体験談

妄想シングルパパの生活。単身赴任できるのも夫婦の多様性のおかげ!

投稿日:


子育てパパの単身赴任ブログ運営者の市川です!

もしものお話で、あなたは「パートナー(奥様)が今の生活から、いなくなってしまったら?」って考えたことありますか?

もしかすると、パートナーの事を、「空気みたいな存在」なんて言ってないですよね?

今回は、私の妻が、一瞬消えてしまう珍事で、色々と妄想してしまった生活「妄想シングルパパの生活」をご紹介いたします。

スポンサーリンク




妻の家出、そして私はシングルパパの生活

まだ、辺りが薄暗い朝、時刻は午前4時30分、電話が鳴った。

ちょうど1年前、父が亡くなった時も、こんな早朝の時間に電話が鳴ったのを思い出した。

そして、不吉な気持ちを抑えながらスマホを握った。

娘からであった。

テレビ電話に出ると、目を真っ赤にしながら、ワンワンと泣く娘の顔が画面いっぱいに広がった。

サキ
いま起きたら、ママがいないの!

嗚咽が止まらぬまま、興奮して喋り続ける娘。

さきパパ
え?トイレなんじゃないの?

パパに電話するまでに、トイレを含め、色々と探したことを説明する娘。

そして、最悪なケースを想定し、ベランダの下を見るように言おうとしましたが、第一発見者が娘にはしたくないと、瞬間的に思い、他の部屋を再度、探させた。

まさに、早朝に起きた、“妻の蒸発事件”です。

泣きじゃくる娘をなだめ、ひとまずテレビ電話を繋げたままにしました。

こういう時、直線距離300km離れて暮らす単身赴任生活のパパは、駆けつけることすら出来ない。

もしや?シングルパパの始まりなのか?どこかで考え始めていたのです。

妄想シングルパパ生活を本気で考える

■30分経過

ママが、どこに行く可能性があるのか?

娘が思いつく限りを話していたが、30分もすると、ネタが切れ、静まり返る。

■60分経過

少しづつ、最悪な事態を考えだした。

つまり、妻はこのまま蒸発し、現れない事を想定した話に切り替わっていた。

まさに、妄想ですが、シングルパパを仮定として考えられる具体的な生活です。

まず、娘に、パパの単身赴任先に来れるのか?娘に聞いていた・・・

いや、一旦おばあちゃんの家で預かってもらった方が良いのか・・・

どちらにせよ、今の学校は転校になる確率が高いよ・・・

それとも、いい機会なので、パパが会社を辞めて帰ろうか・・・

■90分経過

電話の向こうで、「ピンポーン!」と玄関のチャイムが鳴った!

「ママかも!」と言って電話を放り投げ、娘は玄関に走っていった。

妻の家出の真相

電話の向こうでは、娘の鳴き声と、ママが誤っている声が聞こえてきた。

後で妻に理由を聞くと、あまりにも清々しい朝だったので、単純に散歩をしたくなっただけとのこと・・・

パパからの厳重注意で、超長電話が終了しました。

スポンサーリンク




シングルパパの生活を妄想すると、妻に感謝する

早朝ということもあり、多少寝ぼけてはいたものの・・・、

結果論ではありますが、現状から、本当に妻がいなくなったら?シングルパパになったら?ということを、本気で考える良い機会となりました。

そして、妻の存在の大きさを、改めて噛みしめる経験となったのは言うまでもありません。

パパ達に妄想して欲しいシングルパパ生活

「明日、あなたの奥様が、突然いなくなったら?」

一度真剣に考えてみてはいかがでしょうか?

奥様がいることで、今の生活が送れていることに、改めて気が付くと思います。

パートナーは空気みたいな存在では無いことを、改めて気づいて欲しいです。

スポンサーリンク




妄想シングルパパ体験談の後日談

パパからの厳重注意もあり、妻も、事の重大さに気づいたようで、深く深く反省していました。

そして、二度と黙って外出しないことを条件に、この件は、夫婦だけの秘密にしよう!と決めたのですが・・・

後日、娘が「ママが、いなくなった!」という作文で、特別賞を貰って、ご満悦で帰ってきました。

妻も、これには参ったと!降参していました。

あ!私も、このブログにも書いてしまった!(^^;

最後に

いかがでしたか?

今回は「妄想シングルパパの生活。単身赴任できるのも夫婦の多様性のおかげ!」についてご紹介しました。

現在の生活は、良くも悪くも、夫婦の多様性のおかげです。

改めて、シングルパパ、シングルママの大変さと、選択肢の少なさを考えてしまうばかりです。

現在の生活が、継続できるのも、奥様がいて始めて成り立つものばかりです。

シングルパパの生活を、妄想してみてくださいね!

こちらの「妄想デート」の記事もおすすめです。
>>妄想デートプランは映画鑑賞。単身赴任で300km離れた妻との過ごし方

関連記事(体験談)

一人暮らしの怖い体験談。単身赴任パパは真夜中が怖く感じる理由とは

子育てパパの単身赴任ブログ運営者の市川です! あなたは、1人でホテルに泊まる時、明かりを消して寝れますか? 明かりを消す、消さないは、もちろん人の好みにもよりますが、室内の明かりは消した方が、良く眠れると思います。 しかし、慣れないホテルや ...

続きを見る

無言のコミュニケーション。妻と生活音で会話する単身赴任のテレビ電話

子育てパパの単身赴任ブログ運営者の市川です! 話題が無くなり、会話が途切れると、少し気まずくなりますよね? 付き合いだしたカップルでは、話題も途切れることは無いと思いいますが、やはり時間の経過と共に話題も無くなるのもです。 しかし、その無言 ...

続きを見る

単身赴任あるある体験談!混乱する記憶「豚肉を盗んだ犯人とは?」

子育てパパの単身赴任ブログ運営者の市川です! テレポーテーションって聞いた事ありますよね? 日本語に翻訳すれば「瞬間移動」です。 帰省を繰り返す単身赴任者にとっては、喉から手が出る程のアイテムですよね? でも、あたり前ですが、実際は存在しな ...

続きを見る

*******************************
子育てパパの単身赴任ブログ
著者:さきパパ(市川毅)
Facebook:https://www.facebook.com/tsuyoshi.ishikawa.100
*******************************








-体験談
-,

Copyright© 子育てパパの単身赴任ブログ , 2018 AllRights Reserved.