パパの仕事って、見てみたいな〜
さきパパ
ん?興味あるの?
サキ
うん、頑張っているところ見てみたい!
だけど、会社、遠いんだよね~

子どもに、パパの頑張る姿を見せるという事(ファミリーデー)

ご存知でしょうか?欧米では、自身の子どもを職場に連れてきて、働く姿を見せることを推奨しています。日本の企業も近年、“ファミリーデー”として、取り組みが盛んになってきているようです。

スポンサーリンク

このファミリーデー、効果は絶大みたいです。
【会社側として】
①社員ひとりひとりに大切な家族がいることを社内で共有
②家族を大切にする職場の雰囲気づくり
③ワークライフバランスの推進
【家族側】
④家族へ、仕事への理解が促進
⑤親の頑張り(活躍)を子どもが見て、親を改めて尊敬するようになる。

今回は、⑤の親の頑張り(活躍)を見せる!について考えたいと思います。
ファミリーデーにも色々とあるようで、実際に職場(オフィス)を見学するようなケースもあれば、家族招待会として、バーベキュー大会などのイベント系もあります。
日本では比較的、後者が盛んなような気がします(私の会社も含め)。しかし親の頑張りを見せるのであれば、やはり実際の仕事風景だ!

しかし、家族の職場見学は、一部の職種・環境に限定

家族が、パパの職場を見学するには、一定の条件が存在します。
実際、家族が職場見学ともなれば、安全面や対外的な問題もでてきます。基本、オフィス系の職種など一部に限られるのかもしれません。

一方、家族の職場見学が難しい職種として、機密情報を扱う職種や、危険を伴う職種があげられます。環境としては、“単身赴任”も、職場見学の開催が、距離的に難しい環境です。

スポンサーリンク

地域活動は、全てのパパに平等に与えられた、家族に頑張り(活躍)を見せる舞台

家族(特に、“自身の子ども”)には、親の何が、すごいのか?
実際に親の頑張り(活躍)を見せてあげるのことは、子育てをしていく上では大切です。

そこでお勧めが「パパの地域活動」

お祭りの中心(やぐらの上)で、太鼓をたたくという派手なものから、ブースで焼きそばを作る姿まで、パパの頑張り(活躍)は家族へ伝わります。また地味な地域活動として、街の清掃活動や落書き消しなども、家族へ、その頑張り(活躍)が、ちゃんと伝わります。

ちなみに、私の場合は・・・
夏の帰省中、地元で毎年開催される“灯篭流し”のスタッフをしています。そこでカメラマン&止まった灯篭の救出係を担当しているんです。長靴をはき、川に入り、頑張る姿は、娘にしっかりと伝わります。

この写真は、その時、娘が撮影したもの!
「あれ!パパなんだよ!」と、嬉しそうにお友達に教える娘の声が聞こえてきた夏の日でした。

灯篭流しで、パパが頑張り(活躍)が伝わる写真

*******************************
子育てパパの単身赴任
著者:さきパパ(市川毅)
Facebook:https://www.facebook.com/tsuyoshi.ishikawa.100
*******************************

 


-地域社会
-, ,

Copyright© 子育てパパの単身赴任 , 2017 AllRights Reserved.