体験談

妄想デートプランは映画鑑賞。単身赴任で300km離れた妻との過ごし方

投稿日:


子育てパパの単身赴任ブログ運営者の市川です!

あなたは妄想デートをしたことありますか?

学生時代、片思い異性に対し、1日デートを妄想してませんでしたか?

私の場合、妄想がエスカレートし、その気になる異性と結婚し、子供も授かったものです。^^;

今回は、単身赴任先で過ごす休日に、300km離れた妻と映画鑑賞をしたお話です。

スポンサーリンク




妄想デートプラン①:妻とのドライブ

エンジンをかけた。

ナビゲーションをセットすると、所要時間が表示された。片道1時間10分。

妄想デートの始まりだ。

休日は決まって帰省する習慣が出来上がっていたものの、会社の繁忙期は、週休1日になることも度々。

そうなると、さすがに帰省は難しい。

今週は、その週休1日の週にあたっていたので、帰省は諦め、いつもより、遅めの朝食をすませていた。

珍しく、朝から妻のメールが届いていた。

『今日、ちょっと気になる映画を見てきます!』

どんな映画なのか、聞いてみると、確かに興味そそられる内容であった。

さらに、最近は、妻からのお勧め映画は外れが無い!

気になり上演している映画館を調べると、赴任先の県では上演は1箇所だけであった。

さらに、その映画館は、少しだけ遠かったのです。

最初は諦めたが、他にすることもない。

ちょっとドライブでもしようと、重い腰を持ち上げてみた。

スポンサーリンク




20年前は頭の中にナビゲーション

単身赴任先で、車を購入したが、もっぱら片道10分の通勤と近くのスーパーへの買い物くらいの使用くらいでした。

映画館まで、片道1時間10分とは、夏に家族が遊びに来た時以来の遠出である。

 

時は20年前・・・、

同じこの県で、妻との新婚生活を過ごしていた。

仕事も県内の営業で、10年間は、県内を走り回っていた。

もちろん、妻とのドライブで色々な所もデートした。

おかげさまで地元の方よりも、道には、詳しくなっていたと思います。

しかし、あれから20年、田舎とはいえ、大きく街は変わってしまい、当時の記憶はあてにならなかった。

さらに、記憶も薄れてしまい、ナビゲーション無しでは、まったく分からなくなってしまっていた。

 

妄想デートプラン②:妻とのカフェタイム

映画を見終わると、カフェで、ひと休憩。

早速、妻に映画の感想を、メールしてみた。

あの俳優〇〇さんの、あのシーン良かったよ~!ちょっと泣いたね~』

そして、今日の出来事としてSNSにもアップしてみた。

【Facebookの内容】

今日は妻と映画を見た。

ただ、お互いの映画館は300㎞離れていた。

映画の感想は、メールでやりとり中

珍しく、SNSにコメントが数件、付いていた。

  • 同じ映画を違う映画館でなんか素敵
  • 何だか素敵。遠距離恋愛みたい^^
  • 近くにあたりまえにいすぎて何もしない~ワタシたちです

何も予定のない休日に、妻の勧めで映画館に行っただけの出来事だったのだが・・・

ちょっぴり感動的なエピソードとして、SNSの世界で拡散していたのであった。

 

妄想デートプラン③:妻との映画鑑賞

私は平日が休みなので、映画館も空いていた。

でも・・・、

確かに、そう言われると、映画を見ている時、なぜか隣に、妻が座っていたような気分になっていた。

映画館が暗かったのも、さらに妄想デートを膨らます要素になっていたと思います。

そしてカフェでは向かいの席に、妻が座っていたような感覚があった。

1人なのに、1人ではない。なんとも不思議な感覚、妄想デートをしていたことに気が付いた。

まさに、SNSにコメントが付いたことで、新たな発見ができたのでした。

スポンサーリンク




妄想デートプラン④:帰り道

帰り道・・・、

エンジンをかけた。

あたり前だが、ナビゲーションには、行きと同じ「1時間10分」と表示された。

ただ、妄想デートを意識したせいもあり、行きと違うのは、なんとなく、隣の席に、妻の存在を感じていたのです。

 

最後に

いかがでしたか?

今回は「妄想デートプランは映画鑑賞。単身赴任で300km離れた妻との過ごし方」についてご紹介しました。

平凡な単身赴任生活の休日に映画を見に行った。

ただ、それだけの出来事が、見方を変えると素敵な1日になります。

遠くで暮らす妻を、そばに感じるエピソード!

あなたの生活も、考え方を変えるだけで素敵な1日になるかも!

是非ご参考ください。

こちらの「単身赴任の二重生活トラップ」の記事もおすすめです。
>>単身赴任あるある体験談!混乱する記憶「豚肉を盗んだ犯人とは?」

関連記事(体験談)

*******************************
子育てパパの単身赴任ブログ
著者:さきパパ(市川毅)
Facebook:https://www.facebook.com/tsuyoshi.ishikawa.100
*******************************








-体験談
-

Copyright© 子育てパパの単身赴任ブログ , 2018 AllRights Reserved.