夫婦

いい夫婦の日(11月22日)に贈る、妻へのラブレター

更新日:


パートナーに感謝を伝える

先日、地域で開催している父親学級(川崎パパ塾)で「夫婦のパートナーシップ」という講座を主催しました。
パパ友でもある講師が、こんな事を言っていた。

【レポート】第1回:パパのための夫婦パートナーシップ講座

パートナーは、あたり前にいるもの、空気みたいなもの!という考えはやめましょう。そして、あたり前ですが、個性をもった個人であり、自分とは異なった人間であることを、受入れましょう。

ちなみに、来月の11月22日は、何の日かご存知ですか?『いい夫婦の日』です!身近で大切な人に感謝を伝えることは、最も忘れやすく難しいこと。 だからこそ、伝えるきっかけや確認し合える場が必要です
だから皆さんで、これから奥様へ感謝状を書いて、11月22日に渡しましょう~

そう言って、講座に参加したパパさん達に、便箋を配り、『妻への感謝状』と称したワークショップが始まった。

スポンサーリンク

妻への、ありがとう

〇〇さんへ
今、この手紙をパパ塾の講座で書いています・・・
なんと、11月22日は「いい夫婦の日」ということで、その日に渡す手紙です。

さっきは「人前で、妻を自慢する」というワークショップしました。
さすがに人前で妻を自慢するのは、照れましたね~

そこで何を話したと思いますか?
単純に・・・
自分みたいな人間と、結婚してくれた事に感謝し、そんな、あなたを自慢しました。

覚えてますか?結婚式の僕の挨拶・・・

『・・・今まで私は、自分が嫌いでした。なぜならブサイクだから・・・
今度、生まれてくる時は、キムタクのような美男子になりたいと思っていました。

しかし・・・
〇〇さんと出会えて、〇〇さんは、こんなブサイクな私を好きになってくれました。
私が女性だったら、私でも、私を絶対に選びませんよ!なのに、私と結婚もしてくれるなんて、今でも夢じゃないかと思ってしまいます。

だから・・・
今は、少しだけ、こう思えるようになりました。
「今度、生まれ変わっても、もう一度、自分でも良いと」
なぜなら、〇〇さんと,もう一度、出会えるような気がするので・・・』

時々、考えるのです。
もし、あなたが僕と結婚してくれなかったら?

今も、私は独身かもしれないし、家族を持てなかったのかもしれない。
全ての幸せが、あたり前に見えている自分。
でも、全ては、あなたが私と結婚してくれた事から、始まり、そして今があるのだと思います。

嬉しいこと、楽しいこと・・・
そして、辛いこと、悲しいこと・・・
全てが私の宝物

11月22日、いい夫婦の日の今日・・・
改めて贈りたい言葉
『結婚してくれて、本当に、ありがとう』

□□より

*******************************
子育てパパの単身赴任
著者:単身赴任の妻
*******************************

夫婦の関連記事】

 


-夫婦
-

Copyright© 子育てパパの単身赴任ブログ , 2018 AllRights Reserved.