地域社会

パパは地域の子ども達のヒーローになろう!

更新日:


サキ
パパ!お友達に、こんな事、言われたんだけど・・・
「さきちゃんのパパって、私達と遊んで、くれるよね~
だから大好き!うちのパパは、私のお友達と絶対遊ばないな~」
さきパパ
あら・・・ありがとう!
なんか、そう言われて、とても嬉しいよ(^^)/

子どものお友達に、パパは、どう映ってる?

ピンポーン!(玄関のベルが鳴る)

「〇〇で~す!」(子どものお友達だ!)

さきパパ
ごめん、今日、さきは他のお友達と遊びに行っちゃって、いないのよ~

「じゃ~、さきちゃんパパ、あそぼ!」

これは、放課後の一場面だ。娘のお友達と遊ぶことは、良くあるのだが、最近は娘がいなくても、お友達が誘ってくれるようになった。ほんと光栄な話である。

スポンサーリンク

パパが地域の子ども達と交流するということは?

持論ではあるのですが・・・

ママは、自分の子どもの、お世話が中心!
パパは、地域の子ども達の、お世話が中心!

やはり、親は2人いるので、それぞれ同じことをするのでは無く、役割を決めたいものです。神風特攻隊員の遺書に学ぶ、「父親の役割とは」 の章では、主にパパの役割として、ママのサポートを取り上げてみました。
今回は、パパの役割に、もう一つ追加するとしたら?を考えてみたいと思います。

パパの、もう一つの顔は、「地域のパパ」になろう!

やる事は単純です。自分の子どもが、お友達と遊ぶとき、一緒に遊ぶだけです。
昔から、一緒に遊んでいるパパは大丈夫だと思いますが、子どものお友達と遊び慣れていないパパにとっては少々ハードルが高いかもしれません。
しかし、メリットは色々あるので、是非、今からでも、違和感なく溶け込めそうならチャレンジして欲しいのです。

スポンサーリンク

ちなみに、私の場合、よく遊んだアイテムは・・・
娘が、“ブレイブボード”にはまっていた時期があり、娘のお友達数人と、よく遊んでいました。
特に子ども達に人気があったのは、子どもの手を取り、クルクルと回してから、勢いよく放り出す遊びです。(ちょっと危険なところもあるので、充分注意は必要)

この遊びをしていると、周りで見ていた子ども達も寄ってくる!「回してあげようか?」と呼びかけると、嬉しそうな目をして飛び込んでくる。
気が付けば、娘も知らないお友達も加わり、大勢で、暗くなるまで遊んだものです。

こうなると、子ども達には、私が、大人であるという壁が取り払われ、子ども達の世界に入って行けるのです。街で通りすがりに、「さきちゃんパパだ!」と声をかけられ、ちょっとした有名人になった気分も味わえます。

パパが地域の子ども達と遊ぶメリット5つ

パパが、地域の子ども達と遊ぶメリットは非常に大きい
①お友達のママも、自由時間が持てる
②大人が混じって遊んでいれば、怪しい大人の人も声をかけてこない
③遊んでいる途中、大きな怪我などあった場合は、迅速に行動できる
④パパが、街中を散歩していると、子ども達の顔がわかるので、防犯にもなる
⑤子どものお友達にとっては、自分の親以外との貴重な交流になる(世代間交流)

子ども達と遊ぶパパは地域のヒーロー

今回の単身赴任に繋がる、転勤辞令で、職場でも、送別会が行われた。
そして、地域の子ども達も、手作りの送別会を企画してくれたのです。

スポンサーリンク

最後に、そのお友達のパパからひと言・・・
「さきちゃんパパは、うちの子ども達のヒーローになっているみたいです。
なんか、うらやましいです!」

みなさんも、地域のヒーローパパに、なってみませんか?(^^;

*******************************
子育てパパの単身赴任
著者:さきパパ(市川毅)
Facebook:https://www.facebook.com/tsuyoshi.ishikawa.100
*******************************

 


-地域社会
-,

Copyright© 子育てパパの単身赴任 , 2017 AllRights Reserved.