体験談

単身赴任の体験談13:北朝鮮ミサイルの標的と単身赴任者の悩み

更新日:


大規模災害(有事)は、単身赴任者の家族運命を分断する

近年、北朝鮮の核・ミサイル問題や、東海沖地震・南海トラフ地震を始めとする大規模な自然災害など、いつ大きな災害に巻き込まれても、おかしくない状況です。

スポンサーリンク

そんな時、単身赴任者として、考えてしまう事が、1つあります。
もし、このような有事が起きた場合、直線距離300キロ離れて暮らす、単身赴任者の家族は、運命が分かれる確立も高くなります。ズバリ!死に別れの確立も高いんだな~と最悪な事態も想像してしまいます。

北朝鮮のミサイルの標的

先日、職場の人達の間で、こんな会話をしているのが飛び込んできました・・・
「ここは田舎だし、ミサイルは飛んで来ないよな~。東京に住んで無くて良かった~。あとは、ミサイルの精度が悪くて、こっちに来ないことを祈るだけだよ・・・」

そのそばで、私は心の中で願った
『もし・・・ミサイルの着弾場所が、妻と娘が住む地域と、この単身赴任先の2箇所のどちらか?ならば、間違いなく、こっちに飛んで来い!もしくは帰省している時に飛んで来い!』

願うのは、家族と運命を共にしたい!
家族帯同でない現在、数々の大規模災害の確立を横目に、考え込んでしまう今日この頃です。

豆知識

有事とは
有事(ゆうじ)とは、戦争や事変、武力衝突、大規模な自然災害などの国家にとって非常事態が起こることであり、軍事的危機だけでなく、経済危機、人為的大事故、自然災害、社会的大事件などの総合的な言い方であり、その中でも主に犠牲者数百人以上の大惨事を伴う事件事故やNBC兵器等によって数十人以上死亡するような緊急の事態を総じて「有事」と呼ぶ。
引用元:ウィキペディア(有事)

*******************************
子育てパパの単身赴任
著者:さきパパ(市川毅)
Facebook:https://www.facebook.com/tsuyoshi.ishikawa.100
*******************************


-体験談
-

Copyright© 子育てパパの単身赴任 , 2017 AllRights Reserved.