体験談

単身赴任の体験談16:妄想デート

更新日:


休日のドライブ

エンジンをかけた。
ナビゲーションをセットすると、所要時間が表示された。片道1時間10分。

休日は決まって帰省する習慣が出来上がっていたものの、繁忙期は、週休1日になる。そうなると、さすがに帰省は難しい。
今週は、その週休1日の週にあたっていたので、帰省は諦め、いつもより、遅めの朝食をすませていた。

珍しく、朝から妻のメールが届いていた。
『今日、ちょっと気になる映画を見てきます!』

スポンサーリンク

どんな映画なのか、聞いてみると、確かに興味そそられる内容だった。さらに、最近は、妻からのお勧め映画は外れが無い!
気になり上演している映画館を調べると、赴任先の県では上演は1箇所だけであった。さらに、その映画館が遠い。

最初は諦めたが、他にすることもない。ちょっとドライブでもしようと、重い腰を持ち上げてみた。

20年前は頭の中にナビゲーション

単身赴任先で、車を購入したが、もっぱら片道10分の通勤と近くのスーパーへの買い物くらいの使用であった。
片道1時間10分とは、夏に家族が遊びに来た時以来の遠出である。

時は20年前、同じこの県で、妻との新婚生活を過ごしていた。
仕事も県内の営業で、10年間は、県内を走り回っていた。おかげで地元の方よりも、道には、詳しくなっていたと思う。

しかし、あれから20年、田舎とはいえ、大きく街は変わってしまい、当時の記憶はあてにならない。いや、記憶も薄れてしまい、ナビゲーション無しでは、皆目分からなくなってしまった。

スポンサーリンク

カフェで、ひと休憩

映画を見終わると、スターバックスで、ひと休憩。早速、妻に映画の感想を、メールをした。
『あの俳優〇〇さんの、あのシーン良かったよ~!ちょっと泣いたね~』

そして、今日の出来事としてSNSにもアップしてみた。

今日は妻と映画を見た。
ただ、お互いの映画館は300㎞離れていた。
映画の感想は、メールでやりとり中

珍しく、SNSにコメントが数件、付いていた。
同じ映画を違う映画館でなんか素敵
何だか素敵。遠距離恋愛みたい^^
・近くにあたりまえにいすぎて何もしない~ワタシたちです

何も予定のない休日に、妻の勧めで映画館に行っただけの出来事だったのだが・・・ちょっぴり感動的なエピソードとして、拡散していたのであった。

妻とのデート

でも・・・
そう言われると、映画を見ている時、なぜか隣に、妻が座っているような気分になっていた。そしてカフェでは向かいの席に、妻が座っていたような感覚があった。
1人なのに、1人ではない。なんとも不思議な感覚であったことに気が付いた。

まさに、SNSにコメントが付いたことで、新たな発見ができたのであった。

エンジンをかけた
あたり前だが、行きと同じ1時間10分が表示された。
ただ、行きと違うのは、なんとなく、隣の席に、妻の存在を感じた。

帰り道・・・、
ちょっぴり、妻とデート気分になったのは言うまでもない。

*******************************
子育てパパの単身赴任
著者:さきパパ(市川毅)
Facebook:https://www.facebook.com/tsuyoshi.ishikawa.100
*******************************

体験談の関連記事】


-体験談
-,

Copyright© 子育てパパの単身赴任 , 2017 AllRights Reserved.