パパカメラ

年賀状アイデア(メッセージボードを持って、おもしろ家族写真)

投稿日:


皆さんは、今年の年賀状、どんなイメージ、アイデアで作ろうとしてますか?お子様やご家族のお写真を使うのであれば、ちょっとしたアイデアをご紹介いたします

スポンサーリンク

年賀状用に家族写真を、わざわざ撮影してみよう

写真にはメッセージ性があり、その思いを写真とあわせて残そうと、“写真はメッセージ添えて、今の「思い」を、未来へ伝えよう”で、ご紹介してまいりました。

写真はメッセージ添えて、今の「思い」を、未来へ伝えよう

目次1 フォトコンテストは、メッセージが必須1.1 講評抜粋1.1.1 写真はメッセージを添えて、未来に思いを伝えよう フォトコンテストは、メッセージが必須 写真がもつメッセージ、もちろん「受け手次第」で色々なメッセージに変化します。 下記 ...

続きを見る

写真にメッセージを残すポイントとしては、既に撮影した写真を見ながら、後付けで、メッセージを考え、添えていくものです。
今回ご紹介する撮影方法は、メッセージを付けるのは後付けではあるものの、写真にメッセージが付くことを前提に撮影する写真アイデアです。

メッセージ用の吹き出しを、実際に持って撮影する

撮影方法は簡単です。
A2サイズ程度の白いボードを持って撮影するだけです。白いボードとして最適なのは、ハレパネ等があれば最適です。軽い素材のため、お子様にも色々な持ち方でチャレンジいただけます。

またダンボールに白い紙を貼っていただいてもOKです。ただし白いボードが小さすぎると、目立ちにくくなるため、ある程度の大きさが必要です。

【編集前】
こんな感じで持ってもらいます

編集ソフトで白いボードにメッセージを入力

そして加工できるソフトを使い、白いボードの上にメッセージを上書きしていくのです。特別なソフトがなければ、パワーポイント、エクセルなどでも文字を書いていくことは可能です。(年賀状ソフトも編集できると思われます)

【編集後】

通常の写真に吹き出しを付けて、メッセージを書いていくよりも、写真の中の人が実際に持っている吹き出しに書いてあるメッセージの方が、なんとなくですが、その人の意志を感じ、強いメッセージとして伝わってくるものです。

色々と応用編(Facebook・インスタグラム・ツイッター)

最近はFacebookやインスタグラム、ツイッターなどで、新年の挨拶ににしている方も多いと思います。その際も是非、今回のアイデアをご参考いただけると嬉しいです。

いつもと違った、ご挨拶になること間違い無し!

*******************************
子育てパパの単身赴任
著者:さきパパ(市川毅)
Facebook:https://www.facebook.com/tsuyoshi.ishikawa.100
*******************************

【パパカメラの関連記事】


-パパカメラ
-,

Copyright© 子育てパパの単身赴任 , 2017 AllRights Reserved.