ママのブログ

転勤で家族帯同ではなく単身赴任を選択した旦那の理由とは?

投稿日:


子育てパパの単身赴任ブログ運営者の市川です!

今回は妻に書いてもらいました。

「転勤辞令~単身赴任」までの出来事についての、妻側の気持ちです。

スポンサーリンク




転勤による選択「単身赴任?家族帯同?」

その日は、突然やってきました。

会社の昼休み、以前より気になっていた、少し遠目の洋食レストランまで足を延ばしていたと思います。

そして、ランチも終わり帰り道、食事中には、気づかなかったのか?

珍しく旦那からの不在着信が数件残っていたのです。

仕事中に、旦那から電話が鳴るのは初めてではなかった。

  • 娘の出産のため入院した病院に、私を気遣う電話
  • そして、会社で転勤の内示を受けた際も、いつも、電話をくれていた。

そして、再び電話が鳴った。

嫌な予感は当たってしまった。

『転勤の内示が出た・・・詳しくは家で話すね・・・』

旦那の動揺が手に取るほど伝わってきた。

スポンサーリンク




転勤を拒否できる制度で家族帯同を決めたはずが・・・

旦那は、娘の誕生を機に、少し性格が変わったと思います。

もちろん子煩悩なパパになるような予想はしていましたが、地域の方とも積極的に関わろうと、色々な活動を始め、会社以外の世界も広がって行くのを、妻として感じていました。

地域活動をする男性は、まだまだ珍しいのか、その姿は結構目立ち、時々メディアにも取り上げられていた。

私のママ友からも『〇〇パパ、色々と活動してるよね~、〇〇雑誌に特集されてたよ~、凄いよね~』と言われることも多くなり、妻としても嫌な気分ではなかったです。

そして娘が2歳の時、給料大幅カットを条件に、転勤を拒否できる会社の制度に、おもいきって登録しました。

そして、さらに旦那は地域との関わりを深めていきました。

しかし、娘が5歳の春、会社の体制も変わり、転勤拒否制度は、なんと廃止。

再度、転勤族としての家族(転勤におびえる家族)に戻ってしまったのです。

スポンサーリンク




単身赴任か?家族帯同か?悩む選択肢と、旦那の覚悟

会社から帰宅した旦那は、苦笑いはしているものの、頭の中が混乱している様子だったので、しばらく放置することにした。

夕飯の支度も整い、いつもと変わらぬ家族3人で、食事を囲んだ。

何も言わぬ旦那に耐え切れず、私から話題を振ってみたのです。

まあ~今度のアパートは、海のそばが良いな~。

確か小学校も、そばにあったし、田舎暮らしも、なんか楽しそうだよね~

私の言葉に驚いたのは、旦那ではなく、娘でした。

『え?なになに?引っ越すの?』

転勤の可能性があることは、以前から娘にも話していたため、娘は、すぐに状況を把握していた。

お友達も多く、ある意味、この地域に一番慣れ親しんでいるのは娘なのかもしれない。

娘は目をウルウルさせながら、『引っ越したくない!』と訴えながらも・・・

『パパとも離れたくない』と言って、黙り込んでしまった。

娘の姿に、少し私の目頭も緩んだが・・・ついに旦那が重い口を開いた。

『単身赴任にするよ!そして毎週帰ってくる!』

家族帯同を重んじていた旦那であったので、正直、意外な結論であった。

また旦那は少しだけ身体を壊していたので、そちらも心配になった。

『なんで?家族一緒でしょ?』と旦那に言ってはみたが、既に旦那の覚悟は固まっているようだった。

家族帯同から、単身赴任家族へ

一旦、転勤辞令が出てしまえば、ゆっくりと考えている暇などない。

それから20日後、私達3人家族は、2人家族になっていた。

 

でも、旦那は有言実行。

本当に毎週帰省してくる。

帰省費用、月5.2万円の出費になってはいたが、週に2日は、元の3人家族に戻る事ができた。

おかげで、私は会社を辞めることもなく、週5日、旦那はいないものの、ほとんど変わらない生活が始まっていました。

しかし、時々、娘が言うのです。

『なんか、パパがいないと、静かだね~』

旦那が残してくれた、この生活。

でも、このままじゃいけないと思う、今日この頃。

*******************************
子育てパパの単身赴任ブログ
著者:単身赴任の妻
*******************************

スポンサーリンク




最後に

いかがでしたか?

今回は妻のブログ「転勤で家族帯同ではなく単身赴任を選択した旦那の理由とは?」についてご紹介しました。

転勤の可能性のある方は、普段から「単身赴任か?家族帯同か?」ご家族と決めておいた方が良いですね。

なぜなら、転勤辞令が出たら、ドタバタで考えている場合ではありません。

私の場合は、交通費は高額になるものの、帰省できるギリギリの範囲だったのが、不幸中の幸いでした。

だから、単身赴任を選ぶことができたのかもしれません。

一方で、海外転勤など、毎週の帰省が困難な場合は、家族帯同を選んだと思うのですが・・・、

それよりも、この働き方(会社に権限があり過ぎ?)に疑問を抱く毎日です。

ぜひ、何かのご参考になれば幸いです。

こちらのワンオペ育児の記事もおすすめです。
>>単身赴任でワンオペ育児になって分かったこと。夫の家事への貢献度

関連記事(ママのブログ)

*******************************
子育てパパの単身赴任ブログ
著者:さきパパ(市川毅)
Facebook:https://www.facebook.com/tsuyoshi.ishikawa.100
*******************************








-ママのブログ
-,

Copyright© 子育てパパの単身赴任ブログ , 2018 AllRights Reserved.