ママのブログ

ママのブログ6:単身赴任による、子育てへのストレス(子供の不眠)

更新日:


夜中、娘が急に起き上がった。
しばらくすると、娘は、また横になった。
『寝れないの?』と聞いても、何も返事をしない娘。

不眠症の娘

旦那が、単身赴任になってから、1年が経過した頃だった。
急に娘が「寝れない・・・」と言い出してきたのです。それまでは5分もたたない内に寝静まる娘だったので、最初は冗談かと思うほど。

スポンサーリンク

また、ある時は、夜中、起き上がり、2つの布団を、必死にくっつける娘。しかも何度も起き上がり、布団をくっつけるのです。
『寝れないの?』と聞くと、娘はこちらを向いてきた。

サキ
ママ・・・
こっち側に寝てみて

娘に言われるまま、逆側に移り寝てみた。

サキ
背中をトントンして・・・
そうじゃないよ~

と言いながら、気づくと娘から寝息が聞こえてきた。

天井を見ながら、寝つきが悪い娘が心配になった。

『そっかぁ~』
こっち側とは、いつも旦那が寝ている方である。
そして、背中をトントンするのは、娘が小さい頃、旦那と娘で寝る前に良くやっていた遊び。以前旦那から聞いた事を思い出した。

単身赴任でパパ不在が、子どもに与える影響

頻繁に、帰省する旦那ではあるけど、やはり旦那不在の方が、圧倒的に多いのは当たり前。『我が家は川の字で寝てるんです!』と以前は言っていたものの、最近では、その言葉も、あまり出てこなくなった。
いつの間にか、旦那不在に、私は慣れていた。

スポンサーリンク

娘は、単身赴任1年が過ぎようとしたあたりから、寝れなくなったような気がする。夜中、起き上がり、何かに取り憑かれたかのように、必死に2つの布団をくっつける作業をしているのです。ちょっと不安にもなり、病院に連れて行くことも本気で考えた。

背中遊び

娘の不眠も、旦那が帰省していると、以前のように寝れるようなので、少し安心。
しかし、この前は、旦那がいても寝れないらしく、いつものように夜中、娘は起き上がった。
『どうした?寝れないの?』と旦那が聞いた。

娘は、何も言わず、うつ伏せになり「背中をトントンして~」とパパに頼んでいた。

旦那は2本の指で、娘の背中を歩いていた。そして不思議な歌を歌っていた。「山登り~、山登り~山山山山、山登り~」。
頭の、てっぺんまで行くと、『スキーだ~』と言っては滑り落ちてくる。それを何度も何度も繰り返していた。

まさに娘と旦那しか知らない、背中遊びである。くすぐったいのか、時々、笑いだす娘・・・そして、娘からは寝息が聞こえてきた。

しばらくすると旦那が話してきた。
『ほんと、申し訳ない』

予想外の言葉に、私は、張り詰めたものが、一気に解かれたような感覚を味わった。
さっき見ていた「背中遊び」、私も、今度やってあげよう・・・

単身赴任のご家庭の皆様・・・
お子様にストレスっぽい症状って、出てませんか?
色々と伺えれば幸いです。

*******************************
子育てパパの単身赴任
著者:単身赴任の妻
*******************************

【ママのブログ関連記事】


-ママのブログ
-,

Copyright© 子育てパパの単身赴任 , 2017 AllRights Reserved.