育児

子供自慢から見えてくる親の心理と意識改革の必要性

更新日:


勉強に向いている子、向いていない子

職場の同僚と子育て談義になった。
彼の息子は1年生、全国の統一テストでも、トップクラス!最近は地球儀を眺めながら、世界の国の人口を比較し、なぜかその比較した2つの国の人口の最大公約数を算出する遊びにはまっているとのこと・・・

うちの娘は4年だが・・・
おそらく『最大公約数』という言葉すら、知らないだろう~
つくづく、子どもによって、勉強は向き不向きがあると思ってしまった。

スポンサーリンク

勉強に不向きな子は、本末転倒?

先日のテレビで、武田鉄矢さんが言っていた。

日本では、学校の勉強に向いていない子どもに、勉強をやらせすぎ・・・

勉強に興味もなく、やる気もないのに、大学まで行くものだから、授業にも出ず、アルバイトに専念し、何も得ぬまま大学卒業!なんて珍しい話でもない。

ちなみに、大学にもよりますが、私立文系で、学費を1授業(90分)で割ると、1授業は4,000円程度になると聞いた事がある。つまり授業をサボって時給1000円のアルバイトをするということは、本末転倒なことをしていることに、いつ気づけるかである。

子どもの評価は勉強だけではない

同僚の息子の凄さを一通り聞いた後、次は私の番みたいな、変な雰囲気になった。

えっと~・・・うちの娘は、まったく勉強はダメだしな~・・・

~そうだ!(ふと思い出した)~

でもね?自慢できることが、ひとつあるよ。
小学校4年生になると、周りのお友達が、ほとんど塾に行ってしまい。遊ぶ友達がいなくなったみたい。でも諦めず、片っ端から、『今日、遊ばない?』とお友達に聞いて回るらしいんだ。

普通だったら、めげると思うんだけど、うちの娘はめげずに、遊べるお友達を探し続けるみたい。
親が持っていない社交性を持っているね~、ちなみに、大人とも対等に話をするよ!

同僚の優秀な息子に対抗すべく、自慢を並びたてて話したが、正直、無理やり感漂う自慢話だった・・・(^^;

しかし・・・
ふと同僚の顔を見ると、目が輝きながら言ってきた。

まじですか?
うらやましいですよ~
やっぱり子どもって、そうじゃなきゃ!

多少、同僚も気を使ってくれたのかもしれないが、同じパパ同士、子どもの自慢話をする時間なんて、なんかホッコリする気持ちになれました。

スポンサーリンク

子どもの多様性は、まず親の意識改革から

やはり、親としては子どもには、学校の勉強が出来て欲しい。でも向いていないのであれば、他の道をアドバイスしていくのも、親の役目かもしれません。

とは言っても、学校の勉強は出来て欲しい!と願うのも親心。
まずは、親が周りに左右されない信念を持つことから始めよう!
そして、子どもにとって、本当に向いている進路について語り合っていこう。

自分の子供が優秀だったら、謙遜はするものの・・・
ちょっと自慢したくなりませんか?
逆に優秀でなかったら?どうしますか?
ちなみに優秀って、何ですか?

*******************************
子育てパパの単身赴任
著者:さきパパ(市川毅)
Facebook:https://www.facebook.com/tsuyoshi.ishikawa.100
*******************************


-育児
-,

Copyright© 子育てパパの単身赴任 , 2017 AllRights Reserved.