育児

パパの育児「生命の尊さ」の教え方

更新日:


ザリガニが教えてくれた、命と勇気

娘は小学4年生!まだまだ?ギリギリ?パパとは遊んでくれる年頃です。また娘のお友達も、気軽に私を遊びに誘ってくれます。

最近、子ども達が、はまっている遊びは、近くの小川でのザリガニ釣り。最初は割りばしに、サキイカを付けて、まさしくザリガニを釣っていましたが・・・

スポンサーリンク

しかし途中から、手掴みで、ザリガニを取るようになり、ひと夏で、すっかりワンパクに成長した子ども達でした。

ザリガニを殺しまわる少年達

そんなある日、いつものザリガニ釣りポイントに、見知らぬ少年達が遊びに来ていました。

「お!今日は!男の子チームと対決だ!」と娘達に気合を入れてみたのですが・・・遠目から見える、少年達の動きが、ザリガニ釣りとは違っていた。

大きめの石を持ち上げると、地面に叩きつけている。その際、かすかに『クシャ!』という鈍い音が聞こえる。そして少年達は何かを、ちぎり、小川に捨てている。

偵察に行っていた女の子が1人、戻ってきて、興奮しながら言った。
「あいつら、ザリガニを殺してる!ちぎって小川に捨ててる!」

え!一瞬、私は固まった。『クシャ!』と聞こえた音は、ザリガニが潰れる音だったのだ。しばらく頭の中が真っ白になってしまった。

ふと、我に返り、偵察に行ってきた女の子を見ると、悔しそうに、そして悲しそうな顔をしていた。そんな顔を見ていたら、心の底から、妙な正義感が沸き上がってきたのです。

「ダメだろう!なんでザリガニを殺した?!」
気付くと、少年達のそばに立っていた。注意というよりも、殺した訳を聞いてみた。

少年達は無表情でこう言った。
「わかんない」
そう言うと、そのまま逃げていった。
周囲には、バラバラにされたザリガニの死体が無数に散乱していました。

周りの大人の反響

その日は、ちょっと、あと味悪く、心境をSNSに書いてみた。
いくつかコメントが届いていた。
①ザリガニをエサにしようとしていたのかな~?
②昔、ぼくらも色々やったよ~

確かに、ザリガニは可哀想と思う私も、「生き物を殺す」という面から考えれば、ゴキブリは、新聞紙を丸めて叩いて殺すし、蚊も殺す。娘も小さい頃、アリを踏みつけて大量殺人ならぬ大量殺🐜していた。

ザリガニを殺すのが、悪いというのは、たぶん私の価値観が影響しているのかもしれません。

【私の価値観】
猫を殺せば、警察に捕まります。ゴキブリは殺しても、警察には捕まりません。たぶんこれも、法律を作った人の価値観かもしれません。

ゴキブリよりも、猫を殺す心理の方が、その後の犯罪や、いじめ行動に結びつく可能性が高いのかもしれません。(私の感想ですが・・・)

果たして・・・
ザリガニを殺す心理は、猫寄りなのか?ゴキブリ寄りなのか?

正しい、大人の対応とは?

ザリガニを殺すことが、どうなのか?人それぞれ、価値感も異なる為、ココは一旦保留するとして・・・

あの時、偵察に行ってきた女の子の悲しそうな顔・・・
自分では少年達が怖く、何も言えなかった女の子の代わりに、立ち向かっていく私の姿を、少しでもヒーローに見えていたらいいな~と自己評価中。

そして、その勇気を、その女の子に教える事ができていたら、いいんだけどな~と勝手に思う今日この頃です(^^;。

*******************************
子育てパパの単身赴任
著者:さきパパ(市川毅)
Facebook:https://www.facebook.com/tsuyoshi.ishikawa.100
*******************************

子育ての関連事項】


-育児
-

Copyright© 子育てパパの単身赴任 , 2017 AllRights Reserved.