地域社会

他人の子供を叱ることができますか?地域で子育て協力者を10人作ろう

投稿日:


子育てパパの単身赴任ブログ運営者の市川です!

あなたは家の周辺を散歩しているとします。

すると、目の前にいた「見ず知らずの子供」が、路上にゴミを捨てました。

さて、あなたなら、どうしますか?

今回は、昔の地域社会にはいた「近所の怖い大人(オジサン)」、そしてマナーを守らない子供達を彼らは叱っていた。

この大人達について、皆さんと一緒に考えたいと思います。

スポンサーリンク




他人の子供を叱る時は「ご意見箱」に疑問!

私の家族が暮らす地域は、いわゆる子育てファミリーには人気のある地域で、少子化の現在でも、あと数年は人口が増え続けると言われています。

そんな地域にある1つのマンションに暮らしているのですが、単身赴任生活をする前は、マンション組合の副理事長を経験させていただきました。

今回は、月に1度の理事会での、ある議題を紹介させてください。

内容は、マンション内のクレームの件、記憶は薄れてしまったのですが、ご意見箱に入っていた1通のクレーム!おそらくこんな感じだったと思います。

・・・最近、マンションのロビー付近で、子どもが騒いで走り回る姿を目にします。

ロビーで騒ぐことを、やめさせてください!・・・

子育てファミリーが多く暮らす地域に存在する、うちのマンションは、少子化問題も、どこ吹く風?子育てファミリーが年々増え、賑やかになっています。

そんなところで投函されたクレームでなのです。

このクレームを受け、理事会ではこんな意見が中心だったような気がします。

確かに、最近の親は、子どもが騒いでも注意してないので、気になります。

おそらく意識が低いのでしょう!どうしたらいいものでしょうか~?

この意見に、理事会全体が、深く頷いていたように思えます。

私も、この子供が、自分の娘っぽかったので、終始、冷や冷や~・・・

スポンサーリンク




子供を叱るのは「親だけの責任」に疑問!

しかし、この理事会が終わってから、何か腑に落ちず、スッキリしませんでした。

「なんか違うな~」と。

確かにマンションの住人には、子育てファミリーが多いですが、高齢化の影響で?高齢者も多く住んでいます。

その高齢者の立場から見れば、静かに暮らそうと思っていたところに、孫でもない子どもの騒ぎ声は、ちょっとキツイのかも知れません。

さらに、ママたちは、ママ同士おしゃべりで夢中!自分の子どもの行動に無関心な時があるのも事実です。

でも腑に落ちないのです。

しばらく考えて、やっと腑に落ちない理由が分かりました。

やはり、潜在的に、みんな思っているのです。

「子育ての責任者は、その家庭の親だけ」

スポンサーリンク




他人の子供を叱る事ができる地域社会を作ろう

今回、ご紹介したマンションのクレーム。

詳しい状況は分からないのですが、あの時の理事会で、私はこのように発言するのが、正解だったのかもしれません。

子供達の、しつけの責任者は親であるとした上で・・・、

ロビーで騒ぐ子供達を叱り、注意すべき人、責任者は、本当に、そのだけなのでしょうか?

昔の日本は子ども1人あたり、叱る大人、気に掛ける大人は地域に10人いたと聞いたことがあります。

まずは両親、そして祖母祖父、さらに先生や地域の方達です。つまり子育ては地域社会が見守っていたのです。

今回のクレームのケースだと、この騒いだ子供達を注意できるのは、この子供達の問題行動を疑問に感じ、その時一番近くにいた人、つまりクレームの投稿者です。

「子育ての責任者は、その親」と決めつけてしまう潜在意識がある限り、この問題の根本的な解決にはならないと思います・・・

実際は、発言していないコメントなので、ムーブメントは起こしていません(^^;

親の意識改革「他人が自分の子供を叱る地域社会」

もちろん忘れてはいけないのは、親の意識改革です。

「最近の親は、子どもが騒いでも注意してないので、気になります」と地域の方に言われても仕方のない光景が散見されるのも事実です。

そこは親達も反省し、意識改革が必要です。

そして、さらに受け入れなければいけないところは・・・、

「あなたの子供が他人に叱られる」ことに感謝する気持ちです。

もちろん、他人が子供を叱る際のマナーもあり、一概に全てを受入れるのは厳しいと思います。

ただ、他人の子供を叱りにくい、この世の中で、勇気を出して叱ってくれた地域の方への感謝は受け止めるようにしましょう。

スポンサーリンク




最後に

いかがでしたか?

今回は「他人の子供を叱ることができますか?地域で子育て協力者を10人作ろう」についてご紹介してまいりました。

子ども達は、家族の!地域の!日本の宝です。

しかし、「時に厄介者、責任者は、その親のみ」の潜在意識に陥りがちです。

この潜在意識が、少子化の流れを加速させています。

まずは、地域社会に叱ってくれる、気に掛けてくれる大人が10人いた昔の日本をお手本にすることから始めませんか?

まずは、あなた、パパから始めませんか?

こちらの記事も「マンションの苦情」に関する記事でおすすめです。
>>マンションの苦情「ロビーや部屋で騒ぐ子供達」の事情をご存知ですか?

関連記事

パパが全力で遊び、地域の子供達のヒーローになるメリットとは?

子育てパパの単身赴任ブログ運営者の市川です! あなたは、あなたの子供や、地域の子供達と全力で遊んでいますか? パパには、ママとは違う、色々な役割があると思うんです。 今回は、パパが子供達と遊ぶ際に、是非、参考にしてもらいたいお話をご紹介しま ...

続きを見る

公園の禁止事項多すぎて遊べない!戸惑う子供達「何したらいいの?」

子育てパパの単身赴任ブログ運営者の市川です! あなたはお子様と公園に遊びに出かけているのであれば、最近の公園は禁止事項が多すぎて、何も遊べない状況になっていることはご存知ですよね? 今回は、昨今ニュースでも話題になる「禁止事項ばかりで、遊べ ...

続きを見る

単身赴任を選択した理由。子供が繋げた「パパと地域社会」とは?

子育てパパの単身赴任ブログ運営者の市川です! もしもの話です。 あなたに転勤辞令が出たとして、あなたは単身赴任を選びますか? その理由は何ですか? 今回は、なぜ私が単身赴任を選択したのか?その理由を紹介したいと思います。 あなたも、明日は我 ...

続きを見る

*******************************
子育てパパの単身赴任ブログ
著者:さきパパ(市川毅)
Facebook:https://www.facebook.com/tsuyoshi.ishikawa.100
*******************************








-地域社会
-,

Copyright© 子育てパパの単身赴任ブログ , 2018 AllRights Reserved.