育児

所ジョージさんの名言「苦労とか努力っていう人はたぶん才能ないんだと思う」を子育てに置き換えてみる

更新日:


さきパパ
さきは将来、何がしたい?
サキ
私はね、歌うことが好きだから、音楽がしたいな~
さきパパ
すごいね~もう、やりたい事が見つかってるんだ!

スポンサーリンク

子どもには好きな事をやらせたいと願う親心!なのに現実は?

子どもの為と、学習塾に通わせ、そして名門学校に入学させる。さらに大学までは!できれば一流企業に就職!一生困らない生活を送って欲しいと思うのは親心です。よって少しでも勉強ができないとなると、親の願いのレールから外れてしまい、親は焦りだします。

確か、その子が産まれた当時は、健康であれば、それ以外、何もいらない!と願ったはずなのに、親としても色々と「欲」が出てくるものです。

スポンサーリンク

義務教育で培う、苦労癖&努力癖

少子化の影響もあり、子ども一人当たりの教育費などは高騰しています。その影響なのか?周りのお友達も、親の期待を一身に受け止めて、放課後は学習塾に通いだす。もちろん義務教育では人生で、最低限の知識を身に着けなければいけないところです。努力と苦労を惜しんではいけません。

しかし、義務教育が終了しても、「苦労癖・努力癖」が身に付いてしまい、それを美徳?と捉えていた節が、皆さんありませんか?
苦労しても、努力すれば、報われるという感覚は誰でもあると思います。

苦労は義務教育まで!義務教育が終わったら、好きな事を探そう!

こんなブログを見つけたので共有させてください

・所ジョージさん「苦労とか努力っていう人はたぶん才能ない」
・千原ジュニアさん「失敗や反省を大変と感じるなら向いてない」
・苦労している感覚がない分野で力を発揮しよう
引用元:らふらく

つまり、苦労した!努力した!大変だった!と感じた分野は、その人に向いていない可能性が高いというのです。
要するに、人にとって、好きな分野とは、苦労しても苦労した感覚はない、努力しても努力した感覚はない、大変でも大変だった感覚はないものです。

子育てに置き換えて考えてみます。
「苦労した!努力した!大変だった!」という感情は、義務教育の分野までにしましょう!
なぜなら、それを習得しないと、人生で飯が食えなくなる可能性が高くなるため。

スポンサーリンク

子どもが、成功する分野とは

しかし、子どもの将来を考えた時・・・
「苦労した!努力した!大変だった!」という感情が発生しない分野に導いてあげるのも親の役目ではないでしょうか?つまり、その子が100%の力が発揮できる分野、好きな分野、向いている分野、継続できる分野とは、最終的に大成功を収める可能性が高い分野であり、充実した人生を送る事ができると思うのです。

まとめ(親の役割)

■親の役割
①義務教育の分野は、苦労させてでも頑張らせよう!
※人生には苦労や努力が大切な事であること、この時期に教えよう
②好きな分野を見つけてあげよう
※色々な事に挑戦・体験させ、自分に向いている分野を見つけさせよう

*******************************
子育てパパの単身赴任
著者:さきパパ(市川毅)
Facebook:https://www.facebook.com/tsuyoshi.ishikawa.100
*******************************

子育ての関連事項】


-育児
-, , , , ,

Copyright© 子育てパパの単身赴任 , 2017 AllRights Reserved.