パパカメラ

さりげない家族写真の撮り方。パパ友が専属プロカメラマになるとき

投稿日:


子育てパパの単身赴任ブログ運営者の市川です!

あなたは、家族全員が揃っている、さりげない写真を持っていますか?

写真館?それともセルフタイマーを使わないと、なかなか家族全員の写真は無いものですよね?

さらに、写真館もセルフタイマーも、かしこまってしまうものです。

今回は、あなたの家族全員の写真を、さりげなく撮ってくれる名カメラマンをご紹介いたします。

さて、誰だと思いますか?

その答えは・・・、パパ友なんです!

スポンサーリンク




さりげない家族写真に対する持論

他のパパよりも、家族写真を、たくさん撮影する私には、持論があります。

私は素人カメラマン?いやいや、“カメラマン”というのも、おこがましい。他のパパよりも少々、多めに撮影しているだけです。

ただし、自分の家族の、さりげない写真を撮影する事にかけては、世界中、どのプロカメラマンよりも上手に撮影できる自信があります。

この事は、全てのパパ(ママも含め)にも同様な事が言えると思うし、そう願っています。

つまり、家族の最高の、さりげない笑顔を引き出せるのは、パパ(ママも)であると信じています。

スポンサーリンク




家族全員の、さりげない写真を撮影する難しさ

しかし、家族全員の集合写真となると話が違います。

先日、1人で浜辺を散歩していた時なんですが、砂浜で遊ぶ家族を発見!あまりにも微笑ましい家族の光景であったため、なんとなくシャッターを押してしまいました。

そして、その家族の、さりげない姿が、とても素敵に撮れたので・・・、

その家族のもとへ行き「いま、写真撮ったら、とても、さりげない感じで、素敵に撮れて~できたら差し上げたいのですが~メールアドレス教えてもらえますか?」

・・・と言いたくなるほどの出来栄えでした。


※写真はイメージ

ちょっと待て!冷静に考えてみました!

そんな事をしたら、喜ばれるどころか?盗撮で訴えられないとも限らない

もったいないが、流行る気持ちを抑え、その、さりげない家族写真嗚を渡すのは諦めることにしました。

もちろん、カメラにはセルフタイマー機能もあるし、写真館に行けば撮影もしてくれます。

ただし、今回追求したい家族写真は、普段の“さりげない”家族全員の写真です。

スポンサーリンク




さりげない写真を撮れる新ビジネス

先日、テレビでも紹介していたのですが、カップルのデートに専属のカメラマンが1日付き添って撮影してくれるビジネスが登場したようです。

そして結構、人気もあるようなことを言っていました。

このサービスであれば、さりげない家族写真が撮れるかもしれないが~芸能人でもあるまいし、ちょっとハードルが高い!

まして、2人のデートの場合、カメラマンに付き添われて、デートそのものが楽しめるのだろうか?

周囲からも、「どこの芸能人だ?」と注目をあびているのを見たことがあります。

そして家族のお出かけに、見知らぬ専属カメラマンが付き添われても、落ち着かないものです。

スポンサーリンク




あなたの家族全員の、さりげない写真を撮影する名カメラマン

そこで、さりげない家族写真を撮る、お勧め撮影方法とは・・・

家族でのお出かけには、必ずお友達家族を誘ってみましょう!

冒頭でもお話しましたが、さりげない家族写真を1番うまく撮影できるのはパパ(ママも)!

そして2番目にうまく、さりげない家族写真を撮影できるのは、パパ友(ママ友も)!だからです。

我が家は、一人っ子のため、寂しくならないように、昔からお出かけは、お友達家族を誘い、一緒にお出かけをしていました。

そんなお出かけ中、友達家族のベストショット、それも、さりげない家族写真は何枚も撮影できるものです

そして見知らぬ家族なら言えなかった言葉・・・

「いま、写真撮ったら、とてもさりげない感じで素敵に撮れて~」

も、当たり前の話ですが気軽に言えます。

また、これも当たり前ですが、仲良しの家族同士、一緒に過ごして楽しいし、気を使うことも少ないです。

近所の散歩をはじめ、日帰り、泊まり等のお出かけは仲良しのお友達家族を、お誘いしよう

そして時々で良いので、無理のない範囲で、お互いの、さりげない家族写真を撮りあいましょう!

注意事項として、あくまでも撮影が目的ではなく、大切なのはその瞬間を楽しむ事を忘れない事。撮影が目的になると、少し冷めちゃいます。

また、「お互いに写真を撮りあおう!」なんて言葉はいりませんよ!

あなたが、相手の家族を撮ってあげれば、相手のパパ友も撮ってくれるものです。

さりげない写真のプライスレスなプレゼント

特に仲の良いお友達家族には、そのお友達の記念日などで、写真のプレゼントも喜ばれます。

是非お試しあれ!

こちらはキャンバスプリントというサービスを利用、 写真がまるで油絵のような質感に!かなりお勧め! お友達家族に喜ばれること間違い無し!(^^;

 

最後に

いかがでしたか?

今回は「さりげない家族写真の撮り方。パパ友が専属プロカメラマになるとき」についてご紹介しました。

是非ご参考くださいね。

こちらは「家族の中で、誰が写真を撮るのか?」の記事で、おすすめです。
>>家族写真は誰が撮ってる?「ママ」と答えたパパ!それで大丈夫?

関連記事(パパカメラ)

募集中!“パパの為の写真講座”、2018年6月27日に開催します。

本ブログでご紹介したパパカメラ内容を中心に、カメラ・写真の楽しさを始め、「家族の素敵」を伝えていく写真講座を定期的に開催しています。

家族写真を撮るのが、たまらなく楽しく講座です(^^;

次回は2018年6月27日(19:30~)

【募集6/27】初心者の写真講座「家族写真の撮り方&楽しみ方」

また過去の写真講座のレポートも紹介してりますので、ご参考くださいね

【レポート】初心者の写真講座。家族の撮り方と、子育ての楽しさが学べる!

出張登壇もいたしますので、パパカメラ講座ご希望の場合は、是非お知らせくださいね!

※講師料金はいただいておりません。^^;

*******************************
子育てパパの単身赴任ブログ
著者:さきパパ(市川毅)
Facebook:https://www.facebook.com/tsuyoshi.ishikawa.100
*******************************








-パパカメラ
-,

Copyright© 子育てパパの単身赴任ブログ , 2018 AllRights Reserved.