働き方

ライフシフトの原動力(キッカケ)は、会社の倒産か単身赴任か

投稿日:


変動する業界地図と、呑気なサラリーマン?

従業員食堂で、昼食を済ませた私を確認すると、目の前に座っていた先輩が、話してきた。
『うちの会社も、そろそろヤバいんじゃないか~?』

 

確かに、最近は大きな会社でも倒産する。吸収合併、分社化など、業界地図が大きく変化している。
自分が定年退職を迎えるまでは、自分の会社は安泰!と見るのは、確かに少々厳しいのかもしれません。

倒産は、将来をデザインし直す最大の原動力(キッカケ)

この先輩の言葉を聞いて、少しも動揺しない自分に気が付いた。
ちなみに、動揺しない根拠に、『絶対に倒産するはずがない!』という気持ちが働いたわけではない。

現在、私は、望まない単身赴任を続けています。そして、将来設計を日々練り直しています。あたり前の流れかもしれませんが、将来をもっと大きくライフシフトさせるプランも常に考えています。

ただ昔から、私は周囲の評価や行動に影響され、普通に学校に通い、一般的な会社に入社した。つまり自分で人生をライフシフトさせることに、基本的に慣れていないのである。

スポンサーリンク

サラリーマン中毒

昔、上司が言っていた。
「毎日、会社で、それなりに働いていれば、会社の業績には基本的に左右されず、月1回(給料)、生活するには充分なお金が銀行口座に振り込まれる。そして年2回、かなりまとまったお金(ボーナス)が、さらに振り込まれる。
こんなサラリーマン生活、なかなか辞められない・・・」

大した冒険もせず、一般的な会社に入社、そして給料は、そんなに上がらないのかもしれないが、周囲の仲間と、さほど変わらない給料が安定して支払われる生活。
まさにサラリーマン中毒である。
他に夢を抱いていたとしても、リスクを冒す勇気と経験が無いのである。

もし、あなたの会社が、本当に倒産したら?

冒頭でお話した先輩の言葉
『うちの会社も、そろそろヤバいんじゃないか?』

この言葉を聞いた時、実は、こんな事が脳裏をよぎっていた・・・
おそらく自分は、会社が倒産でもしない限り、自分の将来をデザインし直さないように感じた。もちろん今、会社が倒産しては大変、困る。
ただ、そのくらいの変化が来ない限り、自分に変化を起こす勇気が沸かないのである。
まったく、どっぷりとサラリーマンと言う名の『湯船』に浸かっている自分が情けない。

スポンサーリンク

単身赴任というライフシフトの原動力(キッカケ)は掴んでいる

会社が倒産すると言う危機は、将来的にやってくるのか不明である。しかし、私は単身赴任という名のライフシフトの原動力(キッカケ)は、確かに現在、掴んでいる。

この原動力(キッカケ)が今後、どの程度のパワーを自分に与えるのか未知数ではあるが、 ライフシフトさせる考えは止めずに、考えていこう。

あなたの、人生のライフシフトの原動力(キッカケ)を教えてください・・・
・ライフシフトされた方⇒どんなキッカケでしたか?
・これからライフシフトを検討されている方⇒どんなものが、キッカケになりそうですか?

*******************************
子育てパパの単身赴任
著者:さきパパ(市川毅)
Facebook:https://www.facebook.com/tsuyoshi.ishikawa.100
*******************************


-働き方
-, ,

Copyright© 子育てパパの単身赴任 , 2017 AllRights Reserved.