働き方

あなたの仕事の目標には、ビジョンはありますか?

投稿日:


仕事に「志し」がある人の、退き方

私が単身赴任になる前、営業時代の話です。
お客様で、月に1度開催される店長会議があった。その会議には本社からもスタッフがやってきており、今月のトータル実績などを報告する。いわゆる良く見かける店長会議でした。(私は業者として参加)

スポンサーリンク

あたり前だが、店長は個人事業主、本社からのスタッフはサラリーマンといった構図。そして、あたり前だが本社からのサラリーマンは定期的な人事異動があった。

その日も、人事異動に伴う挨拶が行われていた。
まず、新しく担当するスタッフが挨拶・・・、今までの経歴や、これからの意気込みを語っていた。いつも通りのシナリオである。

後半は、今まで担当していたスタッフからの挨拶が始まった。
そして、ここからも決まったシナリオである。

それは、今まで担当していた方の挨拶も終盤に差し掛かると、その担当者の目からは大粒の涙。おそらく、色々な店長達と様々なプロジェクトを乗り越えてきた想い出が、走馬灯のように思い浮かべているのであろう。
嗚咽も伴う涙で、途中挨拶が途切れることも度々。周りで聞いていた店長達からも、たまらず祝福の拍手が、沸き上がるのである。

スポンサーリンク

私は、まじめに誠実に、仕事をこなす

この光景を毎回、見ていると、決まって脳裏をよぎった。
果たして自分は、今の仕事を離れる時、大粒の涙がでるのであろうか?と・・・

この大泣きしたスタッフは、おそらく、このプロジェクトに対し、辛いことや楽しい事。そして色々な店長とのドラマがあったのだろう。

時として人は、頑張ったこと、思いが強かったことからの卒業は、涙が出てくるのだと思う。なので、涙とは、その人の頑張りを図る、バロメーターにもなる。

スポンサーリンク

現在、私は、与えられた仕事を真面目にこなしている。時々ミスもするが、ふざけているわけではない。誠実に仕事に取り組んでいます。

ただ・・・この仕事が一区切りするとき、私は涙が出ないと思う。頑張ってはきたが、涙は出ないと思う。
なぜなら、思いが強くない、もしくは、思いが無いのかもしれない。

つまり、最後に涙が出る働き方とは、その仕事に対し、どれだけ思いが強かったのか?で決まるような気がします

思いが強いとは?

「思い」とは、むしろ「志し(こころざし)」とした方が分かりやすいのかもしれません。どれだけの『志だったのか?』
目の前の仕事を、こなすことでは無い。与えられたから、やるのでは無い。
目の前の目標ではなく、その後ろにある、大きな目標(ビジョン)をもっていたのか?である。

あなたは・・・、
与えられた仕事を真面目にこなしているだけになっていませんか?
そこに、志し・ビジョンはありますか?

*******************************
子育てパパの単身赴任
著者:単身赴任の妻
*******************************


-働き方
-, ,

Copyright© 子育てパパの単身赴任 , 2017 AllRights Reserved.